Feature Image

NEWS

TC Electronic、弦楽器用のまったく新しいエレクトリック・サスティナー、「AEON」を発表! モダンなデザインの“現代版EBow”が登場

先日、デジタル・ディレイの名機 TC2290を、プラグイン+コントローラーという形態で復活させたTC Electronic。それからわずか2日後、今度は弦楽器用の新しいガジェットを発表しました。

TC Electronic - AEON

AEON(イーオン)」と名付けられたこの製品は、ギターやベースをはじめとする弦楽器用のエレクトリック・サスティナー。弦に近づけて強制的に振動させるEBowのような製品です。コンパクトな筐体には、カスタムメイドの強力なトランスデューサーが搭載され、わずかな電力で素早く弦を振動させることが可能。ロング・サスティンだけでなく、ドローンやフェード・イン、ボーイングなど様々な奏法に対応するとのことです。「AEON」は9V乾電池で動作し、8分間使用しない場合は自動的に電源が切れる仕様になっているとのこと。筐体はアルミニウム製で、かなり個性的なデザインになっています。

発表と同時にプロモーション・ビデオが公開されるなど、かなり気合いが入った製品という印象の「AEON」。2018年第二四半期発売予定とのことで、価格は69.95ドルとなっています。詳しくは、TC ElectronicのWebサイトをご覧ください。

NAMM 2019: Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

NAMM 2019: Teenage Engineering、低価格/組み立て式のモジュラー・シンセ、「Pocket Operator Modular」を発表

コルグ、MIDIコン/シンセの購入者に、iZotope Ozone Elementsを無償進呈 〜 volca modularやminilogue xdも対象

NAMM 2019: Dubreq、完全なアナログ・シンセとして進化を遂げた“究極のStylophone”、「Stylophone Gen R-8」を発表

NAMM 2019: コルグ、Gadget PluginsがWindowsにも対応、さらに進化を遂げた「KORG Gadget 2」を発表

NAMM 2019: Akai Pro、PC無しで制作/ライブが行える、“スタンドアローンAbleton”的マシン「Force」を発表

NAMM 2019: コルグ、鮮やかなネオン・カラーの特別版KROSS、「KROSS Special Edition」を発表

NAMM 2019: IK Multimedia、ギター・レコーディングに最適化された革新的なオーディオIF、「AXE I/O」を発表

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、モジュラーの魅力が凝縮された新型volca、「volca modular」のすべて

NAMM 2019: コルグ、2種類の新型volca、「volca modular」と「volca drum」を発表

NAMM 2019: コルグ、アナログ音源にデジタル音源を融合した新世代ハイブリッド・シンセ、「minilogue xd」を発表

IK Multimedia、タブレットをマイク・スタンドや三脚にマウントするためのホルダーの最新モデル、「iKlip 3」を発表

ローランド、Amazon Alexaに対応した“声で操作できる”電子キーボード、「GO:PIANO with Alexa Built-in」を発表

ICON