Feature Image

NEWS

Musikmesse 2018: 真空管シンセ「CHRT synthesizer」が登場! アタッシュケースやラック筐体など好みのケースに収納可能

11日に開幕したヨーロッパ最大規模の楽器の展示会、『Musikmesse 2018』。今年もたくさんの新製品が発表されていますが、シンセサイザー・エリアで特に注目を集めていたのが「CHRT synthesizer」という製品です。

CHRT synthesizer

チェコ在住のPetr Venkrbec氏が開発した「CHRT synthesizer」は、真空管回路を採用したアナログ・シンセサイザー。1×オシレーター、1×オーバードライブ、1×レゾネーター、1×フィルター、1×VCAという回路構成で、そのすべてのステージで真空管を使用。MIDI入力も備え、オシレーターとVCAをデジタル・コントロールすることが可能になっています。

CHRT synthesizer

真空管回路のシンセサイザーは、既にMetasonixなどが開発しており決して珍しいものではありませんが、「CHRT synthesizer」が興味深いのは、いわゆる電子音ではなく、アコースティック楽器のような“生々しい音”を目標に開発されている点。開発者のPetr Venkrbec氏いわく、”オシレーターで生成した音を、後段のオーバードライブやレゾネーターで共鳴させて音色を作っている”とのことで、物理モデリングに近い発想のアナログ・シンセサイザーと言えそうです。

CHRT synthesizer

開発者のPetr Venkrbec氏

そしてこの「CHRT synthesizer」、決まったケースが存在せず、アタッシュケースやラックマウント筐体など、好みのケースに収納できるのも大きな特徴。別途料金はかかりますが、購入時にリクエストすれば、好みのケースに収納してくれるとのことです。気になる価格は、完成品が800ユーロ、DIYキットが400ユーロで、好みのケースに収納する場合はさらに数百ユーロが必要。それでもかなり安価という印象です。気になる方は「CHRT synthesizer」のWebサイトをチェックしてみてください(デモ・サウンドも聴くことができます)。

CHRT synthesizer

ラックマウント仕様の「CHRT synthesizer」

Ableton+Maxユーザー、M4Lプログラマーのための大規模なイベント『Ableton and Max Fes 2018』が明日開催

Studio Oneユーザー・グループの第5回オフ会が12月13日に開催…… 今回はプロが、ゼロからの楽曲制作プロセスを披露

WORLD SYNTHESIZER #49:世界初の腕時計型シンセサイザー、「Synthwatch」の予約販売が開始

大注目のTeenage Enginneringの新製品、「OP-Z」の国内販売が開始(本社スタッフに訊いた、狙い目販売店の情報も)

プロのみなさんに訊いた、2018年Black Fridayお買いものリスト 〜 プラグインからサンプルパック、モジュラー・シンセまで

Product Review #5:IK Multimedia iLoud Micro Monitor 〜 エンジニア 森元浩二.と音楽プロデューサー 田辺恵二が語る、人気スピーカーの魅力と使いこなし術

XLN Audio、定番ドラム音源のAddictive Drums 2など、全製品を50%OFFで販売するBlack Fridayプロモを開始

Zynaptiq、Intensity/Unfilter/Unmix::Drumsを最大61%OFFで販売するBlack Fridayプロモを開始

Tracktion、WaveformやBiotekなど全製品を50%OFFで販売するBlack Fridayプロモを開始…… アップグレードも対象

Waves、購入金額に応じて好みのプラグインを最大2つ無償進呈するBlack Fridayプロモーションを開始

Waves、新開発のディエッサー・プラグイン「Sibilance」の無償配布を開始

IK Multimedia、iLoud Micro Monitorを約1万円OFF、UNO Synthを約5,000円OFFで販売するBlack Fridayプロモを開始

IK Multimedia、全部入りバンドルのTotal Studio 2 Maxを約50%OFFで販売するBlack Fridayプロモーションを開始

ハイ・リゾリューション、MOTU Digital Performer 9のクロスグレード版を50%OFFで販売開始…… 100本限定

エムアイセブン、Studio Oneを半額で販売するBlack Fridayセールを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

WORLD SYNTHESIZER #48:ヤマハ reface DX専用コントローラー、Dtronics「DT-RDX」が販売開始

モジュラー・シンセの祭典『Tokyo Festival of Modular』が今週末開催…… モジュラー初心者向けコーナーも設置

Steinberg、多数の新機能を追加した「Cubase 10」を発表、ダウンロード販売を開始

ICON