Feature Image

DAW & PLUG-IN

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

Appleは昨日、スペシャル・イベントを開催。M2チップを搭載した新型iPad AirM4チップを搭載した新型iPad Proとともに、Logic Proの新バージョンを発表しました。MacのためのLogic Proのバージョン・ナンバーは11となり、2013年7月のLogic Pro Xのリリース以来、約11年ぶり(!)のメジャー・バージョン・アップということになります。

Apple - Logic Pro 11 / Logic Pro 2

Mac版は実に約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなったLogic Pro 11

今回アナウンスされたのは、Mac用の「Logic Pro 11」(Appleは、“MacのためのLogic Pro 11”と呼んでいます)と、iPad用の「Logic Pro 2」(Appleは、“iPadのためのLogic Pro 2”と呼んでいます)の2製品。いずれもまだリリースされておらず、App Storeでは2024年5月13日から提供が開始されるとのことです。

Apple - Logic Pro 11 / Logic Pro 2

iPadのためのLogic Proも「Logic Pro 2」としてバージョン・アップされた

新しいLogic Proの最大のフィーチャーは、AI(人工知能)を活用した強力な作曲支援機能の導入。これまでもLogic Proには、『Drummer』というドラム・パターン作成支援機能が備わっていましたが、新しいLogic Proでは、ベース・パターンの作成を支援する『Bass Player』と、キーボード・パターンの作成を支援する『Keyboard Player』という2つの機能が追加されました。どちらも一流のミュージシャンとのコラボレーションによって開発された機能とのことで、『Bass Player』は8種類のプレーヤー、『Keyboard Player』では4種類のスタイルの中から任意のものを選択することが可能。コード・トラックのコード進行に合わせて、ほぼ無限のバリエーションでフレーズを生成してくれます。もちろん、ユーザー・サイドで生成されるフレーズをモディファイすることもでき、たとえば『Bass Player』では、“スライド”、“ミュート”、“デッド・ノート”、“ピックアップ・ヒット”といったパラメーターを設定することが可能。『Keyboard Player』は、シンプルなブロック・コードから複雑なボイシングのコードまで、あらゆるフレーズの生成が可能になっているとのことです。

Apple - Logic Pro 11 / Logic Pro 2

ベース・パターンを生成する新機能、『Bass Player』

Apple - Logic Pro 11 / Logic Pro 2

キーボード・パターンを生成する新機能、『Keyboard Player』

AIを活用したLogic Proの新機能は、これだけではありません。ミックスされたオーディオを解析して、“ボーカル”、“ベース”、“ドラム”、“その他の音源”という4つのパートに分割する『Stem Splitter』という機能も搭載されました。この機能を使えば、2ミックスからボーカルだけを抽出したり、別のドラムに差し替えたりといったことが可能に。Appleによれば、AIとAppleシリコンの高い処理能力によって、実行速度もかなり速くなっているとのことです。

Apple - Logic Pro 11 / Logic Pro 2

ミックスされたオーディオを4パートに分割する新機能、『Stem Splitter』

さらには、トラックに温かみや存在感を付加する『ChromaGlow』という新機能も搭載。『ChromaGlow』は、業務スタジオで使用されている“複数の機器の組み合わせ”をモデリングした機能とのことで、トラックに合わせて、5種類のサチュレーション・スタイルを選択することが可能。これも、AIとAppleシリコンをフル活用することで実現した機能とのことです。

Apple - Logic Pro 11 / Logic Pro 2

トラックに温かみや存在感を付加する新機能、『ChromaGlow』

Mac用の「Logic Pro 11」は、macOS Ventura 13.5以降に対応し、App Storeでの新規購入価格は30,000円。iPad用の「Logic Pro 2」は、iPad OS 17.4以降に対応し、月々700円あるいは年間7,000円のサブスクリプションとして提供されます。どちらも既存ユーザーには、無償で新バージョンが提供されるとのこと。さらなる詳細は、AppleのWebサイトをご覧ください。

iZotopeのAIミキシング・ツール、Neutron 4 Elementsが期間限定で無償配布中

iZotope、「RX 11」を発表…… ラウドネスを自動で最適化、SpotifyやApple Musicの配信音質をシミュレートする機能も搭載

Apple、Logic Proの約11年ぶりのメジャー・バージョン・アップとなる「Logic Pro 11」を発表…… フレーズ生成やステム分割など、AIを活用した新機能を多数搭載

LEWITT、誰でも簡単に理想的なサウンドでレコーディングが行える新世代オーディオ・インターフェース、「Connect 2」を発表

ローランド、新型フラッグシップ・シンセ、「FANTOM EX」シリーズを発表…… SH-101やJUPITER-8のACB音源を標準搭載

歌い手との距離をセンサーで測定し、音量と音色を自動で補正する“オートフォーカス・マイク”、LEWITT「RAY」がデビュー

Universal Audio、テープ・レコーダーをモデリングした新作プラグイン「Verve Analog Machines Essentials」を無償配布中…… 4月30日まで

Amigaをギター用ストンプとして使う…… Magical Synth Adventure、A500をエフェクターとして使用するビデオを公開

『Maxサマースクール・イン・藝大 2024』が7月29日から8月2日の日程で開催…… Maxの生みの親であるミラー・パケット氏、IRCAMの研究者も参加

ソニーの業務用モニター、PVMシリーズのミニチュア液晶モニターが登場…… 5インチと3.5インチの2モデルがラインナップ

IK Multimedia、珠玉の“メタル・トーン”を再現する「TONEX Metal Gems」をリリース…… Peavey 5150やSoldano SLO-100などを忠実にモデリング

シングルボードコンピュータをモジュール化した“Eurorack PC”、「PAC BOT」…… モジュラーシンセの中でDAWやプラグインを使用することが可能に

ストンプ・メーカーが作ったJUNO/Polysixインスパイアのバーチャル・アナログ・シンセ、VONGON「REPLAY」がデビュー

Amiga独特のローファイでクラッチーなサウンドを再現するプラグイン・サンプラー、PotenzaDSP「Amigo」がリリース

ディストーション・プラグインの傑作、iZotope「Trash」が復活…… 無償版の「Trash Lite」も提供されるように

ボタンとジョイスティックでコードを演奏できるポケット・シンセ、Pocket Audio「HiChord」が誕生

Waves、入力音のダイナミクスでエフェクトを変調できる、これまでにない空間系複合プロセッサー「Space Rider」を発売

Arturia、「Pigments 5」を発表…… マルチ・コア処理に最適化、1クリックでメロディーを生成するジェネレーティブ機能も搭載

ICON