Feature Image

NEW PRODUCT

NAMM 2019: IK Multimedia、ギター・レコーディングに最適化された革新的なオーディオIF、「AXE I/O」を発表

来週木曜日(日本時間:25日(金)の深夜3時)に始まる世界最大規模の楽器のトレード・ショー、『The NAMM Show』。その開幕に先行して、IK Multimediaは本日、新製品「AXE I/O」を発表しました。

IK Multimedia - AXE I/O

今月末に販売が開始される予定の「AXE I/O」は、ギタリストのために開発された新しいタイプのオーディオ・インターフェース。コンパクトなデスクトップ筐体に、ギター・レコーディングのための画期的な機能が数多く盛り込まれています。

多くのオーディオ・インターフェースには、エレクトリック・ギター/ベースをダイレクトに接続するためのHi-Z入力(Hi-Zスイッチ)が備わっていますが、「AXE I/O」は単純にインピーダンスを切り替えるだけの従来の回路に代えて、『Z-TONE』と呼ばれる新機能を搭載。『Z-TONE』は、2.2kオーム(BOLD)から1Mオーム(SHARP)の範囲で入力インピーダンスを連続可変できる(!)機能で、これによりギターの出力インピーダンスとプリアンプの入力インピーダンスを、ほぼ完璧にマッチングさせることが可能になっています。IK Multimediaによれば、インピーダンスをマッチングさせることで、不要な音痩せや音のこもりが抑えられるとのこと。従来のオーディオ・インターフェースには無かったとても画期的な機能です。

IK Multimedia - AXE I/O

また、使用するギターのピックアップの種類(パッシブ/アクティブ)に合わせて、入力部の回路を切り替えることができる『PASSIVE/ACTIVE』スイッチも搭載。『ACTIVE』に切り替えた場合は、アクティブ・ピックアップには不要な回路がバイバスされ、より色付けのないレコーディングが可能になるとのこと。さらには温かみのあるサウンドを生み出すディスクリート回路『JFET』と、完全に透明なサウンドが特徴の『PURE』という2種類のプリアンプ回路の選択もできるようになっています。

IK Multimedia - AXE I/O

ギター・レコーディング用の機能はこれだけではありません。「AXE I/O」は、特別なデバイスを用意することなく、単体でリアンプに対応。フロント・パネルの右下に備わった“AMP OUT”をストンプやギター・アンプに接続し、キャビネットに立てたマイクの出力をリア・パネルのマイク入力に接続すれば、DIなどの機器を使用することなくリアンプが行えます。付属のソフトウェアを使えば、“AMP OUT”のグラウンド・リフトも選択可能。不要なグラウンド・ループも簡単に取り除くことができます。

IK Multimedia - AXE I/O

フロント・パネルには、コンピューターに立ち上げたAmpliTubeのプリセットをダイレクトに選択できる“PRESET”ノブや、高精度チューナー機能も搭載。もちろん、ヘッドフォン出力も備え、“MONITOR”ノブを使えばレーテンシーの無いダイレクト・モニタリングも可能になっています。

IK Multimedia - AXE I/O

まさしく“ギター・レコーディングに特化したオーディオ・インターフェース”という印象ですが、リア・パネルには『Z-TONE』機能や『PASSIVE/ACTIVE』切り替え回路、『JFET/PURE』切り替え回路を通らない通常のマイク/ライン入力端子(XLR/フォーン兼用のコンボ・タイプ)も装備。内蔵マイク・プリアンプはクラスA仕様とのことで、高品位なオーディオ・インターフェースとして普通に使用することもできます。オーディオ・インターフェースとしてのスペックは、アナログ2ch入力/5ch出力(4chのライン出力+“AMP OUT”)で、AD/DAコンバーターは24bit/192kHz対応。コンピューターとの接続インターフェースはUSB 2.0で、リア・パネルにはMIDI入出力や2系統のコントローラー入力なども備わっています。

AmpliTube 4やT-RackS 5 Singles、Ableton Live 10など、総額1,000ユーロ以上のソフトウェアもバンドルされる新型オーディオ・インターフェース「AXE I/O」。価格はオープン・プライスで、市場想定価格は45,000円前後(税別)となっています。詳しくは、IK MultimediaのWebサイトをご覧ください。

IK Multimedia - AXE I/O

Ableton、Live Lite/Live Introからのアップグレード製品を最大12,000円OFFで販売するプロモーションを開始

コルグ、iPad/iPhone対応の音源アプリをアップデート、新たに“KORG Module Pro”として販売開始 〜 8月末まで50%OFF

Ableton、Liveとモジュラー・シンセサイザーを連携するための新しいPack、CV Toolsを正式リリース

Teenage Engineering Records、Pocket Operator Modularをフィーチャーした楽曲第二弾をリリース

Native Instruments、MASSIVE Xの販売を開始 〜 次の10年を担う超強力ソフト・シンセが遂にデビュー

PreSonus、Studio One Professional(クロスグレード版)を19,800円で販売するプロモを開始

新世代シングル・ボード・コンピューター、Raspberry Pi 4が発表 〜 35ドルからという低価格はそのままにパソコン並の性能に

Dreadbox、Erebus V3 Special Editionを発売 〜 人気のセミ・モジュラー・シンセサイザー、Erebus V3の特別モデル

Bleep LabsとDaedelusが共同開発、モジュラーと相性の良い小型サンプラー/ディレイ、「Delaydelus 2」が登場

Moogのフラッグシップ・シンセサイザー、「Moog One」の国内販売が開始…… “究極のMoog”が遂に入手可能に

ZynaptiqのAIリバーブ・プラグイン、「ADAPTIVERB」が約36%OFFの15,800円で販売中…… 6月30日まで

IK Multimedia、物理モデリング・ドラム音源「MODO DRUM」を発表…… MODO BASSに続く“MODO”シリーズ第二弾が登場

バーチャル・モジュラー・シンセサイザー「VCV Rack」バージョン1.0が遂にリリース…… 引き続き無償でダウンロード可能

ROLI、楽器演奏と音楽の基礎を楽しみながら習得できる新製品「LUMI」を発表…… マルチ・カラーの自照式キーボードはDAWで使用することも可能

PreSonus、Studio Oneのオーディオ処理を自動化できるアドオン、「Audio Batch Converter」を発売…… 6月30日までイントロ価格で販売中

MIDIやCV/Gateでサイドチェーン・コンプレッションがかけられるユニークなエフェクター、Suonobuono「nABC」の予約販売が開始

サンプリング・ドラム・マシンの名機、SP-1200を現代風に蘇らせた「SP 2400」の予約受付が開始…… ローファイとハイファイ、2種類のエンジンを搭載

コルグの新型デスクトップ・シンセサイザー、「minilogue xd module」が今週日曜日に販売開始

ICON