Feature Image

NEWS

Ableton LiveとPush、Prophet-6を使いこなすNYの宅録女子、Computer Magicの来日公演が決定!

今年3月、待望のセカンド・アルバム『Danz(ダンジー)』をリリースした宅録女子、Computer Magic(コンピューター・マジック)。その約2年半ぶりとなる来日公演が決定しました。

Computer Magic

Computer Magicは、ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動を行う、Danzことダニエル・ジョンソン(Danielle Johnson)のソロ・プロジェクト。歌唱から作詞/作曲、アレンジ、プログラミング、さらにはアートワークのデザインに至るまで、すべて一人で手がけてしまうスーパーな宅録女子です。2010年からComputer Magic名義で活動を開始した彼女は、これまで精力的に作品をリリースし、世界各地でライブを行なってきました。2015年には自身のレーベル、“Channel 9 Records”を立ち上げ、昨年はコーディー・クランプ(Cody Crump)とコラボレーションで、5曲入りEP『Only The Hits』を発表(Cody & Danz名義)。日本でも非常に人気が高く、日本オンリーの企画盤が数枚リリースされているほか、キユーピーやパナソニックといった大手企業のCM音楽も手がけています。

Computer Magic

Computer Magic『Danz』(P-VINE RECORDS / Tugboat Records)

そして今年3月、久々のフル・アルバム『Danz』をリリースしたComputer Magic。自身の愛称をタイトルにした今作は、全編原点回帰とも言えるニュー・ウェービーなシンセ・ポップで、彼女の魅力が凝縮されたすばらしい1枚となっています。現在、1曲目の『Amnesia』(ショート・バージョン)、3曲目の『Ordinary Life(Message From an A.I. Girlfriend)』、6曲目の『Perfect Game』のミュージック・ビデオがYouTubeで公開されていますので、ぜひチェックしてみてください。

『Amnesia』(ショート・バージョン)

『Ordinary Life(Message From an A.I. Girlfriend)』

『Perfect Game』

ちなみに彼女の制作の中心となるのは、Ableton LivePushで、他にはDave Smith Instruments Prophet-6Moog Music MinitaurMother-32といったハード・シンセが多用されています。彼女のサウンド・メイクはアメリカ本国でも評価されており、インディー・アーティストながら、先日はDave Smith InstrumentsのWebサイトにもインタビュー記事が掲載されました。この記事に合わせ、自身のYouTubeチャンネルでは、Ableton PushProphet-6によるシンセ・シーケンスのチュートリアル・ビデオも公開されていますので、こちらもぜひチェックしてみてください。また、少し前にはiZotopeの新製品、VocalSynth 2のオリジナル・プリセットも公開され、こちらは同社のWebサイトから無償でダウンロードできます

Computer Magic

Computer Magicのプライベート・スタジオ

Ableton PushとProphet-6を使用したシンセ・シーケンスのチュートリアル・ビデオ

そんなComputer Magicの来日公演は、来月東京と大阪で開催。7月21日(土)が大阪・Conpass、7月22日(日)が東京・Circus Tokyo、7月24日(火)が東京・WWWというスケジュールになっています。詳しくは、主催のTugboat RecordsのWebサイトをご覧ください。

Computer Magic

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON