Feature Image

NEWS

Moog、強力なスペックの新型ポリフォニック・シンセ「Moog One」を準備中? Eventide製リバーブも搭載

SYNTH ANATOMYなど複数のWebメディアが報じるところによると、Moog Musicは「Moog One」と呼ばれる新型シンセサイザーを準備しているもようです。

Moog Music - Moog One (Rumor)

噂の発端は、情報を知る人間によるGearslutzへの書き込みで、新製品「Moog One」は16ボイス仕様と8ボイス仕様の2モデルがラインナップされるポリフォニック・シンセサイザー(!)とのこと。最大3パートのマルチティンバー仕様で、Eventide製のデジタル・リバーブも搭載するなど、これまでに無いフィーチャーを備えた製品に仕上がっているようです。今回リークされた情報は詳細で、MATRIXSYNTHによればMoog Musicは「Moog One」という名前を商標登録しているとのことなので、かなり信憑性の高い情報と言えそう。さらにSYNTH ANATOMYは、「アナログ音源をLinuxで制御する設計になっているのではないか」とも予想しています。

リークされている「Moog One」の特徴は以下のとおりです。

なかなか強力なスペックの「Moog One」ですが、価格も凄そうで、リーク情報によると16ボイス・モデルは7,999ドル、8ボイス・モデルは5,999ドルが予定されているとのこと。完全にMoog Musicのフラッグシップ・シンセサイザーという位置付けの製品のようです。なお、シンセサイザー関連の大きな展示会としては、9月初旬に毎年恒例の『Knobcon』(アメリカ・シカゴ)が予定されています(今週末、『Summer NAMM 2018』が開催されますが、出展社リストにMoog Musicの名前はありませんでした)。

Steinberg、多数の新機能を追加した「Cubase 10」を発表、ダウンロード販売を開始

WORLD SYNTHESIZER #47:世界初、猫の鳴き声を生成する“キャット・シンセサイザー”、2hp「Cat」が販売開始

ROLI BLOCKSを使用して“新しい楽器”を創造するイベント、『TOKYO BLOCKS HACKATHON』が今週末開催

コルグ、世界40カ国以上で販売されているStay Music製キーボード・スタンドの国内代理店業務を開始

WORLD SYNTHESIZER #46:北米で大ヒット中のMoogの新型シンセ、「Grandmother」の国内販売が開始

WORLD SYNTHESIZER #45:Moog Music、噂されていた新世代フラッグシップ・シンセ「Moog One」を正式発表

AKAI Professionalから、FL Studio専用コントローラー「Fire」が間もなく登場

メディア・インテグレーション、Waves Mercuryを実質142,800円で入手できる4日間限定プロモを開始

WORLD SYNTHESIZER #44:Make Noise、世界初の“3Dカルテシアン・シーケンサー”、第二世代「René」を発表

ローランド、ショルダー型キーボードの新製品、「AX-Edge」を発表

ローランド、人気のJUNOシリーズの最新モデル、「JUNO-DS76」を発表

Wave Alchemy、会社設立10周年を記念した大容量サンプル・パック、「10th Birthday Samples」を無償配付中

WORLD SYNTHESIZER #43:DAWとモジュラーのワイヤレス同期を実現する、Circuit Happy「The Missing Link」

Digital Systemic Emulations、名機カワイ K3を再現したソフト・シンセ、「K3-V Extended」の無償配布を開始

WORLD SYNTHESIZER #42:Din Sync、開発中の「RE-808」の回路をオープン・ソースで公開すると発表

PreSonus、Studio Oneネイティブ対応のパッド・コントローラー、「ATOM」を発表

ハイ・リゾリューション、他のDAWからDigital Performer 9へのクロスグレードを半額で販売中(100本限定)

WORLD SYNTHESIZER #41:70年代の図書館の家具をイメージした美しいモジュラー・ケース、Landscape「Library」

ICON