Feature Image

NEWS

NAMM Showで注目を集めた“子ども用シンセサイザー”、「Blipblox」の予約販売がいよいよ今晩スタート!

1月の『The NAMM Show』で注目を集めた“子ども用シンセサイザー”、「Blipblox(ブリップブロックス)」の予約販売がいよいよ日本時間の今晩(0:30)始まります。

Playtime Engineering - Blipblox

アメリカ・サンフランシスコのスタートアップ、Playtime Engineeringが開発した「Blipblox」は、子ども(および子どもの心を持った大人)のためのフル機能のシンセサイザー(『The NAMM Show』でのレポート記事はこちら)。見た目はオモチャのようですが、中身は本格的なシンセサイザーであり、柔軟なモジュレーション機能によって幅広い音作りが可能になっています。もちろん、“子ども用シンセサイザー”を謳うだけあって、親しみやすいデザインとシンプルな操作性が「Blipblox」の最大の特徴であり、音楽やシンセサイザーに関する知識が無くても簡単に扱うことが可能。その上で、モジュレーション・マトリクス機能(!)を搭載していたり、MIDI入力端子やオーディオ出力端子を備えていたりと、シンセ好きの大人も楽しめるデバイスになっています。

Playtime Engineering - Blipblox

Blipblox」の主な特徴は以下のとおりです。

Blipblox」は、2018年6月25日(月)8:30(太平洋時間。日本時間は、2018年6月26日(火)0:30)にIndiegogoで予約販売がスタート。価格は発表になっていませんが、数量限定で50ドルOFFの“Super Duper Early Bird Special”、40ドルOFFの“Super Early Bird Special”も用意されるとのことです。

Playtime Engineering - Blipblox

開発者の一人、トロイ・シーツ(Troy Sheets)さん

Steinberg、多数の新機能を追加した「Cubase 10」を発表、ダウンロード販売を開始

WORLD SYNTHESIZER #47:世界初、猫の鳴き声を生成する“キャット・シンセサイザー”、2hp「Cat」が販売開始

ROLI BLOCKSを使用して“新しい楽器”を創造するイベント、『TOKYO BLOCKS HACKATHON』が今週末開催

コルグ、世界40カ国以上で販売されているStay Music製キーボード・スタンドの国内代理店業務を開始

WORLD SYNTHESIZER #46:北米で大ヒット中のMoogの新型シンセ、「Grandmother」の国内販売が開始

WORLD SYNTHESIZER #45:Moog Music、噂されていた新世代フラッグシップ・シンセ「Moog One」を正式発表

AKAI Professionalから、FL Studio専用コントローラー「Fire」が間もなく登場

メディア・インテグレーション、Waves Mercuryを実質142,800円で入手できる4日間限定プロモを開始

WORLD SYNTHESIZER #44:Make Noise、世界初の“3Dカルテシアン・シーケンサー”、第二世代「René」を発表

ローランド、ショルダー型キーボードの新製品、「AX-Edge」を発表

ローランド、人気のJUNOシリーズの最新モデル、「JUNO-DS76」を発表

Wave Alchemy、会社設立10周年を記念した大容量サンプル・パック、「10th Birthday Samples」を無償配付中

WORLD SYNTHESIZER #43:DAWとモジュラーのワイヤレス同期を実現する、Circuit Happy「The Missing Link」

Digital Systemic Emulations、名機カワイ K3を再現したソフト・シンセ、「K3-V Extended」の無償配布を開始

WORLD SYNTHESIZER #42:Din Sync、開発中の「RE-808」の回路をオープン・ソースで公開すると発表

PreSonus、Studio Oneネイティブ対応のパッド・コントローラー、「ATOM」を発表

ハイ・リゾリューション、他のDAWからDigital Performer 9へのクロスグレードを半額で販売中(100本限定)

WORLD SYNTHESIZER #41:70年代の図書館の家具をイメージした美しいモジュラー・ケース、Landscape「Library」

ICON