Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #42:Din Sync、開発中の「RE-808」の回路をオープン・ソースで公開すると発表

Din Syncが、開発中の「RE-808」の回路をオープン・ソースで公開すると発表しました。

Din Sync - RE-808

TB-303レプリカのRE-303や、Eurorackモジュール SARA VCFなどで知られるガレージ・メーカー、Din Sync。5月の『SUPERBOOTH 2018』では、久々の新製品 GILBERTを発表して注目を集めました。

Din Sync - RE-808

Dyn Sync RE-303(5月の『SUPERBOOTH 2018』にて)

Din Syncは以前から、TR-808レプリカの「RE-808」の開発を進めていることをアナウンスしていましたが、同社を主宰するポール・バーカー(Paul Barker)氏はFacebookとInstagramで、「RE-808」の回路をオープン・ソースで公開すると発表。具体的には、完成した回路をガーバー・フォーマット(プリント基板の標準的なファイル・フォーマット)で公開するとのことで、これによりDin Syncからキットを入手しなくても「RE-808」を製作することが可能になります。バーカー氏はこの投稿に、“#authentic808forall(本物の808をすべての人に)”というハッシュ・タグを付け、「808は、21世紀の遺産になるだけの価値があります」とコメント。回路の公開時期については触れられていませんが、気になる方はDin SyncのInstagramをフォローするといいかもしれません。

Din Sync - RE-808

ポール・バーカー(Paul Barker)氏(5月の『SUPERBOOTH 2018』にて)

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

3月8日、Pro Tools | MTRX、Dante、イマーシブ・オーディオをフィーチャーした特別セミナーが開催 〜 入場無料(先着50名)

コルグ、「KORG Gadget 2」を販売開始 〜 ガジェット・プラグインがWindowsにも対応、最大50%OFFセールも

Teenage Engineering、OP-ZとMIDI機器/モジュラー・シンセの接続を実現する拡張ユニット、「oplab module」を発表

Red Moduleが制作、ローランド TR-606をアナログMTRで収録したサンプルパックが無償配布開始

Mellotron風のローファイなストリングス/フルート音源、Flintpope 「TAPESTRINGFLUTE」の無償配布が開始

Multiton Bits、新作サンプルパック、「Welcome Pack 2019」の無償配布を開始 〜 ヤマハ RY30やカワイ R-50eのサンプルも収録

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、ディープな“DSPリズム・マシン”、「volca drum」のすべて

Native Instruments、15種類のソフト音源/プラグインや、2,000種類以上のサウンドが含まれるバンドル、「KOMPLETE START」の無償配布を開始

Memorymoogを再現したIK Multimediaのソフト音源、「Memory-V」(49.99ユーロ相当)が期間限定で無償配布中

IK Multimedia、新世代マルチ音源「SampleTank 4」の販売を開始…… 新開発のエンジンを搭載、UIはリサイズ対応に

IK Multimedia、人気のSyntronikを約75%OFFの8,310円で販売するプロモを開始…… 3月4日まで

『The NAMM Show』で注目を集めた、MOTU DP10(アップグレード/ダウンロード版)の国内販売が開始

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

ICON