Feature Image

PROGRAMMING

SuperColliderでTR-808を再現するプログラム「SC-808」…… 808サウンドを自分好みにチューニング可能

プログラマーのYoshinosuke Horiuchiが、SuperColliderでローランド TR-808を再現するプログラム、「SC-808」を公開しました。

Yoshinosuke Horiuchi - SC-808 for SuperCollider

Yoshinosuke Horiuchi「SC-808」

Mac/Windows/Linuxに対応したオープンソースの音響プログラミング環境、SuperCollider。音響研究/アルゴリズム作曲用のツールとしてはもちろんのこと、リアルタイム性に非常に優れていることから、ライブ・コーディング用フレームワークとしても多くの人に愛用されています(SuperColliderについて詳しくは、公式Webサイトをご覧ください。無料で利用することができます)。

Yoshinosuke Horiuchiが公開した「SC-808」は、SuperColliderでローランド TR-808を再現するプログラム。すべての音色は、サンプルの再生ではなくリアルタイムに生成され、付属のマニュアルではそのアルゴリズムが詳細に解説されています。もちろんSuperColliderのプログラムですので、ソース・コードに手を加えて、自分好みにカスタマイズすることも可能。Yoshinosuke HoriuchiはWebサイトで、“これまででもっとも柔軟でカスタマイズできる808”とアピールしています。

Yoshinosuke Horiuchi - SC-808 for SuperCollider

808サウンドをSuperCollider上で自由にカスタマイズ可能

SC-808」を使用するには、まずはSuperColliderをインストールします。そしてSuperColliderを立ち上げ、ダウンロードした“SC-808.scd”という名前のファイルを開きます。すると左側のエディターに「SC-808」のソース・コードが表示されますので、頭の4行(“(//booting a server〜〜〜”で始まる4行)を選択し(最初の“(”をクリックすれば、簡単に選択できます)、Command+Enter(Mac)/Ctrl+Enter(Windows)を押してサーバーを起動。次に、“(//launch sc808〜〜〜”で始まるソース・コードをすべて選択して、同じようにCommand+Enter(Mac)/Ctrl+Enter(Windows)を押して「SC-808」を立ち上げます。「SC-808」の起動が成功すれば、自動的にGUIが表示され、下部のボタンをクリックすると音が鳴るはず。もちろん「SC-808」は、外部からのMIDIコントロールに対応しており、同時に立ち上げたDAWから発音させることも可能。ソフトウェア音源として利用することができます。

Yoshinosuke Horiuchiによれば、「SC-808」の開発はロックダウン中に行われ、いまだに困難な状況に直面していることを受け、無料での公開を決めたとのこと。今後はプラグインの開発にフォーカスし、大学で音楽とソフトウェアについて学びたいとのことで、Patreonでサポーターの募集も行なっています(Patreonのサポーターには、8月末に「SC-808 Advanced」を提供予定とのこと)。さらなる詳細は、こちらのページをご覧ください。

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

コルグ、新型「volca sample」を発表…… USB端子の搭載により、パソコンとの連携がスムーズに

コルグ、人気のミュージック・ワークステーション「i3」に、マット・シルバーの新色をラインナップ

’80sホーム・コンピューターの名機、ZX Spectrumを現代に蘇らせた「ZX Spectrum Next Issue 2」

PreSonus、次世代の無料DAW「Studio One 5 Prime」の提供を開始…… Studio One 5の新機能を搭載し、さらに進化

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

究極のファミコン互換機の最終モデル、Analogue「Nt mini Noir」が数量限定で再販…… このあと0時から

ローランド、TR-8Sをバージョン2にアップデート…… FM音源が新たに追加され、音色のバリエーションが拡大

1月の『The NAMM Show』の中止が決定…… 写真で振り返る今年の『The NAMM Show』

ICON