Feature Image

NEW PRODUCT

大注目のTeenage Enginneringの新製品、「OP-Z」の国内販売が開始(本社スタッフに訊いた、狙い目販売店の情報も)

メディア・インテグレーション MI事業部が、Teenage Engineergの新製品「OP-Z」の国内販売を、2018年11月25日(日)に開始したと発表しました。

Teenage Engineering - OP-Z

一昨年の『The NAMM Show』で初披露された「OP-Z」は、超軽量・超薄型のコンパクト筐体に、16トラック・シーケンサー、サンプル・プレイバッカー、8種類のシンセサイザー・エンジン、2系統のマルチ・エフェクトを搭載した、新型シンセサイザー(『The NAMM Show』のレポート記事は、こちらこちら)。Teenage Engineergは「OP-Z」を称して、“マルチメディア・シンセサイザー&シーケンサー”と呼んでいます。本体には液晶ディスプレイが備わっていませんが、グラフィカルな画面での音色エディットやミキシングは、ワイヤレス接続したスマートフォン(発売時は、iOSデバイスのみ対応)を使って行うことが可能。しかし本体には多数のLEDが備わっており、スマートフォンを接続しない状態でも(単体でも)十分使用できる設計になっています。前面には4つに色分けされた印象的なデザインのエンドレス・ダイヤルのほか、多数のボタンとピッチベンド用の感圧式ボタンを装備。加えて6軸モーション・センサーやMEMSマイクロフォンも内蔵し、本体だけでフィジカルなコントロールにも対応します。

Teenage Engineering - OP-Z

そして「OP-Z」の大きな特徴と言えるのが、他のシンセサイザーには無い様々なビジュアル出力機能を備えている点。例えば『フォトマティック』という機能を使えば、撮影した複数の写真を使って、楽曲に同期したビデオをリアルタイムに生成することが可能。さらにはゲーム・エンジンのUnity 3Dにも対応しているため、オリジナルの3Dアニメーションを楽曲に同期させる形で再生/操作することもできます。Teenage Engineeringは、Unity 3Dなんて使えないという人のために、「OP-Z」用の3Dアニメーション素材を多数配布する予定とのことです。

これまでに無い、まったく新しいシンセサイザー「OP-Z」。世界中で大きな話題となっており、どの国も初回入荷分はすぐに完売してしまったもよう。日本でも昨日から販売になったわけですが、Rock oNの担当者に確認したところ、わずか数台しか入荷しなかったとのことで、予約分で完売してしまったそうです。それでも「OP-Z」が今すぐ欲しい!という人のために、今日スウェーデンに向けて旅立ったTeenage Engineering本社のスタッフに、“どうすれば日本で「OP-Z」を早く入手できますか?”と訊ねてみました。すると返ってきたのが、“もしかしたら、東京・表参道のMoMA Design Storeには少し在庫が残っているかも”とのコメント。さっそく先ほどMoMA Design Storeに電話で確認してみたところ、“本日倉庫に入ってきたばかりで、(初回入荷分が残っているか)何とも言えないのですが、引き続き注文は受け付けています”とのことでした。確かにWebストアでは、「OP-Z」用ロールアップ・バッグ(イエロー)は売り切れてしまっていますが、「OP-Z」本体「OP-Z」用ロールアップ・バッグ(グレー)は注文を受け付けているようです。一刻も早く「OP-Z」が欲しいという人は、MoMA Design Storeが狙い目かもしれません。

Teenage Engineering - OP-Z

Togu Audio Line、定番リバーブ・プラグイン「TAL-Reverb-4」をアップデート…… 新バージョンの無償配布を開始

Propellerhead、Reason 10を新規購入したユーザーに、計350ドル相当のプラグインを無償提供するプロモを開始

エムアイセブン、PreSonusやRME、Genelecなどの対象製品を大幅割引価格で販売する、創立15周年記念セールを開始

シンセにもエフェクターにもなる“ミュージシャンのためのLEGO”、Empress Effects「ZOIA」の国内販売が遂に開始

IK Multimedia、マスタリング・リミッター「Stealth Limiter」を約60%OFFの5,931円で販売するプロモを開始

Avid、無償版Pro Toolsの最新版、「Pro Tools | First 2019」を発表…… 遂にプロジェクトのローカル保存に対応

XLN Audio、新感覚ビート・メイキング・ツール「XO」を発表…… 膨大なサンプルを直感的にブラウズできる画期的なUIを搭載

元AKGの社員22名が新しいマイク・メーカー、“Austrian Audio”を設立…… ワイヤレスでポーラー・パターンを選択できるマイク「OC818」を発表

DSPシンセサイザーを自作できるDIYキット、MakeProAudio「Dino Park」が登場…… 音源ボードはCreamware互換

iZotope、リバーブ・プラグインで有名なExponential Audioを買収…… マイケル・カーンズ氏もiZotope開発陣の一員に

ハリウッドの売れっ子ミキサー、ウィル・ファイルズ氏が語る、大ヒット映画『ヴェノム』の実験的なサウンド・デザイン

Native InstrumentsとNikeがコラボレート、特別仕様のMASCHINEとAir Maxをセットでプレゼントするプロモを実施中

SSL、DAWスタジオに最適な小型ミキサー「SiX」を発表…… 20万円を切る価格で手に入る、正真正銘の“SSLコンソール”

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

ICON