Feature Image

NEW PRODUCT

Universal Audio、UAD機能を搭載した新しい低価格オーディオ・インターフェース、「Apollo Solo」を発表

Universal Audioが、新型オーディオ・インターフェース「Apollo Solo(アポロ・ソロ)」を発表。日本でも本日(2020年8月12日)より販売が開始されます。

Universal Audio - Apollo Solo

Universal Audio「Apollo Solo」

Arrowの事実上の後継機となる「Apollo Solo」は、『UAD』機能を搭載した新しいデスクトップ型オーディオ・インターフェース。Thunderbolt 3接続モデル(名称は「Apollo Solo」)とUSB 3.0接続モデル(名称は「Apollo Solo USB」。こちらはWindowsのみ対応)の2モデルがラインナップされ、使用する環境に合わせてセレクトすることができます。オーディオ・インターフェースとしての基本スペックは、アナログ2ch入力/4ch出力(2系統のライン出力+ヘッドフォン出力)、24bit/192kHz対応という仕様で、入力は2系統のマイク/ライン入力(XLR/フォーン兼用のコンボ端子)に加え、エレクトリック・ギターなどをダイレクトに接続できるHi-Z入力も装備。パネルには、マイク・プリアンプの各パラメーターの専用スイッチと大型のボリューム・ノブが備わっており、直感的にレコーディングが行えるデザインになっています。

Universal Audio - Apollo Solo

「Apollo Solo」のパネル。左側にはマイク・プリアンプの各パラメーターの専用スイッチ、右側には大型のボリューム・ノブを装備

Universal Audio - Apollo Solo

「Apollo Solo」の背面(Thunderbolt 3接続モデル)。2系統のマイク/ライン入力(XLR/フォーン兼用のコンボ端子)とライン出力を装備

他社のオーディオ・インターフェースと比較した「Apollo Solo」の最大の特徴は、何と言ってもパワフルなDSPによる『UAD』機能と、ヴィンテージ機材の特性を入力段で再現する『Unison』マイク・プリアンプを2基搭載している点。コンピューターに負荷をかけずに高品位なエフェクト処理が行える『UAD』機能は、今や世界中のプロフェッショナルの間では無くてはならない機能になっているのはご存じのとおりです。加えて、Universal Audio謹製のDAWソフトウェア、『LUNA』の存在も「Apollo Solo」の大きなフィーチャーのひとつ。LUNAは、ヴィンテージ・コンソール/MTRのサウンドまでも再現する統合型の“レコーディング・プラットフォーム”であり、Moog公認のMinimoogなど、高品位なソフト音源が利用できるというのもポイントです(現時点で『LUNA』は、Mac/Thunderbolt環境のみサポート)。

Universal Audio - Apollo Solo

Universal Audio謹製のDAWソフトウェア、『LUNA』が利用できるのは「Apollo Solo」の大きな魅力

Apollo Solo」の主な特徴は、以下のとおりです。

パワフルな『UAD』機能と『Unison』マイク・プリアンプ、そして新世代のDAWソフトウェア『LUNA』を低価格で導入できる「Apollo Solo」。市場実勢価格は、Thunderbolt 3接続の「Apollo Solo」もUSB 3.0接続の「Apollo Solo USB」も同じ54,000円(税別)で、Arrowよりもさらに低い価格設定になっています。詳細は、フックアップのWebサイトをご覧ください。

大注目の宅録アーティスト、イロハが語るLogic Pro、Sibelius、Pro Toolsを使用した楽曲制作ワークフロー

IK Multimedia、8種類のRATIOカーブを選択できる万能コンプレッサー、「T-RackS Comprexxor」を発売

IK Multimedia、定番オーケストラ音源の「Miroslav Philharmonik 2」を約80%OFFで販売するセールを開始

IK Multimedia、“テープ系プラグイン”を網羅した特別バンドル、「Power Reels Collection」を発売…… 4月12日まで80%OFF

Audacity 3.0.0が公開…… 完全無料の波形編集ソフトウェアが約10年ぶりにメジャー・バージョン・アップ

ボス、ギター・アンプを角度を付けてセッティングできる折り畳み式スタンド、「BAS-1」を発売

Ableton、「Live 11」の販売を開始…… 多くのアーティストが愛用する音楽制作ソフトウェアがさらに進化

Daft Punkの1997年/2007年のライブでの使用機材を描いたオリジナル・ポスターが販売中

IK Multimedia、スマホやデジタル一眼でXLRマイク入力を実現する便利デバイス、「iRig Pre 2」を発表…… 流行のClubhouseでも活躍

2ミックスのドラムだけを除去/ブーストできる画期的なプラグイン、Zynaptiq「UNMIX::DRUMS」が半額の9,900円で販売中

トップ・エンジニア 杉山勇司氏が講師を務めたミックス/マスタリング・セミナーが、YouTubeで全編視聴可能に

Ableton、「Live 11」を2月23日にリリースすると発表…… 実施中の20%OFFプロモは「Live 11」発売と同時に終了

時間軸で音色をダイナミックに変化できるフィルター・プラグイン、Caelum Audio「Flux Mini」が無料ダウンロード開始

ビデオ・アーティスト/VJのための実験ツール、Cat Full of Ghosts Electronics「VIDEO XCHNG」が発売

UVI、デュアル・レイヤーを採用した究極のチップチューン音源、「8-Bit Synth」をリリース…… 2月8日まで40%OFFで販売中

グラミー・エンジニア、アル・シュミットがボーカル録音と楽器録音、マイクの特性について解説した書籍が刊行

NYのトラックメイカー、ピーター・バークが新作のサンプルパックの無料配布を開始…… ローファイ・ヒップホップにも使える珠玉のサンプルパック

ボス、技クラフトの新作「TB-2W」を限定発売…… 伝説のファズ Tone Bender Mk IIを現代の技術で再構築

ICON