NEWS

CES 2016: ソニー、アナログ・レコードをDSD/WAVファイル化できる“ハイレゾ・ターンテーブル”、「PS-HX500」を発表!

アメリカ・ラスベガスで現地時間6日から開催される、世界最大規模の家電の展示会、CES 2016。そこでソニーは、「PS-HX500」という型番の新型ターンテーブルを発表するようです。欧米のWebメディアが報じています。

Sony - PS-HX500

Image via What Hi-Fi?

薄型でマットなブラック筐体が印象的な「PS-HX500」は、ハイファイ・オーディオ向けのターンテーブル。注目はDSD対応のADコンバーターを搭載している点で、「PS-HX500」をコンピューターに接続するだけで、アナログ・レコードの音をDSDファイル(DSD64/DSD128)化することができます(もちろん、WAVファイルにも対応)。購入してすぐに使えるよう、パッケージにはレコーディング・ソフトウェアが同梱されるとのことです。ほぼ同時に発表されたパナソニックの「Technics SL-1200G/SL-1200GAE」と異なり、駆動部にはベルト・ドライブ方式を採用。従って、スクラッチなどのDJプレイには非対応となっています。

Sony - PS-HX500

Image via What Hi-Fi?

レコード・コレクションを手軽にDSDファイル化できる「PS-HX500」。前面にはおなじみの“Hi-Res Audio”マークが付けられており、まさに“ハイレゾ・ターンテーブル”と言えそうです。まだソニーのサイトに情報はアップされていませんが、Webメディア:What Hi-Fi?によると、「PS-HX500」は今年4月に出荷が開始され、価格は400ポンド(約7万円)とのことです。