Feature Image

NEWS

モジュラー・シンセの新しい可能性を追求したライブ・イベント『source cord』が、HATAKEN/Kei Torikiをゲストに迎えて今週日曜日に開催

今週日曜日、東京・神楽坂の神楽音において、モジュラー・ライブ・イベント『source cord vol.3』が開催されます。

source cord vol.3

昨年スタートした『source cord』は、モジュラー・シンセを操る気鋭のアーティストをフィーチャーした新しいタイプのライブ・イベント。モジュラー・メインのライブ・イベントは珍しくありませんが、Max for Liveと連携させてプレイする人もいれば、自らの歌声をモジュラーで処理しながら演奏する人もいるなど、モジュラー・シンセの新しい可能性を堪能できるイベントとして話題になっています。

約半年ぶり、3回目の開催となる今回は、machìna、Taro Aiko(ENDON / m.a.s.f.)、Akihiko Matsumoto、Shintaro Kamijyo(+MUS)というパーマネントの4組に加えて、スペシャル・ゲストとしてHATAKEN(TFoM)、Kei Torikiが出演。これまで以上に豪華なラインナップとなっています。ビジュアルは、otocara、komakinex、Santa、VJまどか♂の4人が担当。新しいモジュラー・プレイを堪能したい人はもちろん、刺激的なサウンドを求めている人はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。入場料は1,800円+1ドリンクで、開場/開演は18:00。詳細は神楽音のWebサイト、もしくはFacebookイベントをチェックしてみてください。

source cord vol.3

ゲストのHATAKEN

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

IK Multimedia、物理モデリング・ドラム音源「MODO DRUM」を発表…… MODO BASSに続く“MODO”シリーズ第二弾が登場

バーチャル・モジュラー・シンセサイザー「VCV Rack」バージョン1.0が遂にリリース…… 引き続き無償でダウンロード可能

ROLI、楽器演奏と音楽の基礎を楽しみながら習得できる新製品「LUMI」を発表…… マルチ・カラーの自照式キーボードはDAWで使用することも可能

PreSonus、Studio Oneのオーディオ処理を自動化できるアドオン、「Audio Batch Converter」を発売…… 6月30日までイントロ価格で販売中

MIDIやCV/Gateでサイドチェーン・コンプレッションがかけられるユニークなエフェクター、Suonobuono「nABC」の予約販売が開始

サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200を現代風に蘇らせた「SP 2400」の予約受付が開始…… ローファイとハイファイ、2種類のエンジンを搭載

コルグの新型デスクトップ・シンセサイザー、「minilogue xd module」が今週日曜日に販売開始

大型タッチ・スクリーンを備えた新世代グルーヴ・サンプラー、1010music 「Blackbox」の国内販売が開始

ICON