NEWS

あのStylophoneが強力なスペックで蘇る! Dubreq Stylophone S2が登場

オリジナル・モデルの発売から30年の時を経て、あのStylophoneがフル・モデル・チェンジを果たしました。現代版Stylophone、「Stylophone S2」の登場です!

Dubreq_Stylophone_S2_5

英Dubreq社(オリジナルと同じメーカーです)が本日12日に発表、即日販売を開始した「Stylophone S2」は、オリジナルStylophoneと同じ、スタイラス(ペン)で演奏するユニークな電子楽器。新しい「Stylophone S2」では、基本的なデザイン/フィロソフィーはオリジナルのそれを継承しつつ、キーボードを3オクターブに拡張し、音色を細かくエディットできるようにするなど、電子楽器としてより充実した仕様となっているのが特長です。

Dubreq_Stylophone_S2_2

以下がWebサイトに掲載されているスペックです。

● 完全メタル製の堅牢な筐体

● 横幅308×奥行120×高さ26mmのポータブル・サイズ、重量は1kg以下

● +/-2オクターブのシフトにも対応した、37鍵/3オクターブのモノフォニック・キーボード

● モノフォニック・キーボードは、スタイラスだけでなく指先での演奏にも対応

● フル・アナログ回路

● トランジスター回路のVCOを2基搭載

● 太いベース音を作り出すことができるサブ・オシレーターも装備

● 伝統の英国製、12dB/Oct仕様のスレート・バリアブル・フィルター

● 14オクターブという広大なレンジを持ち、8種類の波形が選択できるLFO

● フィルター/エンベロープ・ジェネレーターをエフェクトとして活用できる外部入力端子

● スピーカー内蔵。スピーカーの周囲は、LFOのスピードに合わせて発光

● 出力端子(フォーン)とヘッドフォン端子(ステレオ・ミニ)を装備

● 外部からのコントロールを可能にするCVI(Control Voltage Input)/トリガー端子

Dubreq_Stylophone_S2_1

キーボード以外の操作子としては、スピーカーの周囲にキーボードと同じ材質のプレート(LEDランプ付き)が12枚埋め込まれており、さらにその右側にはエンコーダーが10個備わっています。これらがどのように機能するのか、現時点では不明ですが、かなり細かく音色をエディットできるのは間違いなさそうです。

Dubreq_Stylophone_S2_4

気になる価格は、299ポンド。現在の為替レートで約4万円なので、それほど高くはないと言っていいでしょう。Webサイトには“now available worldwide!”と記載されていいるので、既に販売は開始されているようですが、本当に出荷されているのかは不明。現時点での購入方法は、メールかフォームで申し込む形になっています。また、MusicRadar.comによれば、来月開催されるNAMM Showにも出品されるとのことです。

Dubreq_Stylophone_S2_3

Dubreq

http://www.dubreq.com/

Dubreq Stylophone S2

http://www.stylophone2.com/