Feature Image

NEWS

Cycling ’74 Max/Ableton Liveと、Eurorackモジュラーを組み合わせたAkihiko Matsumotoのライブ・システム

今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音において、気鋭の4人のアーティストが出演する新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント、『SOURCE CORD』が開催。出演アーティストは、machìnaAkihiko Matsumoto、Taro Aiko(ENDON / M.A.S.F.)、Shintaro Kamijyo a.k.a syntaxの4人で、Eurorackの新しい可能性を見せてくれるイベントになりそうです。

SOURCE CORD

イベントの発起人の一人であるAkihiko Matsumotoは、多くのアーティストの作品にサウンド・プログラマーとして参加し、また音に関わる大手企業や研究機関の仕事も数多く請け負っている気鋭のアーティスト。2016年にはピアノをフィーチャーしたファースト・アルバム『Preludes for Piano Book I』を発表し、大きな注目を集めました。クリエイティブ・ワークショップ『RESONANCE』の主宰者としても知られています。

SOURCE CORD

Akihiko Matsumoto

Cycling ’74 Maxの使い手でもあるAkihiko Matsumotoは、コンピューターに欠けている“フィジカル・コンタクト”を補うツールとして、数年前からEurorackモジュラーの使用を開始。「今やMaxとAbleton Liveがあれば、ほとんどのアイディアを具現化することができますが、コンピューターは頭に浮かんだイメージをパッと形にすることができない。ライブで誰かとセッションした際、相手が発した音に対して、“こういう音を返したい”と思っても、コンピューターだけではイメージした音を瞬時に出すことができないんです。そんなこともあって使い始めたのがEurorackモジュラーで、ぼくは自作のMaxパッチとAbleton Liveを走らせたMacBook Proと併用しています。Eurorackモジュラーだけですべてをやるということにこだわっていません」(Akihiko Matsumoto)

SOURCE CORD

Akihiko Matsumotoのセットアップ。MacBook ProとEurorackモジュラーの組み合わせ

Akihiko Matsumotoは、Expert Sleepers ES-3 mk4を使ってEurorackモジュラーを制御。ES-3 mk4は、ADATデジタル信号をCVに変換するモジュールで、これによって自作のMaxパッチとAbleton LiveからEurorackモジュラーをコントロールしています。また、日本では珍しいRavel Technology OWL Modularも使用。OWL Modularは、ARMプロセッサーを搭載したDSPモジュールで、Akihiko Matsumotoは自作のMax Genパッチをスタンドアローンで走らせるために使用しています。

SOURCE CORD

Akihiko MatsumotoのEurorackモジュラー。上段の右端が、コンピューターとEurorackモジュラーを結ぶExpert Sleepers ES-3 mk4。GM音源をEurorackモジュール化したExpert Sleepes General CVや、発売されたばかりのIndustrial Music Electronics Piston Honda mk3などもマウントされている

Max/MSP??? #モジュラーシンセ #modularsynth

Akihiki Matsumotoさん(@akihik0ma)がシェアした投稿 –

新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント『SOURCE CORD』。刺激的な音楽を求めている人、新しいモジュラー・プレイを堪能したい人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音で19時から。イベントについて詳しくは、神楽音のWebサイトもしくはFacebookイベントをご覧ください。

#rolandboutique #modularsynth #eurorack #ableton #maxmsp #tr08

Akihiki Matsumotoさん(@akihik0ma)がシェアした投稿 –

NAMM 2019: Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

NAMM 2019: Teenage Engineering、低価格/組み立て式のモジュラー・シンセ、「Pocket Operator Modular」を発表

コルグ、MIDIコン/シンセの購入者に、iZotope Ozone Elementsを無償進呈 〜 volca modularやminilogue xdも対象

NAMM 2019: Dubreq、完全なアナログ・シンセとして進化を遂げた“究極のStylophone”、「Stylophone Gen R-8」を発表

NAMM 2019: コルグ、Gadget PluginsがWindowsにも対応、さらに進化を遂げた「KORG Gadget 2」を発表

NAMM 2019: Akai Pro、PC無しで制作/ライブが行える、“スタンドアローンAbleton”的マシン「Force」を発表

NAMM 2019: コルグ、鮮やかなネオン・カラーの特別版KROSS、「KROSS Special Edition」を発表

NAMM 2019: IK Multimedia、ギター・レコーディングに最適化された革新的なオーディオIF、「AXE I/O」を発表

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、モジュラーの魅力が凝縮された新型volca、「volca modular」のすべて

NAMM 2019: コルグ、2種類の新型volca、「volca modular」と「volca drum」を発表

NAMM 2019: コルグ、アナログ音源にデジタル音源を融合した新世代ハイブリッド・シンセ、「minilogue xd」を発表

IK Multimedia、タブレットをマイク・スタンドや三脚にマウントするためのホルダーの最新モデル、「iKlip 3」を発表

ローランド、Amazon Alexaに対応した“声で操作できる”電子キーボード、「GO:PIANO with Alexa Built-in」を発表

ICON