Feature Image

NEWS

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

いよいよ来週、25日10時(日本時間:26日3時)に開幕する、世界最大の楽器の展示会『The NAMM Show』。今年はショー開幕に先行して新製品をお披露目している会社が多いようですが、フランスの雄、Arturiaもいくつかの新製品を発表しました。その中でも注目は、同社初のEurorackモジュラー対応製品「RackBrute(ラックブルート)」です。

Arturia - RackBrute

以前からCEOのフレデリック氏が、“モジュラー市場にはとても興味を持っている”と公言していたArturiaですが、同社初のEurorackモジュラー対応製品は、モジュールではなくケースでした。「RackBrute」とネーミングされたこのケースは、6Uタイプ(「RackBrute 6U」)と3Uタイプ(「RackBrute 3U」)の2モデルが用意され、どちらもオリジナルのパワー・モジュール/パワー・レールが装着された状態で出荷されます。

Arturia - RackBrute

RackBrute 6U

Arturia - RackBrute

RackBrute 3U

しかしそこはArturia、何の変哲もないケースを出すわけがありません。「RackBrute」には、大変ユニークなデザインの専用アタッチメントが用意(装着)されており、それを任意の角度で固定することによって、様々なスタイルで使用できるようになっているのです。「RackBrute」単体で使用する際は、アタッチメントによって筐体の角度/向きを自由に変えることができ、手前に何かを置く場合(例えば、BeatStep Proやコントローラーなどを置く場合)は、「RackBrute」を宙に浮かせることも可能。また、「RackBrute」を2台連結することもでき、今回同時に発表された新製品「MiniBrurte 2MiniBrute 2S」との連結も可能になっています。

Arturia - RackBrute

角度を変えたり、連結する際、特別な工具が必要だったら面倒ですが、「RackBrute」はサイドのハンドルを手で回すだけで角度変更/連結することが可能。また、連結した状態で移動する場合、2台の「RackBrute」(あるいは「MiniBrurte 2MiniBrute 2S」)を閉じた状態にすることもでき、その際は少し間隔が空くため、パッチ・ケーブルをわざわず抜く必要はありません。非常によく考えられたデザインになっています。

Arturia - RackBrute

ケースとしてのスペックは、1段88HPで、あらかじめ装着されているオリジナルのパワー・モジュールは5HP。従って「RackBrute 6U」は171HP、「RackBrute 3U」は83HPのブランクということになります。内部の奥行きに関してはまだ公表されていませんが、筐体の奥行きが83mmなので、パワー・レール上で50〜60mm、パワー・レールが無い部分で70〜75mmという感じでしょうか(「RackBrute 6U」では、上段にパワー・レールが取り付けられています)。レールはスライディング・ナットではなく、ネジ切り仕様なので、後からのモジュールの入れ替えもラクそうです。

Arturia - RackBrute

オリジナルのパワー・モジュールは、+12V:1,600mA、-12V:1,600mA、+5V:900mAという十分なスペック(しかしWebサイトのスペックを見ると、「RackBrute 3U」はパワー・レール側で+12V:800mA、-12V:800mAに制限されているようです)。パワー・レールのコネクター数は「RackBrute 6U」 が32、「RackBrute 3U」が20で、こちらも十分な数と言えるでしょう。

RackBrute」の国内販売についてはまだアナウンスがありませんが、海外では来月出荷が開始されるもよう。気になる価格は、「RackBrute 6U」が399ドル、「RackBrute 3U」が299ドル。詳しくは、ArturiaのWebサイトをご覧ください。

Arturia - RackBrute

フックアップ、Macにも対応した「FL Studio 20」のダウンロード販売を開始! 日本語クイック・スタート・ガイドが付属、最上位版は約17%OFFで販売中

ハイ・リゾリューション、Antares製品の取り扱いを開始! 注目の「Auto-Tune Pro」をはじめ、全製品イントロ・プライスで販売中

PreSonus、Studio Oneの新バージョン「Studio One 4」をリリース! 強力な『コード・トラック/ハーモニー編集機能』を搭載、本日より販売開始!

Image-Line、新世代DAWソフト「FL Studio 20」をリリース! 遂にMacにもネイティブ対応!

ハイ・リゾリューション、MOTU Digital Performerのクロスグレード版を、50%OFFの24,000円で販売中! 100本限定

話題のIK Multimedia初のアナログ・シンセ「UNO Synth」、明日開催の『Cafe Deluxe #3』に展示されることが決定! 販売店では先行予約もスタート

Moog、来週開催の『Moogfest』で新型シンセ「Grandmother」を発表! 32鍵キーボードを搭載したセミ・モジュラー・シンセ

SUPERBOOTH 2018: 独自の合成方式を採用した強力なソフト・シンセ、JoboMusic「FLEXION」がデビュー! 作成した音色を共有/販売できる機能も搭載

SUPERBOOTH 2018: Behringer、TR-808をアナログ回路で再現した「RD-808」をお披露目! TR-909クローンも現在開発中

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith Instruments、サンプル音源とシンセ音源を融合した“究極のProphet”、「Prophet X」を発表!

SUPERBOOTH 2018: IK Multimedia、本格アナログ・シンセ「UNO Synth」を発表! Soundmachinesと共同開発、価格は約25,000円!

SUPERBOOTH 2018: 一見普通の鍵盤ながら3Dタッチに対応したアナログ・シンセ、SyntoNovo「Pan」がデビュー!

SUPERBOOTH 2018: Dave Smith、新製品のティーザー・ムービーを公開! 8Dioと共同開発のPCMワークステーション「Prophet X」が登場?

製品開発ストーリー #41:コルグ KORG Gadget for Nintendo Switch 〜 開発メンバーが語り尽くす、世界初の“対戦型DAW”のすべて 〜

Avid、ソフトウェア・アップデートプランが有効のPro Toolsユーザー全員に、iZotope RX Elementsを無償進呈するプロモーションを開始!

Switch to Studio One #13:Chihei Hatakeyama 〜 インタビュー記事の公開に合わせ、Studio One用マルチトラック・ファイルの無償提供も開始! 〜

IK Multimedia、徹底的に“ブリティッシュ・サウンド”にこだわった新作ドラム音源、「London Grooves」のダウンロード販売を開始!

Ableton、優秀な“Live使い”を認定するイベントを約4年ぶりに東京で開催! 応募締切は今月27日

ICON