Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #44:Make Noise、世界初の“3Dカルテシアン・シーケンサー”、第二世代「René」を発表

Make Noiseが、カルテシアン・シーケンサー「René」をアップデート。大きな話題になっています。

Make Noise - René

発表された第二世代「René」

2010年10月に発売された「René」は、Eurorackを代表するシーケンサー・モジュール。CVエンコーダーを4×4グリッドで16基装備し、ステップの進行パターンやスピードを外部から自在にモジュレーションできるため、1種類のパターンから無限のバリエーションを生み出すことができるのが大きな特徴です。Make Noiseは、音楽制作用としては世界初で唯一の“デカルト・シーケンサー”と謳っており、その名前はフランスの哲学者/数学者であるルネ・デカルト(René Descartes)に由来しています。

Make Noise - René

初代「René」

今回発表された第二世代「René」は、オリジナル「René」のX軸(グリッドの横軸)とY軸(グリッドの縦軸)に、『Z軸』を加えた“3Dカルテシアン・シーケンサー”として進化しました。Z軸では、ユーザーが保存したステート(プリセット)間を行き来することができ、これにより複数のパターンを組み合わせたバリエーション生成を実現しています。第二世代「René」では、最大64種類のステートを保存することができるので、4×4のグリッドが64個積み重なっているのをイメージすれば分かりやすいかもしれません。

また、オリジナル「René」の出力はCV/Gateがそれぞれ2系統でしたが、第二世代「René」ではCV/Gate出力がそれぞれ3系統に拡張。CV出力はすべてクォンタイズ対応になり、それぞれ別のスケールを設定することもできるもよう。さらにはTempiとバス接続することで、Select、Store、Revert、Multi-Paste、MESH STATEといった操作を共有することも可能に。モジュール・サイズは変わらず34HPで、基本的にはオリジナルのフォーム・ファクター/コンセプトはそのままに、機能を拡張したバージョンと言っていいでしょう。

価格はオリジナルよりも少し高くなって、525ドル。発売日は発表になっていませんが、欧米のショップでは予約受付が始まっているので、間もなく出荷が始まるのかもしれません。

Togu Audio Line、定番リバーブ・プラグイン「TAL-Reverb-4」をアップデート…… 新バージョンの無償配布を開始

Propellerhead、Reason 10を新規購入したユーザーに、計350ドル相当のプラグインを無償提供するプロモを開始

エムアイセブン、PreSonusやRME、Genelecなどの対象製品を大幅割引価格で販売する、創立15周年記念セールを開始

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

IK Multimedia、マスタリング・リミッター「Stealth Limiter」を約60%OFFの5,931円で販売するプロモを開始

Avid、無償版Pro Toolsの最新版、「Pro Tools | First 2019」を発表…… 遂にプロジェクトのローカル保存に対応

XLN Audio、新感覚ビート・メイキング・ツール「XO」を発表…… 膨大なサンプルを直感的にブラウズできる画期的なUIを搭載

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

DSPシンセサイザーを自作できるDIYキット、MakeProAudio「Dino Park」が登場…… 音源ボードはCreamware互換

iZotope、リバーブ・プラグインで有名なExponential Audioを買収…… マイケル・カーンズ氏もiZotope開発陣の一員に

ハリウッドの売れっ子ミキサー、ウィル・ファイルズ氏が語る、大ヒット映画『ヴェノム』の実験的なサウンド・デザイン

Native InstrumentsとNikeがコラボレート、特別仕様のMASCHINEとAir Maxをセットでプレゼントするプロモを実施中

SSL、DAWスタジオに最適な小型ミキサー「SiX」を発表…… 20万円を切る価格で手に入る、正真正銘の“SSLコンソール”

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

ICON