Feature Image

NEWS

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

昨日、閉幕したヨーロッパ最大規模の楽器の展示会、『Musikmesse 2019』。今年も多くの新製品が発表されましたが、中でも来場者の大きな注目を集めていたのが、Austrian Audioというマイクロフォン・メーカーの製品群です。

Austrian Audio

社名のとおり、オーストリア・ウィーンに拠点を置くAustrian Audioは、AKGに勤めていた22名のスタッフによって昨年7月に創設された新興のマイクロフォン・メーカー(現在は28名のスタッフが在籍)。同社が最初の製品として送り出すのは、ラージ・ダイアフラムのコンデンサー・マイクロフォン「OC818」および「OC18」で、どちらもCK12を元に開発されたセラミック・カプセル「CKR12」を搭載。上位モデルの「OC818」は、255ものポーラー・パターンを切り替えることができ、「OC18」はカーディオイド・パターン固定のモデルです。

Austrian Audio

手前が「OC18」、奥が「OC818」

Austrian Audio

カーディオイド・パターン固定のモデル、「OC18」

Austrian Audioが注目を集めていたのは、元AKGのスタッフが多数集まって創設された新しいマイクロフォン・メーカーということもありますが、「OC818」のポーラー・パターン切り替え機能が秀逸だったのも理由の一つです。「OC818」には、「OCR8」という専用アタッチメント(Austrian Audioは“ドングル”と呼んでいます)が用意され、それを装着することでスマートフォンからワイヤレスで(!)ポーラー・パターンの切り替えが可能になっているのです。接続プロトコルはBluetoothで、「PolarPilot」というコントロール・アプリが無償で提供されます(iOS/Android対応)。さらには、VST3/AU/AAX対応の「PolarDesigner」というプラグインも提供され、これを使用すればオリジナルのポーラー・パターンを作成することも可能。Austrian Audioによれば、ワイヤレスでポーラー・パターンをコントロールできる世界初のマイクロフォンとのことです。

Austrian Audio

マルチ・ポーラー・パターンの上位モデル、「OC818」

Austrian Audio

オリジナルのポーラー・パターンを作成できる専用プラグイン、「PolarDesigner」

マイクロフォンの他にも、「HI-X55」と「HI-X50」という2種類のヘッドフォンも展示。ブースでは、“Made In Austria”であることも大きくアピールしていました。

Austrian Audio

ヘッドフォン「HI-X55」もお披露目

Austrian Audio

全製品“Made In Austria”

気になるのが価格ですが、「OC818」「OC18」ともにマッチド・ペア・パッケージとアクセサリー無しパッケージも用意され、「OC818」が999〜1,899ユーロ、「OC18」が699〜1,399ユーロとなっています。“Made In Austria”の品質と機能を考えれば比較的安価で、戦略的な価格設定と言っていいのではないでしょうか。いずれも間もなく出荷開始予定で、話を伺ったセールス担当のデイヴ・カールセン(Dave Karlsen)氏によれば、日本でも慎重にローカライズした上で販売を開始したいとのこと。Austrian Audio、プロ・オーディオの世界では久々に登場した大型の新興メーカーという印象です。

Ableton、Live Lite/Live Introからのアップグレード製品を最大12,000円OFFで販売するプロモーションを開始

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

IK Multimedia、物理モデリング・ドラム音源「MODO DRUM」を発表…… MODO BASSに続く“MODO”シリーズ第二弾が登場

バーチャル・モジュラー・シンセサイザー「VCV Rack」バージョン1.0が遂にリリース…… 引き続き無償でダウンロード可能

ROLI、楽器演奏と音楽の基礎を楽しみながら習得できる新製品「LUMI」を発表…… マルチ・カラーの自照式キーボードはDAWで使用することも可能

PreSonus、Studio Oneのオーディオ処理を自動化できるアドオン、「Audio Batch Converter」を発売…… 6月30日までイントロ価格で販売中

MIDIやCV/Gateでサイドチェーン・コンプレッションがかけられるユニークなエフェクター、Suonobuono「nABC」の予約販売が開始

サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200を現代風に蘇らせた「SP 2400」の予約受付が開始…… ローファイとハイファイ、2種類のエンジンを搭載

コルグの新型デスクトップ・シンセサイザー、「minilogue xd module」が今週日曜日に販売開始

ICON