Feature Image

NEWS

今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音において、新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント『SOURCE CORD』が開催!

今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音において、気鋭の4人のアーティストが出演する新しいタイプのライブ・イベント、『SOURCE CORD』が開催。出演アーティストは全員Eurorackを使用するようですが、Cycling ’74 Maxと連携させて演奏する人もいれば、自らの歌声をモジュラーで処理しながらプレイする人もいるなど、Eurorackの新しい可能性を見せてくれるイベントになりそうです。

SOURCE CORD

出演アーティストは、machìnaAkihiko Matsumoto、Taro Aiko(ENDON / M.A.S.F.)、Shintaro Kamijyo a.k.a syntaxの4人。

新作『REBOOT』をリリースしたばかりのmachìnaは、韓国出身/東京在住の女性アーティストで、『SXSW』や『SUPERBOOTH』でのライブも大きな話題となりました。

SOURCE CORD

machìna

Akihiko Matsumotoは、様々なアーティストの作品にプログラマーとして参加し、大手企業や研究機関の仕事も数多く請け負っている気鋭のアーティスト。2016年にはファースト・アルバム『Preludes for Piano Book I』を発表し、最近ではクリエイティブ・ワークショップ『RESONANCE』の主宰者としても知られています。

SOURCE CORD

Akihiko Matsumoto

エクストリーム・ノイズ・バンド ENDONのメンバーであるTaro Aikoは、世界的に高く評価されているガレージ・エレクトロニクス・メーカー M.A.S.F.の開発者。M.A.S.F.のEurorackモジュール OSC03は、Aphex Twinが愛用していることでも大きな注目を集めました

SOURCE CORD

Taro Aiko

そしてShintaro Kamijyoは、syntax名義でDJとして活動する傍ら、Tokyo Max Users Group+MUSを主宰する日本のMaxコミュニティーでは知らない人はいない存在。現在は株式会社ライゾマティクスに所属し、大物アーティストのライブや大規模イベントのテクニカルを数多く手がけています。

SOURCE CORD

Shintaro Kamijyo

このように、超が付くくらい個性的なアーティストが出演するライブ・イベント『SOURCE CORD』。VJも、Atsushi TadokorohexlerScott Allenの3人が担当するなどかなり豪華で、これまでに無かったタイプのモジュラー・イベントと言えるでしょう。刺激的な音楽を求めている人、新しいモジュラー・プレイを堪能したい人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音で19時から。イベントについて詳しくは、神楽音のWebサイトもしくはFacebookイベントをご覧ください。

NAMM 2019: Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

NAMM 2019: Teenage Engineering、低価格/組み立て式のモジュラー・シンセ、「Pocket Operator Modular」を発表

コルグ、MIDIコン/シンセの購入者に、iZotope Ozone Elementsを無償進呈 〜 volca modularやminilogue xdも対象

NAMM 2019: Dubreq、完全なアナログ・シンセとして進化を遂げた“究極のStylophone”、「Stylophone Gen R-8」を発表

NAMM 2019: コルグ、Gadget PluginsがWindowsにも対応、さらに進化を遂げた「KORG Gadget 2」を発表

NAMM 2019: Akai Pro、PC無しで制作/ライブが行える、“スタンドアローンAbleton”的マシン「Force」を発表

NAMM 2019: コルグ、鮮やかなネオン・カラーの特別版KROSS、「KROSS Special Edition」を発表

NAMM 2019: IK Multimedia、ギター・レコーディングに最適化された革新的なオーディオIF、「AXE I/O」を発表

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、モジュラーの魅力が凝縮された新型volca、「volca modular」のすべて

NAMM 2019: コルグ、2種類の新型volca、「volca modular」と「volca drum」を発表

NAMM 2019: コルグ、アナログ音源にデジタル音源を融合した新世代ハイブリッド・シンセ、「minilogue xd」を発表

IK Multimedia、タブレットをマイク・スタンドや三脚にマウントするためのホルダーの最新モデル、「iKlip 3」を発表

ローランド、Amazon Alexaに対応した“声で操作できる”電子キーボード、「GO:PIANO with Alexa Built-in」を発表

ICON