Feature Image

SYNTH & MACHINE

伝説のシンセサイザー、“Minimoog”が復刻…… Moog Music、2022年モデルの「Minimoog Model D」を発売

Moog Musicが、「Minimoog Model D(ミニモーグ・モデル・ディー)」を復刻。シンセサイザーの名機中の名機が、新品で入手できるようになります。

Moog Music - Minimoog Model D 2022

Moog Music「Minimoog Model D」

Moog Musicが1970年に発売した「Minimoog Model D」は、同社のモジュラー・シンセサイザーのエッセンスを小型筐体に凝縮した、世界初のポータブル・シンセサイザーです。その存在感のあるサウンドと優れた可搬性で人気を集め、多くのアーティストに愛用されました。2016年に数量限定で復刻された「Minimoog Model D」ですが、Moog Musicは今回、“2022年モデル”として再度復刻。“2022年モデル”の「Minimoog Model D」は、オリジナル・モデルの基本設計を完全に踏襲した上で、モジュレーション専用のアナログLFOの追加、Fatar製の高品質鍵盤の採用、MIDI端子の搭載、フィードバック・ディストーションに対応するミキサーといった改良が加えられています。また、歴代「Minimoog Model D」としては初めて、指を離すとセンターに戻るスプリング式のピッチ・ベンド・ホイールが採用されているのも特徴です。

Moog Music - Minimoog Model D 2022

歴代モデルで初めて、スプリング式のピッチ・ベンド・ホイールを採用

Moog Music - Minimoog Model D 2022

筐体はアパラチアン・ハードウッド製

新しい「Minimoog Model D」で、Moog Musicが大きくアピールしているのが、“生涯にわたって使用できる(Built to last a lifetime)”という点です。“2022年モデル”では、現在入手できる最高品質のコンポーネントが使用され、アメリカ・ノースカロライナ州アッシュビルのMoog Musicの工場で1台1台手作業で生産。同社の製品開発担当副社長であるスティーヴ・ダンニントン(Steve Dunnington)氏は、新しい「Minimoog Model D」について、以下のようなコメントを発表しています。

部材と構造への細かいこだわりによって、この伝説的な楽器の伝統と個性に直に接することができるのです。「Minimoog Model D」は、単なる回路の集合体ではなく、演奏や音作りを楽しむことができる真の楽器です。 (開発者の)ボブ・モーグ博士は、楽器のフィーリングの重要性を常に考えていました。我々は、この美しいシンセサイザーの復刻を通じて、彼の功績を讃えるために多大な努力を払っています。
Moog Music - Minimoog Model D 2022

アッシュビルのMoog Musicの工場で、1台1台手作業で生産される

Moog Music - Minimoog Model D 2022

厳選された最高品質のコンポーネントを使用

2022年モデル”の「Minimoog Model D」の生産は既に始まっており、ショップでの販売は年内に開始される予定とのこと。北米での販売価格は、4,999ドル(現在の為替レートで約70万円)となっています。さらなる詳細は、Moog MusicのWebサイトをご覧ください。

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ローランド、オール・イン・ワンのゲーム配信用デバイス、「BRIDGE CAST X」を発表…… HDMI入力の装備により、映像も扱うことが可能に

コルグ「handytraxx play」がデビュー…… クロス・フェーダーやルーパー、エフェクトを搭載、これ1台でDJプレイが楽しめるクリエイティブなレコード・プレーヤー

コルグ、伝説のシンセサイザーを復刻した「PS-3300FS」を発表…… 約半世紀の年月を経て蘇る、“全鍵ポリフォニック”のモンスター・シンセ

ALM/Busy Circuitsから便利モジュール、「MEGA MILTON」が登場…… レベル変換/ミキサー/スリュー・リミッター/S&H/マルチプルといった機能が集約

コルグのDIYシンセ、NTS-1 digital kitが“mkII”として進化…… 新たにマルチタッチ・キーボードを搭載、MIDIシーケンサーとしても機能するように

ICON