Feature Image

NEW PRODUCT

NAMM 2021: IK Multimedia、次世代のアナログ・シンセ「UNO Synth Pro」を発表…… 2種類のフィルターにより高度な音作りを実現

来週18日から22日にかけて開催されるオンラインの楽器ショー、『NAMM BELIEVE IN MUSIC』。その開幕を前に、IK Multimediaが新製品「UNO Synth Pro(ウノ・シンセ・プロ)」を発表しました。

IK Multimedia - UNO Synth Pro

IK Multimedia「UNO Synth Pro」。写真は37鍵フル・キーボード・モデル

IK Multimediaから大注目の新製品が登場します。イタリアのモジュラー・メーカー、Soundmachinesとのコラボレーションで開発された「UNO Synth Pro」は、人気のUNO Synthをさらに進化させた本格アナログ・シンセサイザー。3音パラフォニックでの使用にも対応した3基のオシレーターと、2種類のステートバリアブル・フィルターを搭載し、IK Multimediaによれば、“考えられるアナログ・シンセサイザーの音色、そのほぼすべてを作り出せる仕様になっている”とのこと。Fatar製の高品質なキーボードを搭載した37鍵フル・キーボード・モデル(製品名は「UNO Synth Pro」)と、コンパクトな32鍵タッチ・キーボード・モデル(製品名は「UNO Synth Pro Desktop」)の2製品がラインナップされるのもポイントです(2モデルの機能はほぼ同一)。

IK Multimedia - UNO Synth Pro

コンパクトな32鍵タッチ・キーボード・モデル(製品名は「UNO Synth Pro Desktop」)

UNO Synth Pro」の音源となるのは、完全ディスクリート回路の3基のオシレーター(+ホワイト・ノイズ・ジェネレーター)で、高性能ウェーブシェイパーによって波形(鋸波/三角波/矩形波)を連続的にモーフィングできる仕様になっているのが特徴。PWM/シンク/FM/リング・モジュレーションにも対応し、先述のとおり3音パラフォニックで使用することもできます。オシレーター・セクションの後段には、UNO Synthの流れを汲むOTAデザインの2ポール・マルチモード・フィルターに加え、SSIデザインの2/4ポール・ローパス・フィルターを搭載。SSIフィルターは、レゾナンスを上げると自己発振する仕様になっており、OTAフィルターとはまったく違うタイプの性質を持っているとのこと。OTAフィルターとSSIフィルターの接続は、シリアル/パラレル/位相反転など24種類の中から選択でき、この2タイプのフィルターの使いこなしが音作りの肝になると言っていいでしょう。最後段には12種類のプロセッサーをアサインできる3基のデジタル・エフェクターと、音色をサチュレートできるアナログ・ドライブも装備。フィルターとデジタル・エフェクター/アナログ・ドライブは、背面に備わったオーディオ入力によって、外部信号を処理することも可能になっています。

IK Multimedia - UNO Synth Pro

2系統のCV/Gate端子により、モジュラーシンセとの連携にも対応

モジュレーション・ソースは、ADSRエンベロープ(ループ対応)と6波形のLFOを2基ずつ搭載。ADSRエンベロープはフィルター・カットオフとVCAにアサインされていますが、16スロットのモジュレーション・マトリクスによって、任意のパラメーターの変調用に使うこともできます。また、64ステップのシーケンサーと10モードのアルペジエーターも内蔵し、シーケンサーは最大40種類(!)のパラメーター・オートメーション、アルペジエーターは『コード・モード』によってパラフォニック発音にも対応。シーケンサー/アルペジエーターともに、外部同期にも対応します。

IK Multimedia - UNO Synth Pro

非常にコンパクトなタッチ・キーボード・モデルの「UNO Synth Pro Desktop」

“Pro”という製品名に相応しく、ステレオ・オーディオ出力はTRSフォーン端子のバランス仕様で、「UNO Synth Pro」には高品質なFatar製キーボードを搭載。MIDI端子やUSB端子に加え、CV/Gate端子を2系統装備しているのもポイントで、人気のモジュラーシンセとの連携も考慮した設計になっています。シーケンサーのパラメーター・オートメーションをCV/Gate端子から出力することもできるようなので、高機能なCVシーケンサー/モジュレーション・ソースとしても活躍してくれそうです。

UNO Synth Pro」の主な特徴は、以下のとおりです。

IK Multimediaが満を持して送り出す新型アナログ・シンセサイザー、「UNO Synth Pro」。発売は2021年第1四半期予定で、価格はオープン・プライス、税別市場想定価格はフル・キーボード・モデルの「UNO Synth Pro」が84,800円前後、タッチ・キーボード・モデルの「UNO Synth Pro Desktop」が51,800円前後となっています。さらなる詳細は、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

IK Multimedia - UNO Synth Pro

Ableton、「Live 11」の販売を開始…… 多くのアーティストが愛用する音楽制作ソフトウェアがさらに進化

Daft Punkの1997年/2007年のライブでの使用機材を描いたオリジナル・ポスターが販売中

IK Multimedia、スマホやデジタル一眼でXLRマイク入力を実現する便利デバイス、「iRig Pre 2」を発表…… 流行のClubhouseでも活躍

2ミックスのドラムだけを除去/ブーストできる画期的なプラグイン、Zynaptiq「UNMIX::DRUMS」が半額の9,900円で販売中

トップ・エンジニア 杉山勇司氏が講師を務めたミックス/マスタリング・セミナーが、YouTubeで全編視聴可能に

Ableton、「Live 11」を2月23日にリリースすると発表…… 実施中の20%OFFプロモは「Live 11」発売と同時に終了

時間軸で音色をダイナミックに変化できるフィルター・プラグイン、Caelum Audio「Flux Mini」が無料ダウンロード開始

ビデオ・アーティスト/VJのための実験ツール、Cat Full of Ghosts Electronics「VIDEO XCHNG」が発売

UVI、デュアル・レイヤーを採用した究極のチップチューン音源、「8-Bit Synth」をリリース…… 2月8日まで40%OFFで販売中

グラミー・エンジニア、アル・シュミットがボーカル録音と楽器録音、マイクの特性について解説した書籍が刊行

NYのトラックメイカー、ピーター・バークが新作のサンプルパックの無料配布を開始…… ローファイ・ヒップホップにも使える珠玉のサンプルパック

ボス、技クラフトの新作「TB-2W」を限定発売…… 伝説のファズ Tone Bender Mk IIを現代の技術で再構築

コルグ、KORG Gadget 2 Pluginsをアップデート…… Windows版とMac版の6種類のガジェットがNKSに対応

手のひらサイズのBuchla? かわいいデザインの小型モジュラーシンセ、Modern Sounds「Pluto」がデビュー

teenage engineering pocket operator modular 16をEurorackモジュール化できるキット、Grayscale「POKIT」が発売

Universal Audio、『UAD』のモデリング・エフェクトを足元で実現する新世代ストンプ、「UAFX」ペダルを発表

IKEAとLEGOがコラボレーション、レゴブロックを組み立てられる収納ボックス、「BYGGLEK」が発売

今週日曜日、完全マシン・オンリーのテクノ・イベント『OHM』が開催…… 5組のアーティストが出演

ICON