Feature Image

NEWS

欧米で話題沸騰のキャリブレーション・プラグイン、Sonarworks「Reference 3」が遂に日本上陸! スピーカーだけでなく、ヘッドフォンの補正にも対応!

メディア・インテグレーション MI事業部が、ラトビア Sonarworks社の国内代理店業務を開始。スピーカー/ヘッドフォン・キャリブレーション・ソフトウェア「Reference 3」の国内販売を、2017年4月4日に開始するとアナウンスしています。

Sonarworks - Reference 3

Reference 3」は昨年来、欧米でかなりの話題となっているスピーカー/ヘッドフォン・キャリブレーション・ソフトウェア。Lady GaGaを手がけたグラミー・エンジニア:Rafa Sardinaをはじめ、名だたるスタジオ/エンジニア/ミュージシャンがこぞって導入している注目の製品です。

Reference 3」は、測定用ソフトウェアと測定用マイクロフォン、そしてDAW用プラグイン(AU/AAX/RTAS/VST対応)の3つのコンポーネントで構成されます。ユーザーは自分のスタジオ(部屋)の音響特性を測定用ソフトウェアと測定用マイクロフォンで測定し、生成されたプロファイルをDAW用プラグインで適用。たったこれだけの作業で、部屋やスピーカーの音響的な偏りが補正され、正確でフラットなモニタリングが可能になります。測定は最低25箇所で行う必要がありますが、Sonarworks社によれば15分もあれば作業は完了するとのこと。適用するスピーカーのプロファイルも、代表的な機種ならばほとんど用意されています。

Sonarworks - Reference 3

これまでも似たような製品はありましたが、「Reference 3」では最先端のDSP技術が採用されているとのことで、“補正に伴う副作用的な音の変化が一切生じない”のが最大の特徴とのこと。独自の“ACE(Audio Calibration Engine)”という技術によって、周波数全域16,000ポイント(!)でリニア・フェイズ処理が実行されるとのことです(完全なリニア・フェイズ処理はレーテンシーが非常に大きくなるため、必要に応じてレーテンシーを短くすることも可能)。

また、スピーカー出力だけでなく、ヘッドフォン出力のキャリブレーションに対応しているのも「Reference 3」の大きな特徴。ヘッドフォン出力で使用する場合は当然部屋の測定は不要で、用意されているヘッドフォン・プロファイルを選ぶだけでキャリブレーションが可能です(Sonarworks社によれば、ヘッドフォン出力では“フラットなサウンド”ではなく、“フラットなスピーカー”となるようキャリブレーションが実行されるとのこと)。

Sonarworks - Reference 3

スタジオで作業するようなプロはもちろん、自宅で音楽制作を行っている人も大注目の新製品である「Reference 3」。気になる価格は、スピーカー・キャリブレーション+ヘッドフォン・キャリブレーションの両方に対応した測定マイク付きのパッケージが45,000円(税込)、スピーカー・キャリブレーションのみに対応した測定マイク付きのパッケージが37,800円(税込)、ヘッドフォン・キャリブレーションのみに対応したバージョンが13,800円(税込)となっています。詳しくは、メディア・インテグレーション MI事業部のWebサイトをご覧ください。

製品開発ストーリー #37:コルグ prologue 〜 ユーザーがプログラムしたオシレーター/エフェクトをロードできる”ハッカブル・シンセ” 〜

メディア・インテグレーション、Nomad Factory/Wave Artsのプラグインを3,000〜4,000円/最大85%OFFで販売する1週間限定セールを開始!

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

NAMM 2018: グッド・デザインのDSPストンプ「kryo」 〜 高性能DSP SHARCを搭載、スマホで自由にプログラム

NAMM 2018: ディストーションの名機、RATを内蔵した“歪むシールド”、ProCo「RAT Tail」がデビュー!

NAMM 2018: おもちゃのような外観ながら、中身は本格的! 子ども用シンセサイザー「BLIPBLOX」が登場

NAMM 2018: Avid、Pro Toolsの新バージョン「Pro Tools 2018」を発表! 『さかのぼりレコード』や『トラック・プリセット』など、多くの新機能を搭載

NAMM 2018: IK Multimedia、究極のレスリー・スピーカー・シミュレーター、Leslieシリーズを発表! ハモンドUSA/鈴木楽器製作所と共同開発

NAMM 2018: フランスのスタートアップ企業、Enhanciaが指輪型のワイヤレス・コントローラーをお披露目

NAMM 2018: Antares、新世代Auto-Tune「Auto-Tune Pro」を発表! 楽曲のキーの自動判定機能を搭載、昔のAuto-Tuneのサウンドも再現

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

NAMM 2018: コルグ、「ARP ODYSSEY FSQ」を限定販売…… フル鍵のODYSSEYにARPカラーのスペシャルSQ-1をバンドル

Apple Music Lab『ファレル・ウィリアムスに学ぶ創造力の源泉』〜 ファレル・ウィリアムス × ローランド・ラム(ROLI)トーク・ライブ・レポート

NAMM 2018: コルグ、volca用ミキサー「volca mix」を発表! 3台のvolcaの出力をミックス、電源/シンク・マスターとしても機能

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

製品開発ストーリー #36:Universal Audio Arrow 〜 他に先駆けてThunderbolt 3に対応、低価格ながらUAD機能も備えた新世代オーディオIF 〜

テレキャスを愛し、GarageBandで作曲するギター女子:のん セカンド・シングル・リリース記念! スペシャル・インタビュー

NAMM 2018: Universal Audio、新型オーディオIF「Arrow」を発表! TB3対応、UAD機能を備えたコスパ抜群のキラーIF

ICON