Feature Image

NEWS

Musikmesse 2018: 真空管シンセ「CHRT synthesizer」が登場! アタッシュケースやラック筐体など好みのケースに収納可能

11日に開幕したヨーロッパ最大規模の楽器の展示会、『Musikmesse 2018』。今年もたくさんの新製品が発表されていますが、シンセサイザー・エリアで特に注目を集めていたのが「CHRT synthesizer」という製品です。

CHRT synthesizer

チェコ在住のPetr Venkrbec氏が開発した「CHRT synthesizer」は、真空管回路を採用したアナログ・シンセサイザー。1×オシレーター、1×オーバードライブ、1×レゾネーター、1×フィルター、1×VCAという回路構成で、そのすべてのステージで真空管を使用。MIDI入力も備え、オシレーターとVCAをデジタル・コントロールすることが可能になっています。

CHRT synthesizer

真空管回路のシンセサイザーは、既にMetasonixなどが開発しており決して珍しいものではありませんが、「CHRT synthesizer」が興味深いのは、いわゆる電子音ではなく、アコースティック楽器のような“生々しい音”を目標に開発されている点。開発者のPetr Venkrbec氏いわく、”オシレーターで生成した音を、後段のオーバードライブやレゾネーターで共鳴させて音色を作っている”とのことで、物理モデリングに近い発想のアナログ・シンセサイザーと言えそうです。

CHRT synthesizer

開発者のPetr Venkrbec氏

そしてこの「CHRT synthesizer」、決まったケースが存在せず、アタッシュケースやラックマウント筐体など、好みのケースに収納できるのも大きな特徴。別途料金はかかりますが、購入時にリクエストすれば、好みのケースに収納してくれるとのことです。気になる価格は、完成品が800ユーロ、DIYキットが400ユーロで、好みのケースに収納する場合はさらに数百ユーロが必要。それでもかなり安価という印象です。気になる方は「CHRT synthesizer」のWebサイトをチェックしてみてください(デモ・サウンドも聴くことができます)。

CHRT synthesizer

ラックマウント仕様の「CHRT synthesizer」

IK Multimedia、徹底的に“ブリティッシュ・サウンド”にこだわった新作ドラム音源、「London Grooves」のダウンロード販売を開始!

Ableton、優秀な“Live使い”を認定するイベントを約4年ぶりに東京で開催! 応募締切は今月27日

SUPERBOOTH 2018: IK Multimedia、来週のSUPERBOOTHで、”極秘開発中の新製品”を発表することを明らかに

劇伴やゲーム・サウンドに最適な高品位ボーカル音源、「EastWest VOICES OF THE EMPIRE」が明日まで約33%OFFの21,890円で販売中

コルグ KID、話題のMoog製“ドラム・シンセ”、「DFAM」の国内販売を開始! セミ・モジュラー設計のアナログ・ドラム・シンセサイザー

コルグ KID、Arturiaのキーボード・コントローラー、「KeyLab Essential」の限定ブラック・モデルの国内販売を開始!

NAMMで注目を集めた“フット・スイッチ型マウス”、「SMASHmouse」のクラウドファンディングがスタート! 足元でのパソコン操作が可能に

SUPERBOOTH 2018: Pittsburgh Modularから強力なハードウェア・シーケンサー、「Electronic Sequence Designer 128」が登場!

SUPERBOOTH 2018: 噂の「Behringer SYSTEM 100」シリーズの情報がModularGridにアップされる

SUPERBOOTH 2018: DreadboxとPolyendがコラボ! 新型シーケンス・シンセサイザー「Medusa」がデビュー!

DJ Pain 1、サンプル・パック『Unfinished Friday Sample Kit 1』の無償配布を開始…… 雰囲気のあるループを150種類以上収録

メディア・インテグレーション、FXpansion BFD3を半額の19,900円で販売するセールを開始! ダウンロード版だけでなくUSBメモリ版も対象

無償の“スペクトラル・フォルマント・シンセ”、Full Bucket Music「Scrooo」がアップデート! Windowsに加えてMacにも対応

TC Electronic、弦楽器用のまったく新しいエレクトリック・サスティナー、「AEON」を発表! モダンなデザインの“現代版EBow”が登場

コルグ、「KORG Gadget for Nintendo Switch」の発売を記念し、オリジナル・マンガ『スーパー作曲ボーイ ガジェ太』の連載を開始

コルグ、「KORG Gadget for Nintendo Switch」を4月26日に発売するとアナウンス! 世界初の“対戦型DAW”

Moog Music、Mother-32/DFAMに続くセミ・モジュラー・シンセの第3弾、「Subharmonicon」を発表

Plugin Boutique、BeatSkillzのダイナミクス・プロセッサー「Slam Dawg」を99%OFFの約100円で販売中

ICON