Feature Image

NEWS

IK Multimedia、物理モデリング・ドラム音源「MODO DRUM」を発表…… MODO BASSに続く“MODO”シリーズ第二弾が登場

IK Multimediaが新製品、「MODO DRUM」を発表しました。

IK Multimedia - MODO DRUM

世界中で大ヒットを記録した MODO BASSに続く、“MODO”シリーズ第二弾となる「MODO DRUM」は、フィジカル・モデリングを採用したドラム音源ソフトウェア。独自のモーダル・シンセシス・テクノロジーによって音色をリアルタイムに生成するアルゴリズムにより、あらゆるドラム・サウンドをかつてないレベルで生々しく再現します。根幹となる物理モデルはMODO BASS同様、かのガリレオ・ガリレイが教授を務めたことで知られるパドヴァ大学(1222年創立)と共同で、約11年もの歳月を投じて開発されたものとのこと。IK Multimediaによれば、フィジカル・モデリングを音を生成するドラム音源ソフトウェアは、「MODO DRUM」が史上初になるとのことです(なお、ハイハット/シンバル関係は、フィジカル・モデリングではなくサンプリングを採用しているとのこと。IK Multimediaによれば、当初はハイハット/シンバル関係もフィジカル・モデリングを採用する予定だったものの、金物に関してはサンプリングの方が音色がリアルだったため、ハイブリッド仕様になったとのことです)。

IK Multimedia - MODO DRUM

MODO DRUM」は、ロック向けのキットやジャズ向けのキット、ヘヴィ・メタル向けのキットなど、さまざまなジャンルに対応するドラム・キットを計10種類収録。もちろん任意のキットを選択するだけでなく、音色をエディットすることも可能で、ヘッドやシェルの種類、ヘッドのチューニング/ダンピング、シェルの直径/深さ、スネアのスナッピー/テンション、キックの共振、アンビエンス・マイクなど、細かいパラメーターが用意されています。さらにはドラム・キットのパラメーターだけでなく、それを叩く“ドラマーのふるまい”まで設定することができ、スティックで叩くヘッドの位置や範囲なども設定することが可能。スティックの材質や形状、ペダルのピーターの材質、さらには同音連打時のラウンド・ロビンなども設定できるため、イメージするドラム・サウンドを忠実に再現することができます。

IK Multimedia - MODO DRUM

MODO DRUM」の発売は2019年8月予定で、beatcloudでは本日よりイントロ価格での予約受付がスタート。イントロ価格は、フル・バージョンが35,630円(通常価格:47,510円)、クロスグレード版が23,750円(通常価格:35,630円)となっています(クロスグレード版は、99.99ドル/99.99ユーロ以上のIK Multimedia製品を登録しているユーザーが購入可能)。詳しくは、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

香港発の強力なデジタル・シンセサイザー「HYDRASYNTH」がデビュー…… 元Arturia/元Novationのスタッフが開発

Buchla、MIDI対応のデスクトップ音源、「Easel Command Module」を発表…… 30万円台で手に入るBuchlaが登場

コルグ、ポケモンの人気キャラクターをドット絵でデザインしたチューナー/メトロノームを限定発売

ローランド、歴代名機の音色を網羅した“ドリーム・シンセ”、「JUPITER-X」を発表…… 小型版の「JUPITER-Xm」もラインナップ

コルグ、上質なブラック・ラバー塗装を採用、88鍵ピアノ・タッチの新型シンセ、「KROSS 88 MB」を発表

コルグ、手のひらサイズのマイクロ・シンセ「NTS-1 digital kit」を発表…… 約1万円で買える本格デジタル・シンセ

Waves、対象製品を合計6,000円以上購入した人に、希望のバンドル製品を無償進呈するユニークなプロモーションを開始

Ableton、Live Lite/Live Introからのアップグレード製品を最大12,000円OFFで販売するプロモーションを開始

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

ICON