Feature Image

EVENT

Ableton LiveとMaxを使った“音楽の自動生成”を学べるオンライン・セミナー、『作曲 VS 生成音楽』が開催

Ableton and Max Community Japanが明日(2021年1月23日)、オンラインでセミナー・イベントを開催。同コミュニティは定期的にセミナー・イベントを開催していますが、第11回目となる今回は『作曲 VS 生成音楽』と題し、“Ableton Liveを使った生成音楽”と”Cycling ’74 Maxを使ったアルゴリズム作曲”を分かりやすく解説するとのこと。講師を務めるのは音楽家の松本昭彦氏で、視聴者には氏が開発した“生成シーケンサー”『GENE』(Ableton M4Lデバイス/14.99ドル相当))が進呈されるとのことです。

Ableton and Max Community Japan 11

視聴者全員に進呈される“生成シーケンサー”、『GENE』

松本氏は今回のテーマについて、以下のように述べています。

今回は“音楽を作る”のではなく、AbletonやMaxを使い、“音楽を生み出す”ことをテーマにします。自動生成と言うと、何かプログラムがクリエイターの意思とは無関係に音楽を生み出してしまうイメージがあるかもしれません。しかし、音楽が作り出されるのをただただ眺めるのではなく、音楽を作り出すプログラム自体を作り出すことが今回のテーマです。プログラムが生み出すことが可能な音楽は、クラシカルなピアノ音楽からダンス・ミュージックまで多種多様です。

セミナーは明日(2021年1月23日)14:00から約3時間にわたってオンラインで行われ、配信終了後1週間(2021年1月30日23:00まで)はアーカイブ視聴が可能。視聴するにはチケットの事前購入が必要で、料金は2,200円(学生は1,100円)となっています。さらなる詳細は、Peatixのイベント・ページをご覧ください(視聴チケットもこちらから購入できます)。

大注目の宅録アーティスト、イロハが語るLogic Pro、Sibelius、Pro Toolsを使用した楽曲制作ワークフロー

IK Multimedia、8種類のRATIOカーブを選択できる万能コンプレッサー、「T-RackS Comprexxor」を発売

IK Multimedia、定番オーケストラ音源の「Miroslav Philharmonik 2」を約80%OFFで販売するセールを開始

IK Multimedia、“テープ系プラグイン”を網羅した特別バンドル、「Power Reels Collection」を発売…… 4月12日まで80%OFF

Audacity 3.0.0が公開…… 完全無料の波形編集ソフトウェアが約10年ぶりにメジャー・バージョン・アップ

ボス、ギター・アンプを角度を付けてセッティングできる折り畳み式スタンド、「BAS-1」を発売

Ableton、「Live 11」の販売を開始…… 多くのアーティストが愛用する音楽制作ソフトウェアがさらに進化

Daft Punkの1997年/2007年のライブでの使用機材を描いたオリジナル・ポスターが販売中

IK Multimedia、スマホやデジタル一眼でXLRマイク入力を実現する便利デバイス、「iRig Pre 2」を発表…… 流行のClubhouseでも活躍

2ミックスのドラムだけを除去/ブーストできる画期的なプラグイン、Zynaptiq「UNMIX::DRUMS」が半額の9,900円で販売中

トップ・エンジニア 杉山勇司氏が講師を務めたミックス/マスタリング・セミナーが、YouTubeで全編視聴可能に

Ableton、「Live 11」を2月23日にリリースすると発表…… 実施中の20%OFFプロモは「Live 11」発売と同時に終了

時間軸で音色をダイナミックに変化できるフィルター・プラグイン、Caelum Audio「Flux Mini」が無料ダウンロード開始

ビデオ・アーティスト/VJのための実験ツール、Cat Full of Ghosts Electronics「VIDEO XCHNG」が発売

UVI、デュアル・レイヤーを採用した究極のチップチューン音源、「8-Bit Synth」をリリース…… 2月8日まで40%OFFで販売中

グラミー・エンジニア、アル・シュミットがボーカル録音と楽器録音、マイクの特性について解説した書籍が刊行

NYのトラックメイカー、ピーター・バークが新作のサンプルパックの無料配布を開始…… ローファイ・ヒップホップにも使える珠玉のサンプルパック

ボス、技クラフトの新作「TB-2W」を限定発売…… 伝説のファズ Tone Bender Mk IIを現代の技術で再構築

ICON