Feature Image

NEWS

Moog、強力なスペックの新型ポリフォニック・シンセ「Moog One」を準備中? Eventide製リバーブも搭載

SYNTH ANATOMYなど複数のWebメディアが報じるところによると、Moog Musicは「Moog One」と呼ばれる新型シンセサイザーを準備しているもようです。

Moog Music - Moog One (Rumor)

噂の発端は、情報を知る人間によるGearslutzへの書き込みで、新製品「Moog One」は16ボイス仕様と8ボイス仕様の2モデルがラインナップされるポリフォニック・シンセサイザー(!)とのこと。最大3パートのマルチティンバー仕様で、Eventide製のデジタル・リバーブも搭載するなど、これまでに無いフィーチャーを備えた製品に仕上がっているようです。今回リークされた情報は詳細で、MATRIXSYNTHによればMoog Musicは「Moog One」という名前を商標登録しているとのことなので、かなり信憑性の高い情報と言えそう。さらにSYNTH ANATOMYは、「アナログ音源をLinuxで制御する設計になっているのではないか」とも予想しています。

リークされている「Moog One」の特徴は以下のとおりです。

なかなか強力なスペックの「Moog One」ですが、価格も凄そうで、リーク情報によると16ボイス・モデルは7,999ドル、8ボイス・モデルは5,999ドルが予定されているとのこと。完全にMoog Musicのフラッグシップ・シンセサイザーという位置付けの製品のようです。なお、シンセサイザー関連の大きな展示会としては、9月初旬に毎年恒例の『Knobcon』(アメリカ・シカゴ)が予定されています(今週末、『Summer NAMM 2018』が開催されますが、出展社リストにMoog Musicの名前はありませんでした)。

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON