Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #39:Behringerの808インスパイア・マシン「RD-808」、Knobconで北米デビュー

今週末、アメリカ・シャンバーグで開催される、北米最大規模のシンセサイザーの祭典『Knobcon』。初日の金曜日に行われるのはオープニング・レセプションのみで、メーカー各社の展示は明日からスタートするのですが、とても“ゆるい”イベントなので、ブース設営中の出展エリアも自由に見学することができます。

Knobcon 2018 - Behringer RD-808

北米最大規模のシンセサイザーの祭典、『Knobcon』

Knobcon 2018 - Behringer RD-808

出展エリアにブースを設営中のメーカー各社

Knobcon 2018 - Behringer RD-808

地元シカゴのシンセ・ショップ、SYNTH CITYのブース。手前には発売されたばかりのMoog Music Grandmotherと蛍光緑色のローランド SH-101が

Knobcon 2018 - Behringer RD-808

ブースで即売が行われるのも『Knobcon』の魅力。中古モジュールも多数

Knobcon 2018 - Behringer RD-808

今年は名門、Buchlaも出展。写真の200eも、ようやく流通するようになってきた

出展エリア見学時に目を惹いたのが、Behringerが5月の『SUPERBOOTH』でお披露目した「RD-808」(レポート記事は、こちら)。ご存じ、TR-808インスパイアのドラム・マシンです。『SUPERBOOTH』に展示された個体は、パネルの文字が手書きだったり、動作もかなり不安定だったり、できたてホヤホヤの“最初のプロト・タイプ”という感じでしたが、今回展示されていた個体は、そのまま売られていてもおかしくない仕上がりのものでした。

Knobcon 2018 - Behringer RD-808
Knobcon 2018 - Behringer RD-808
Knobcon 2018 - Behringer RD-808
Knobcon 2018 - Behringer RD-808
Knobcon 2018 - Behringer RD-808

まだブース設営中だったので、大きな音量を出すことはできませんでしたが、低域の量感はさすがはアナログ音源という印象。実機をコピーできているかどうかは人によって判断が分かれると思いますが、とても芯のあるサウンドで、非常に魅力的なドラム・マシンに仕上がっているのではないかと思います。一緒に「RD-808」をチェックしたLA在住の作曲家、瀬川英史さん(実機を所有)も、「これが本当に500ドル以下で売られるのなら、なかなか良いよね」とおっしゃっていました。

Knobcon 2018 - Behringer RD-808

他にBehringerブースに展示されていたのは、発売以来、欧米での評判がすこぶる高いNeutronとDeepMind 6のみ(なぜかModel-Dはありませんでした)。なおRock oN Companyによると、Model-DやNeutronの国内販売は間もなくスタートするとのことです(詳しくは、こちら)。

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON