Feature Image

NEWS

SSL、DAWスタジオに最適な小型ミキサー「SiX」を発表…… 20万円を切る価格で手に入る、正真正銘の“SSLコンソール”

英国の名門 Solid State Logicは昨日、新製品「SiX(シックス)」を発表しました。「SiX」は、業務用コンソール・メーカーの製品とは思えない低価格(日本での販売価格は、198,720円/税込)で発売される、小型のアナログ・ミキサーです。

Solid State Logic - SiX

“究極のデスクトップ・ミキサー”を謳う「SiX」は、音楽制作、ポストプロダクション、ライブ、さらにはポッドキャストに至るまで、幅広い用途に対応するコンパクト・ミキサー。Solid State Logicによれば、小型ながら伝統的なSSLコンソールのデザインが踏襲されているとのことで、“40年に及ぶ創造的なワークフローの知見、DNAが詰まった製品”に仕上がっているとのことです。

入力は、“SuperAnalogue”マイク・プリアンプと2バンドEQ/ダイナミクスを備えた2chのモノ・チャンネルと、トリム/バランス調整に対応した2系統のステレオ入力に加え、2系統の外部ステレオ入力と1系統のオルタネート・ステレオ入力を装備。これらをフルに使用すれば、最大12ch入力のサミング・ミキサーとして機能するようになっています。2chのモノ・チャンネルは、XLR端子とライン入力に対応したTRSフォーン端子を併装し、背面にはインサーション端子(D-Sub)も搭載。フェーダーは、100mm長のプロ品質のものが採用され、内部回路はヘッドフォン出力を除き、完全バランス仕様の“SuperAnalogue”回路となっているとのことです。

注目なのが、マスター・バスにSSLサウンドの肝と言えるG-Seriesバス・コンプレッサーが備わっている点。コントロールはスレッショルドとメイクアップのみとシンプルですが、アタック/リリース・タイムはさまざなミックスに対応できる設定になっているとのことで、レシオは1:4に固定されているとのことです。

出力は、XLR端子のメイン出力のほか、TRSフォーン端子のモニター出力、オルタネート・モニター出力、DAWへの送りとして使用できるBus B出力を装備。モニター機能も充実しており、2系統のキュー/ステレオ・フォールドバック出力やトークバック入力などを備えています。

Solid State Logic - SiX

SiX」の主な特徴は、以下のとおりです。

日本国内では、4月上旬に販売が開始される「SiX」。価格は198,720円(税込)で、SSL謹製のマイク・プリアンプ/チャンネル・ストリップ、G-Seriesのバス・コンプレッサー、12ch入力のサミング・ミキサー、高機能なモニター・コントローラーが備わっていることを考えると、かなりコスト・パフォーマンスに優れていると言っていいでしょう。詳しくは、Solid State LogicのWebサイトをご覧ください。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON