Feature Image

GUITAR

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

ボスが新製品、「Pocket GT(ポケット・ジーティー)」を発表しました。「Pocket GT」は、YouTubeの動画に合わせてギター演奏を楽しむことができる、超小型のマルチ・エフェクター。USBオーディオ・インターフェース機能も搭載した、ギタリスト向けの便利ガジェットです。

BOSS - Pocket GT

手のひらサイズのギター用マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

エレクトリック・ギター用のユニークな製品が間もなく発売になります。ボスが発表した「Pocket GT」は、最大4時間のバッテリー駆動に対応したポケット・サイズのギター用マルチ・エフェクター。横幅71mm×奥行129mm×高さ27.6mm/重量160グラムという超小型サイズながら、人気のGT-1と同等のサウンド・エンジンを搭載し、108種類もの高品位エフェクトを利用することができます。Bluetoothでスマートフォンなどのデバイスを接続すれば、音楽をストリーミング再生することもでき、ドラム・マシンや電子楽器などを接続できるAUX入力も装備。さらにはDAWに直接レコーディングできるUSBオーディオ・インターフェース機能も備えています。

BOSS - Pocket GT

Bluetooth接続したデバイスから音楽をワイヤレスで再生することが可能

これだけでも物欲をそそられる「Pocket GT」ですが、その機能をいっそう魅力的なものにしているのが、無料の専用アプリ『BOSS TONE STUDIO』の存在。iOS/Android/Mac/Windows対応の『BOSS TONE STUDIO』は、YouTubeブラウザ機能と音色エディター機能が統合されたアプリで、ユーザーはYouTube動画に合わせてギターを演奏し、グラフィカルな画面で音色をエディットすることが可能。これまで同じことをしようとした場合、YouTubeアプリ(あるいはWebブラウザ)と音色エディターを立ち上げ、両者を行き来する必要がありましたが、「Pocket GT」ならば1本のアプリですべてを行うことができます。YouTubeブラウザ機能は、単に動画を再生するだけでなく、ソング・リストを作成したり、マーカーを設定することも可能。設定したマーカーにユーザー・メモリーをアサインすれば、動画再生時に自動的に音色を切り替えることもできます。

Pocket GT」の主な特徴は、以下のとおりです。

Pocket GT」は、2020年9月26日発売予定で、価格はオープン・プライス。Rock oNでの販売価格は、25,300円(税込)となっています。さらなる詳細は、ボスのWebサイトをご覧ください。

BOSS - Pocket GT

入力音に“音楽的なキャラクター”を付加できる無料のコンプレッサー・プラグイン、Tokyo Dawn Records「TDR Molotok」

u-heの無料ソフト・シンセ「Zebralette」がアップデート…… UIが刷新され、操作性/視認性が大幅に向上

Novation、Aphex Twinが“リミックス”した新型シンセサイザー、「AFX Station」を発表

ローランド、TR-606プラグインを発売…… 強力なシーケンサーを搭載、音色ごとにチューニングとディケイをコントロール可能

Soma Laboratory LYRA-8を再現した無料のソフトシンセ「LIRA•8」…… 延々と遊べる“ソフトウェア・ドローン・マシン”

ローランド、新型リズム・マシン「TR-6S」を発表…… TR-8Sと同等の音源を搭載しながら、コンパクト・サイズと低価格を実現

ポルトガルの女性ビルダーが製作するガジェット系電子楽器、SISMOが日本に上陸…… 1万円台で買える、ハイセンスなマシンたち

Zynaptiq「PITCHMAP」が75%OFFの9,900円で販売中…… 2ミックスの特定の音のピッチを変えられる魔法のプラグイン

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

ICON