Feature Image

MODULAR SYNTH

Noise Engineering、渾身の“デジタル・コントロールド・アナログ・ミキサー、「Xer Mixa」を発表…… ステレオ10ch入力、MIDIも搭載

Noise EngineeringがEurorackモジュールの新作、「Xer Mixa」を発表。大きな話題になっています。

Noise Engineering - Xer Mixa / Expando Expandi

Noise Engineering「Xer Mixa」

最近はDAW用プラグインの開発にも注力しているアメリカ・ロサンゼルスのモジュラー・メーカー、Noise Engineering。同社のEurorackモジュールは、独自のDSPアルゴリズムによって生み出されるメタリックで攻撃的なサウンドが特徴で、そのユニークな音色は世界中のモジュラー・プレイヤーから支持を集めています。

パーカッシブ・サウンド・ソースの傑作、Basimilus Iteritas Alter

そんなNoise Engineeringの新作「Xer Mixa」は、ステレオ10系統の入力を備えた32HPのサミング・ミキサー。出力バスはステレオ3系統で、シグナル・パスは完全にアナログながら、制御系にデジタル回路が採用されているのが大きな特徴です。このハイブリッド設計によって、32HPというパネル・サイズでも、チャンネルごとのパン、バス送りのレベル、バス送りのプリ/ポスト・フェーダー選択、さらにはパン・ロウ(!)といった詳細なパラメーター設定を実現。もちろん、パラメーター設定は最大7種類、“シーン”として保存/リコールすることができ、MIDIによるパラメーター制御にも対応しています。

Noise Engineering - Xer Mixa / Expando Expandi

シルバー・モデルもラインナップ

ステレオ10系統の入力は、インプット・フェーダーを備えた1〜8chと、インプット・フェーダーが省かれたA/Bの2タイプがあり、どちらもR端子はL端子にノーマル接続されているので、ステレオ信号だけでなくモノラル信号にも対応。フェーダー上にはセレクト・ボタン、フェーダー下にはクリックレス仕様のミュート・スイッチが備わり、セレクト・ボタンで選択したチャンネルのパラメーターを右側のノブとボタンでエディットする…… という操作体系となっています。

Noise Engineering - Xer Mixa / Expando Expandi

チャンネル・エディット画面

出力はA/B/Mのステレオ3系統で、A/Bはチャンネルごとに送りのレベルとプリ/ポスト・フェーダーを設定することが可能。Mはオン/オフのみの切り替えで、バスBはキュー出力としても使用できる設計になっています。秀逸なのが右側に備わったスクリーンで、通常時は3系統の出力のピーク/RMSメーターとして機能。これによって出力レベルを視覚的に監視することができ、必要に応じてメーターの0dBに対応するppボルテージを設定することも可能になっています。

Noise Engineering - Xer Mixa / Expando Expandi

ピーク/RMSメーター機能も装備

Eurorackミキサーでありながら、フィジカルおよびMIDIコントロールに特化した設計となっている「Xer Mixa」ですが、4HPの拡張モジュール「Expando Expandi」を装着すれば、8系統のCV入力を追加することもできます。CV入力は、「Xer Mixa」側でボリューム/ミュート/パン/バス送りの各パラメーターにアサインでき、入力ごとにデジタル・アッテヌバーターやデジタル・オフセット機能も搭載。「Xer Mixa」1台につき「Expando Expandi」は2台まで装着できるため、最大で16系統のCV入力を追加することができます。

Noise Engineering - Xer Mixa / Expando Expandi

拡張モジュールの「Expando Expandi」(右)を装着することで、8系統のCV入力を追加することも可能

他のNoise Engineering製モジュール同様、ブラック・パネルとシルバー・パネルの両方が用意される「Xer Mixa」。最初のバッチは2023年9月6日に出荷される予定で、価格は「Xer Mixa」が999ドル、「Expando Expandi」が169ドル、両モジュールのバンドルが1,051ドルとなっています。さらなる詳細は、Noise EngineeringのWebサイトをご覧ください。

IK Multimedia、次世代“MTM”モニター「iLoud MTM MK II」を発表…… 新設計のドライバーを搭載、定番モニターをイミュレートできる機能も利用可能に

珍しい楽器/物体の共鳴と、真空管モジュラーシンセを組み合わせた“エレクトロ=アコースティック・シンセサイザー”、Mntra「Vespera」がデビュー

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

ICON