Feature Image

NEWS

NAMM 2018: おもちゃのような外観ながら、中身は本格的! 子ども用シンセサイザー「BLIPBLOX」が登場

本日開幕した世界最大規模の楽器の展示会、『The NAMM Show』。1階ホールのモジュラー・メーカーがひしめく一角で、ひときわ注目を集めていたのが、「BLIPBLOX(ブリップブロックス)」というガジェットです。

Playtime Engineering - BLIPBLOX

サンフランシスコのスタートアップ企業、Playtime Engineeringが開発した「BLIPBLOX」は、なんと子ども用のシンセサイザー(!)。プリセット音が鳴るだけの“音系オモチャ”ではなく、様々な音色を作り出すことができる歴としたシンセサイザーです。

Playtime Engineering - BLIPBLOX

シンセサイザーとしてのスペックは、オシレーター×2、フィルター×1、エンベロープ×1、LFO×2。オシレーター波形は複数のプリセットの中から選択でき、アンプ・エンベロープはアタック・タイム/リリース・タイムをそれぞれ設定可能。2基のLFOでは、各オシレーターとフィルターをモジュレーションすることができます。さらにはドラム音を鳴らすことができるキック/スネア・ボタンも備え、いくつかのメロディーがプリセットされたシーケンサーも搭載。もちろん電池で動作し(単3電池3本。アダプターでも駆動可能)、スピーカーも内蔵しています。

開発者のトロイ・シーツ(Troy Sheets)氏に、「どうしてこんなものを作ったの?」と訊くと、「単純に子ども用のシンセサイザーが無かったから(笑)。でも開発は思っていたよりも大変で、3年以上かかったよ」との答えが。「安く出したかったので、中身はもちろんデジタルで、子どもが落としたり投げたり、乱暴に扱っても壊れないような設計になってる」(トロイ氏)とのことです。

MIDI入力端子を備えているため、子どもが大きくなったときは鍵盤を繋げることもできる「BLIPBLOX」。数ヶ月以内に販売開始予定で、価格は159ドルとのことです。

Playtime Engineering - BLIPBLOX

Togu Audio Line、定番リバーブ・プラグイン「TAL-Reverb-4」をアップデート…… 新バージョンの無償配布を開始

Propellerhead、Reason 10を新規購入したユーザーに、計350ドル相当のプラグインを無償提供するプロモを開始

エムアイセブン、PreSonusやRME、Genelecなどの対象製品を大幅割引価格で販売する、創立15周年記念セールを開始

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

IK Multimedia、マスタリング・リミッター「Stealth Limiter」を約60%OFFの5,931円で販売するプロモを開始

Avid、無償版Pro Toolsの最新版、「Pro Tools | First 2019」を発表…… 遂にプロジェクトのローカル保存に対応

XLN Audio、新感覚ビート・メイキング・ツール「XO」を発表…… 膨大なサンプルを直感的にブラウズできる画期的なUIを搭載

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

DSPシンセサイザーを自作できるDIYキット、MakeProAudio「Dino Park」が登場…… 音源ボードはCreamware互換

iZotope、リバーブ・プラグインで有名なExponential Audioを買収…… マイケル・カーンズ氏もiZotope開発陣の一員に

ハリウッドの売れっ子ミキサー、ウィル・ファイルズ氏が語る、大ヒット映画『ヴェノム』の実験的なサウンド・デザイン

Native InstrumentsとNikeがコラボレート、特別仕様のMASCHINEとAir Maxをセットでプレゼントするプロモを実施中

SSL、DAWスタジオに最適な小型ミキサー「SiX」を発表…… 20万円を切る価格で手に入る、正真正銘の“SSLコンソール”

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

ICON