Feature Image

NEWS

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

昨日、閉幕したヨーロッパ最大規模の楽器の展示会、『Musikmesse 2019』。今年も多くの新製品が発表されましたが、中でも来場者の大きな注目を集めていたのが、Austrian Audioというマイクロフォン・メーカーの製品群です。

Austrian Audio

社名のとおり、オーストリア・ウィーンに拠点を置くAustrian Audioは、AKGに勤めていた22名のスタッフによって昨年7月に創設された新興のマイクロフォン・メーカー(現在は28名のスタッフが在籍)。同社が最初の製品として送り出すのは、ラージ・ダイアフラムのコンデンサー・マイクロフォン「OC818」および「OC18」で、どちらもCK12を元に開発されたセラミック・カプセル「CKR12」を搭載。上位モデルの「OC818」は、255ものポーラー・パターンを切り替えることができ、「OC18」はカーディオイド・パターン固定のモデルです。

Austrian Audio

手前が「OC18」、奥が「OC818」

Austrian Audio

カーディオイド・パターン固定のモデル、「OC18」

Austrian Audioが注目を集めていたのは、元AKGのスタッフが多数集まって創設された新しいマイクロフォン・メーカーということもありますが、「OC818」のポーラー・パターン切り替え機能が秀逸だったのも理由の一つです。「OC818」には、「OCR8」という専用アタッチメント(Austrian Audioは“ドングル”と呼んでいます)が用意され、それを装着することでスマートフォンからワイヤレスで(!)ポーラー・パターンの切り替えが可能になっているのです。接続プロトコルはBluetoothで、「PolarPilot」というコントロール・アプリが無償で提供されます(iOS/Android対応)。さらには、VST3/AU/AAX対応の「PolarDesigner」というプラグインも提供され、これを使用すればオリジナルのポーラー・パターンを作成することも可能。Austrian Audioによれば、ワイヤレスでポーラー・パターンをコントロールできる世界初のマイクロフォンとのことです。

Austrian Audio

マルチ・ポーラー・パターンの上位モデル、「OC818」

Austrian Audio

オリジナルのポーラー・パターンを作成できる専用プラグイン、「PolarDesigner」

マイクロフォンの他にも、「HI-X55」と「HI-X50」という2種類のヘッドフォンも展示。ブースでは、“Made In Austria”であることも大きくアピールしていました。

Austrian Audio

ヘッドフォン「HI-X55」もお披露目

Austrian Audio

全製品“Made In Austria”

気になるのが価格ですが、「OC818」「OC18」ともにマッチド・ペア・パッケージとアクセサリー無しパッケージも用意され、「OC818」が999〜1,899ユーロ、「OC18」が699〜1,399ユーロとなっています。“Made In Austria”の品質と機能を考えれば比較的安価で、戦略的な価格設定と言っていいのではないでしょうか。いずれも間もなく出荷開始予定で、話を伺ったセールス担当のデイヴ・カールセン(Dave Karlsen)氏によれば、日本でも慎重にローカライズした上で販売を開始したいとのこと。Austrian Audio、プロ・オーディオの世界では久々に登場した大型の新興メーカーという印象です。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON