Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

昨日閉幕した世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH19』。開幕直前、『Nutube』を搭載した「volca nubass」を発表して話題をさらったコルグですが、ブースにはひっそりと未発表の製品が展示してありました。

KORG - Nu:Tekt NTS-1 Digital Kit

DIYキット専門ブランド『Nu:Tekt』の新製品として開発されている「NTS-1 Digital Kit」は、手のひらサイズのDSPシンセサイザー。内部構成は、4種類の波形を切り替えられるオシレーター、ポール数を選択できるマルチモード・フィルター、ADSR/AR/ループなどを選択できるエンベロープ・ジェネレーター、3種類のデジタル・エフェクトとシンプルですが、セクションごとに最大5種類のパラメーターをエディットすることができます。1オクターブ半のタッチ式キーボードに加えて、スケールを設定できる高機能なアルペジエーターも搭載。外部入力も備え、デジタル・エフェクターとしても使用できる設計になっています。

KORG - Nu:Tekt NTS-1 Digital Kit

そしてこの「NTS-1 Digital Kit」の最大のフィーチャーと言えるのが、prologueminilogue xd用の開発環境である『logue-sdk』に対応している点。prologue/minilogue xdは、ユーザーが開発したオリジナルのオシレーターやエフェクトを利用できるのが大きな特徴になっていますが(詳しくは、prologueの開発インタビュー記事をご覧ください)、「NTS-1 Digital Kit」はそのプログラムと互換性があるのです。つまり、prologue/minilogue xd用に開発されたオシレーター/エフェクトを、そのまま利用できるということで、これはかなり魅力的な仕様と言っていいでしょう。オリジナル・オシレーター/エフェクトの数は徐々に増えており、中にはMutable Instruments Plaitsのアルゴリズムを移植したものもあります。それをロードすれば、「NTS-1 Digital Kit」は手のひらサイズ/スタンドアローンのPlaitsとして機能するわけで、かなり夢のある製品と言えるのではないでしょうか。prologueやmonologue xdを手に入れなくてもオリジナル・オシレーター/エフェクトの開発が行えるという点で、プログラマーにとっても魅力的な製品と言えそうです。

ハンダ付け無しで簡単に組み立てることができる、手のひらサイズのDSPシンセサイザー「NTS-1 Digital Kit」。価格や発売時期は未定とのことですが、展示されていたプロト・タイプの完成度の高さから、そう遠くないうちに発売されるのではという印象を受けました。

KORG - Nu:Tekt NTS-1 Digital Kit

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON