Feature Image

NEWS

Cycling ’74 Max/Ableton Liveと、Eurorackモジュラーを組み合わせたAkihiko Matsumotoのライブ・システム

今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音において、気鋭の4人のアーティストが出演する新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント、『SOURCE CORD』が開催。出演アーティストは、machìnaAkihiko Matsumoto、Taro Aiko(ENDON / M.A.S.F.)、Shintaro Kamijyo a.k.a syntaxの4人で、Eurorackの新しい可能性を見せてくれるイベントになりそうです。

SOURCE CORD

イベントの発起人の一人であるAkihiko Matsumotoは、多くのアーティストの作品にサウンド・プログラマーとして参加し、また音に関わる大手企業や研究機関の仕事も数多く請け負っている気鋭のアーティスト。2016年にはピアノをフィーチャーしたファースト・アルバム『Preludes for Piano Book I』を発表し、大きな注目を集めました。クリエイティブ・ワークショップ『RESONANCE』の主宰者としても知られています。

SOURCE CORD

Akihiko Matsumoto

Cycling ’74 Maxの使い手でもあるAkihiko Matsumotoは、コンピューターに欠けている“フィジカル・コンタクト”を補うツールとして、数年前からEurorackモジュラーの使用を開始。「今やMaxとAbleton Liveがあれば、ほとんどのアイディアを具現化することができますが、コンピューターは頭に浮かんだイメージをパッと形にすることができない。ライブで誰かとセッションした際、相手が発した音に対して、“こういう音を返したい”と思っても、コンピューターだけではイメージした音を瞬時に出すことができないんです。そんなこともあって使い始めたのがEurorackモジュラーで、ぼくは自作のMaxパッチとAbleton Liveを走らせたMacBook Proと併用しています。Eurorackモジュラーだけですべてをやるということにこだわっていません」(Akihiko Matsumoto)

SOURCE CORD

Akihiko Matsumotoのセットアップ。MacBook ProとEurorackモジュラーの組み合わせ

Akihiko Matsumotoは、Expert Sleepers ES-3 mk4を使ってEurorackモジュラーを制御。ES-3 mk4は、ADATデジタル信号をCVに変換するモジュールで、これによって自作のMaxパッチとAbleton LiveからEurorackモジュラーをコントロールしています。また、日本では珍しいRavel Technology OWL Modularも使用。OWL Modularは、ARMプロセッサーを搭載したDSPモジュールで、Akihiko Matsumotoは自作のMax Genパッチをスタンドアローンで走らせるために使用しています。

SOURCE CORD

Akihiko MatsumotoのEurorackモジュラー。上段の右端が、コンピューターとEurorackモジュラーを結ぶExpert Sleepers ES-3 mk4。GM音源をEurorackモジュール化したExpert Sleepes General CVや、発売されたばかりのIndustrial Music Electronics Piston Honda mk3などもマウントされている

Max/MSP??? #モジュラーシンセ #modularsynth

Akihiki Matsumotoさん(@akihik0ma)がシェアした投稿 –

新しいタイプのモジュラー・ライブ・イベント『SOURCE CORD』。刺激的な音楽を求めている人、新しいモジュラー・プレイを堪能したい人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。今週金曜日、東京・神楽坂の神楽音で19時から。イベントについて詳しくは、神楽音のWebサイトもしくはFacebookイベントをご覧ください。

#rolandboutique #modularsynth #eurorack #ableton #maxmsp #tr08

Akihiki Matsumotoさん(@akihik0ma)がシェアした投稿 –

コルグ、世界40カ国以上で販売されているStay Music製キーボード・スタンドの国内代理店業務を開始

WORLD SYNTHESIZER #46:北米で大ヒット中のMoogの新型シンセ、「Grandmother」の国内販売が開始

WORLD SYNTHESIZER #45:Moog Music、噂されていた新世代フラッグシップ・シンセ「Moog One」を正式発表

AKAI Professionalから、FL Studio専用コントローラー「Fire」が間もなく登場

メディア・インテグレーション、Waves Mercuryを実質142,800円で入手できる4日間限定プロモを開始

WORLD SYNTHESIZER #44:Make Noise、世界初の“3Dカルテシアン・シーケンサー”、第二世代「René」を発表

ローランド、ショルダー型キーボードの新製品、「AX-Edge」を発表

ローランド、人気のJUNOシリーズの最新モデル、「JUNO-DS76」を発表

Wave Alchemy、会社設立10周年を記念した大容量サンプル・パック、「10th Birthday Samples」を無償配付中

WORLD SYNTHESIZER #43:DAWとモジュラーのワイヤレス同期を実現する、Circuit Happy「The Missing Link」

Digital Systemic Emulations、名機カワイ K3を再現したソフト・シンセ、「K3-V Extended」の無償配布を開始

WORLD SYNTHESIZER #42:Din Sync、開発中の「RE-808」の回路をオープン・ソースで公開すると発表

PreSonus、Studio Oneネイティブ対応のパッド・コントローラー、「ATOM」を発表

ハイ・リゾリューション、他のDAWからDigital Performer 9へのクロスグレードを半額で販売中(100本限定)

WORLD SYNTHESIZER #41:70年代の図書館の家具をイメージした美しいモジュラー・ケース、Landscape「Library」

EDM向けのサウンドを700種類以上収録したサンプル・パック、『7rystan’s Colossal Free EDM Sample Pack』が無償配付中

コルグ、nanoシリース10周年を記念し、KORG Gadgetカラー・モデルとオレンジ・カラー・モデルを限定発売

コルグ、小型シンセやノート・パソコンなどを収納できるバックパックや、volca/nanoシリーズ用のカラフルなケースを発表

ICON