Feature Image

WORLD SYNTHESIZER

WORLD SYNTHESIZER #5:Analogue Solutionsから、パフォーマンス性重視の新型シーケンサー、「Generator」が登場

英国の老舗 Analogue Solutionsが、新型シーケンサー「Generator(ジェネレーター)」を発表。販売を開始しています。

Analogue Solutions - Generator

Generator」は、CV/Gate入力を備えた音源と組み合わせて使用する、3チャンネル/16ステップ仕様のシーケンサー。トランスポーズやループ長をリアルタイムに操作できるタッチ・パッド式の“CVジェネレーター”を搭載するなど、ライブ・パフォーマンス/ライブ・コンポーズ・ユースを強く意識して設計されたシーケンサーです。

Analogue Solutions - Generator

3チャンネル/16ステップのCVノブはすべて表に出ており、ループ長は右下の“Start”ノブと“End”ノブでリアルタイムに可変することが可能。Gate出力はノーマル出力を2系統、反転出力を1系統備え、Analogue Solutions独自の“IReTiGaC(Intuitive Real Time Gate Control)”によって、ゲート長もリアルタイムに可変できるようになっています(“Start”ノブと“End”ノブの左側に備わる4基のノブが、“IReTiGaC”ノブ)。インターナルのクロック・ソースがLFOというのも「Generator」の特徴で、これにより外部CVによるインターナル・クロックの制御にも対応。加えて、MIDIノートを使った外部シンクに対応しているというのもユニークです(MIDIノート・ナンバー60を入力すると、ステップが1つ進む仕様とのこと)。もちろん、通常のクロック入力も備えています。

そして「Generator」の大きなフィーチャーが、左下に備わったタッチ・パッド式のCVジェネレーター。タッチ・パッドは6基備わり、出力するCVの値は上のノブでそれぞれ設定することが可能。そして各ジェネレーターの出力を、シーケンサーのトランスポーズやループ長、リセットなどにパッチすることで、シーケンスをリアルタイムに変化させることができます。CVジェネレーターは、メイン・シーケンサーのエンド・パルスをクロックに自走させることもできるので、小節単位でステップが進む2つ目のシーケンサーとして活用することも可能です。

Analogue Solutions - Generator

Generator」の主な特徴は以下のとおりです。

Generator」の出荷は既に開始されており、最初のバッチは完売してしまったようですが、次のバッチは10月中旬に出荷される予定とのこと。価格は629ポンド/749ドル/679ユーロとなっています。詳しくは、Analogue SolutionsのWebサイトをご覧ください。

Analogue Solutions - Generator

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON