Feature Image

NEW PRODUCT

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

Universal Audioが、新型オーディオ・インターフェース「Apollo Solo(アポロ・ソロ)」を発表。日本でも本日(2020年8月12日)より販売が開始されます。

Universal Audio - Apollo Solo

Universal Audio「Apollo Solo」

Arrowの事実上の後継機となる「Apollo Solo」は、『UAD』機能を搭載した新しいデスクトップ型オーディオ・インターフェース。Thunderbolt 3接続モデル(名称は「Apollo Solo」)とUSB 3.0接続モデル(名称は「Apollo Solo USB」。こちらはWindowsのみ対応)の2モデルがラインナップされ、使用する環境に合わせてセレクトすることができます。オーディオ・インターフェースとしての基本スペックは、アナログ2ch入力/4ch出力(2系統のライン出力+ヘッドフォン出力)、24bit/192kHz対応という仕様で、入力は2系統のマイク/ライン入力(XLR/フォーン兼用のコンボ端子)に加え、エレクトリック・ギターなどをダイレクトに接続できるHi-Z入力も装備。パネルには、マイク・プリアンプの各パラメーターの専用スイッチと大型のボリューム・ノブが備わっており、直感的にレコーディングが行えるデザインになっています。

Universal Audio - Apollo Solo

「Apollo Solo」のパネル。左側にはマイク・プリアンプの各パラメーターの専用スイッチ、右側には大型のボリューム・ノブを装備

Universal Audio - Apollo Solo

「Apollo Solo」の背面(Thunderbolt 3接続モデル)。2系統のマイク/ライン入力(XLR/フォーン兼用のコンボ端子)とライン出力を装備

他社のオーディオ・インターフェースと比較した「Apollo Solo」の最大の特徴は、何と言ってもパワフルなDSPによる『UAD』機能と、ヴィンテージ機材の特性を入力段で再現する『Unison』マイク・プリアンプを2基搭載している点。コンピューターに負荷をかけずに高品位なエフェクト処理が行える『UAD』機能は、今や世界中のプロフェッショナルの間では無くてはならない機能になっているのはご存じのとおりです。加えて、Universal Audio謹製のDAWソフトウェア、『LUNA』の存在も「Apollo Solo」の大きなフィーチャーのひとつ。LUNAは、ヴィンテージ・コンソール/MTRのサウンドまでも再現する統合型の“レコーディング・プラットフォーム”であり、Moog公認のMinimoogなど、高品位なソフト音源が利用できるというのもポイントです(現時点で『LUNA』は、Mac/Thunderbolt環境のみサポート)。

Universal Audio - Apollo Solo

Universal Audio謹製のDAWソフトウェア、『LUNA』が利用できるのは「Apollo Solo」の大きな魅力

Apollo Solo」の主な特徴は、以下のとおりです。

パワフルな『UAD』機能と『Unison』マイク・プリアンプ、そして新世代のDAWソフトウェア『LUNA』を低価格で導入できる「Apollo Solo」。市場実勢価格は、Thunderbolt 3接続の「Apollo Solo」もUSB 3.0接続の「Apollo Solo USB」も同じ54,000円(税別)で、Arrowよりもさらに低い価格設定になっています。詳細は、フックアップのWebサイトをご覧ください。

入力音に“音楽的なキャラクター”を付加できる無料のコンプレッサー・プラグイン、Tokyo Dawn Records「TDR Molotok」

u-heの無料ソフト・シンセ「Zebralette」がアップデート…… UIが刷新され、操作性/視認性が大幅に向上

Novation、Aphex Twinが“リミックス”した新型シンセサイザー、「AFX Station」を発表

ローランド、TR-606プラグインを発売…… 強力なシーケンサーを搭載、音色ごとにチューニングとディケイをコントロール可能

Soma Laboratory LYRA-8を再現した無料のソフトシンセ「LIRA•8」…… 延々と遊べる“ソフトウェア・ドローン・マシン”

ローランド、新型リズム・マシン「TR-6S」を発表…… TR-8Sと同等の音源を搭載しながら、コンパクト・サイズと低価格を実現

ポルトガルの女性ビルダーが製作するガジェット系電子楽器、SISMOが日本に上陸…… 1万円台で買える、ハイセンスなマシンたち

Zynaptiq「PITCHMAP」が75%OFFの9,900円で販売中…… 2ミックスの特定の音のピッチを変えられる魔法のプラグイン

YouTubeを見ながらギター演奏/音色エディットが行える超小型マルチ・エフェクター、ボス「Pocket GT」

70種類のプロセッサーを搭載、複合処理が簡単に行える“バーチャル・ラック”、IK Multimedia「MixBox」が発売

完全無料のPro Tools、「Pro Tools | First」がアップデートされ、Ableton Linkに対応…… 他のアプリとのワイヤレス同期が可能に

Arturia、新型キーボード「KeyStep 37」を発表…… コードを表現力豊かに入力できる、強力な『Chord Mode』を搭載

コルグ、次世代の配信システム『Live Extreme』を発表…… 4K映像と最高384kHzのPCM/5.6MHzのDSDに対応

Endorphin.es、TR-909インスパイアのドラム音源、「Queen of Pentacles」を発表…… デジアナ・ハイブリッド音源を搭載

TR-909の音色とパターンを2,020種類収録した無料のサンプルパック、『ULTIMATE 909』

Native Instruments、単体で使用できるMASCHINE、「MASCHINE+」を発表…… MASSIVEやFM8もPCなしで動作

Native Instruments、「KOMPLETE 13」を発表…… AIモデリングの「GUITAR RIG PRO 6」、世界で最も貴重な弦楽器を音源化した「CREMONA QUARTET」を追加

Arturia、16バンド・ボコーダーを搭載した限定版MicroFreak、「MicroFreak Vocoder Edition」を発表

ICON