Feature Image

NEWS

TC Electronic、超低価格のマルチ・エフェクター「M100」の販売を開始! プロ品質のエフェクトが約1万円で

先日発表され、欧米で話題になっているTC Electronicの新製品、「M100」の国内販売が本日(2017年10月6日)から始まりました。

TC Electronic - M100

M100」は、プリセット・スタイルのマルチ・エフェクター。リバーブやディレイ、コーラスといった空間系エフェクトが16種類プリセットされており、『ディレイ+リバーブ』や『コーラス+リバーブ』といった複合エフェクトも搭載されています。最大の特徴は何と言ってもその価格で、サウンドハウスでの販売価格は10,800円(税別)。プロも愛用するTC Electronicの高品位なマルチ・エフェクターが約1万円で手に入るというのは、なかなかインパクトがあるのではないでしょうか。同時に使用できるプリセットは1種類ですが、この価格だったら複数台入手して使い分けるというのもアリかもしれません。

TC Electronic - M100

TC Electronic M100のフロント・パネル

TC Electronic - M100

TC Electronic M100のリア・パネル

パラメーターを操作できるノブは1種類ですが、右上の“TAP/SELECT”スイッチをオンにすることにより、リバーブなどのエフェクトは第2パラメーターを操作することも可能。またディレイなどのエフェクトでは、この“TAP/SELECT”スイッチは、ディレイ・タイムを設定するためのタップ・スイッチとして機能します。インプット/アウトプット/ミックスの各レベルは独立設定可能で、バイパス・スイッチも装備。背面には、入力/出力端子がステレオで備わっており(出力はTRSフォーンのバランス仕様)、足下でエフェクトのオン/オフを切り替えることができるバイパス・スイッチも装備しています。詳しくは、サウンドハウスのWebサイトをご覧ください。

34名のボカロP/DTMerがお気に入りのプラグインを紹介した一冊、『VST Lovers ~このVST(i)プラグインが熱い!~』が好評頒布中!

Air Music Technologyの定番マルチ音源「Xpand!2」が無償配布中!

Sonarworks、音響補正ツール「Reference」をv4にアップデート! 30種類以上のヘッドフォン・プロファイルが追加、ゼロ・レーテンシー処理を実現

BlueのキュートなUSBマイク「Raspberry」が販売開始! Studio OneとOzoneが付属して約2万6千円

Image-Line、FL Studioを12.5.1にアップデート、待望のMac版パブリック・ベータを公開!

Avid、月額600円で75種類以上/総額60万円以上のプラグインを利用できる「Avidコンプリート・プラグインバンドル」の提供を開始!

PCを2台接続して、自動/手動で切り替えられる“ライブ専用”オーディオIF、iConnectivity「PlayAUDIO12」が販売開始!

IK Multimedia、AmpliTube誕生15周年記念プロモを開催! 全員にJam Points/Gear Pointsを進呈、関連製品は最大50%OFF

TC Electronic、超低価格のマルチ・エフェクター「M100」の販売を開始! プロ品質のエフェクトが約1万円で

ゲームボーイ、ファミコン、C64、セガ・マスターシステムのサウンドを再現したソフト音源「SOCALABS 8-BIT TREAT」が無償配布開始!

MOTU、伝統の“828”を冠した新型オーディオIF「828es」を発表! Thunderbolt/USB/AVBの3方式の接続に対応

Waves、創立25周年記念セールを開始! 65種類のプラグインを収録したDiamondを93%OFFの28,800円で販売中! 4日間限定

10月7日〜8日の2日間、六本木のGoogleでクリエイターズ・ハッカソン『TOKYO BLOCKS HACKATHON』が開催!

台湾のDTM機器メーカー「MiDiPLUS」が日本に上陸! 低価格なキーボードとオーディオIFをAmazon限定で販売開始

IK Multimedia、「Syntronik for iPad」をリリース! 38種類のシンセの名機の音色をiPadで再現、無償版も提供

Eventide、マッチEQ機能を搭載した新開発のプラグインEQ「EQuivocate」の無償配布を開始! 10月31日までの期間限定

初代ゲームボーイ用ポケモンのピクセル文字を再現したフォント、「pokemon-font」が無償配布中!

IK Multimedia、「T-RackS 5」を発表! 遂にDDP書き出しをサポート、プロセッサーから“マスタリング・ソフト”として進化

ICON