Feature Image

NEWS

Cycling ’74 Max/Ableton Liveと、Eurorackモジュラーを組み合わせたAkihiko Matsumotoのライブ・システム

今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音において、気鋭の4人のアーティストが出演する新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント、『SOURCE CORD』が開催。出演アーティストは、machìnaAkihiko Matsumoto、Taro Aiko(ENDON / M.A.S.F.)、Shintaro Kamijyo a.k.a syntaxの4人で、Eurorackの新しい可能性を見せてくれるイベントになりそうです。

SOURCE CORD

イベントの発起人の一人であるAkihiko Matsumotoは、多くのアーティストの作品にサウンド・プログラマーとして参加し、また音に関わる大手企業や研究機関の仕事も数多く請け負っている気鋭のアーティスト。2016年にはピアノをフィーチャーしたファースト・アルバム『Preludes for Piano Book I』を発表し、大きな注目を集めました。クリエイティブ・ワークショップ『RESONANCE』の主宰者としても知られています。

SOURCE CORD

Akihiko Matsumoto

Cycling ’74 Maxの使い手でもあるAkihiko Matsumotoは、コンピューターに欠けている“フィジカル・コンタクト”を補うツールとして、数年前からEurorackモジュラーの使用を開始。「今やMaxとAbleton Liveがあれば、ほとんどのアイディアを具現化することができますが、コンピューターは頭に浮かんだイメージをパッと形にすることができない。ライブで誰かとセッションした際、相手が発した音に対して、“こういう音を返したい”と思っても、コンピューターだけではイメージした音を瞬時に出すことができないんです。そんなこともあって使い始めたのがEurorackモジュラーで、ぼくは自作のMaxパッチとAbleton Liveを走らせたMacBook Proと併用しています。Eurorackモジュラーだけですべてをやるということにこだわっていません」(Akihiko Matsumoto)

SOURCE CORD

Akihiko Matsumotoのセットアップ。MacBook ProとEurorackモジュラーの組み合わせ

Akihiko Matsumotoは、Expert Sleepers ES-3 mk4を使ってEurorackモジュラーを制御。ES-3 mk4は、ADATデジタル信号をCVに変換するモジュールで、これによって自作のMaxパッチとAbleton LiveからEurorackモジュラーをコントロールしています。また、日本では珍しいRavel Technology OWL Modularも使用。OWL Modularは、ARMプロセッサーを搭載したDSPモジュールで、Akihiko Matsumotoは自作のMax Genパッチをスタンドアローンで走らせるために使用しています。

SOURCE CORD

Akihiko MatsumotoのEurorackモジュラー。上段の右端が、コンピューターとEurorackモジュラーを結ぶExpert Sleepers ES-3 mk4。GM音源をEurorackモジュール化したExpert Sleepes General CVや、発売されたばかりのIndustrial Music Electronics Piston Honda mk3などもマウントされている

Max/MSP🐎🐎🐎 #モジュラーシンセ #modularsynth

Akihiki Matsumotoさん(@akihik0ma)がシェアした投稿 –

新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント『SOURCE CORD』。刺激的な音楽を求めている人、新しいモジュラー・プレイを堪能したい人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音で19時から。イベントについて詳しくは、神楽音のWebサイトもしくはFacebookイベントをご覧ください。

#rolandboutique #modularsynth #eurorack #ableton #maxmsp #tr08

Akihiki Matsumotoさん(@akihik0ma)がシェアした投稿 –

Sample Magic、高品位なサウンド・エフェクトを集めたサンプル・パック、「101 Free FX Loops」の無償配布を開始!

フランス発、1万円以下で買える3音ポリフォニック・アナログ・シンセ「Krischer」

Softube、ローファイ・マシンの名機を再現した「OTO Biscuit」をはじめ、4種類の新作をリリース! 現在イントロ価格で販売中

Klanghelm、人気の無償コンプレッサー・プラグイン「DC1A」をアップデート! パラレル処理やメーター切り替えが可能に

メディア・インテグレーション、Waves Goldを約86%OFFの14,800円で販売するセールを開始! 明日19時までの24時間限定

エムアイセブン、作曲家の田辺恵二氏が制作したStudio Oneのソング・データの無償配布を開始! 第一線で活躍するプロの使いこなしを学べる貴重なファイル

PreSonusの新型オーディオIF、Studio 18|10とStudio 18|24の国内販売が開始! Studio Oneやプラグインなどもバンドル

あのMutable Cloudsが、Softube Modularに対応! 圧倒的人気のグラニュラー・サンプラーがDAWで使用可能に

ローランドの名機を美しい写真で綴った豪華本『R is for Roland』、限定数増刷され、現在注文受け付け中

MOTU Digital Performer ユーザー・ストーリー:乃木坂46やHKT48らに楽曲を提供している大橋莉子さんインタビュー

Product Review #4:Endorphin.es Autopilot 〜 シンセのチューニングを自動で合わせてくれる超便利モジュールが登場!

あのAppleも採用した“DAW用デスク”、Output「Platform」が日本に上陸! プライベート・スタジオ用デスクの決定版

中国のWebメディア Midifan、『SUPERBOOTH』のレポート記事が問題視され、Behringerから警告文を受け取る

来週21日(木)、Studio Oneユーザー・グループの第4回オフ会が開催! 田辺恵二氏をはじめとするトップ・プロがバージョン4の新機能を解説

Cycling ’74 Max/Ableton Liveと、Eurorackモジュラーを組み合わせたAkihiko Matsumotoのライブ・システム

今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音において、新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント『SOURCE CORD』が開催!

フックアップ、Macにも対応した「FL Studio 20」のダウンロード販売を開始! 日本語クイック・スタート・ガイドが付属、最上位版は約17%OFFで販売中

ハイ・リゾリューション、Antares製品の取り扱いを開始! 注目の「Auto-Tune Pro」をはじめ、全製品イントロ・プライスで販売中

ICON