Feature Image

NEWS

中国のWebメディア Midifan、『SUPERBOOTH』のレポート記事が問題視され、Behringerから警告文を受け取る

先月、ドイツ・ベルリンで開催された世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH』。今年は何と言っても、Behringerが多数お披露目した新製品が大きな注目を集めましたが、その報道を巡ってトラブルが生じているようです

Midifan - Behringer

Behringerが『SUPERBOOTH』でお披露目した「MS-101」

中国で最も人気のある音楽制作系Webメディア、Midifanの創業者兼CEOであるNan Tang氏がICONに送ったメールによると、Midifanは先週、Behringerの法律事務所から手紙を受け取ったとのこと。その手紙では、MidifanがBehringerの新製品レポート記事の中で使用した、“copycat(模倣)”、“shameless(恥知らず)”といった表現を問題視し、これらの侮辱的な言葉がUli Behringer、MUSIC Tribe Global Brands Ltd、Zhongshan Behringer Electronic Co., Ltd、Zhongshan Ouke Electronic Co., Ltdに深刻な被害を与える可能性があると警告。さらにBehringerの法律事務所は、中国の公安機関に通報した上で、現在刑事訴訟の準備をしていると記しています。

Midifan - Behringer

Midifanが受け取った手紙(一部)

ご存じのように、Behringerの『SUPERBOOTH』での新製品は世界中で大きな話題になり、“クローン”や“コピー”といった表現を使って紹介したメディアも少なくありません。しかし現時点で、Behringerの法律事務所からこのような警告文を受け取ったメディアは、Midifanだけのもよう。これについては、Midifanが中国語圏で非常に大きな影響力を持っているメディアであるということに加えて、ドイツのWebメディア CDMは、Midifanが昨年末にBehringerの労働環境をレポートしたことが関連しているのではないかと推測しています

現在、Midifanの記事からは、“copycat”、“shameless”といった言葉はすべて削除されていますが、Nan Tang氏によれば、報道機関としての権利を守るため、刑事訴訟に対応する準備も進めているとのこと。なお、CDMによると、中国で名誉毀損罪が下ると3年間の懲役刑が執行されるとのことです。

余談ですが、Midifanの創業者兼CEOであるNan Tang氏は、ソフトウェア・メーカー 2nd Sense Audioの共同創業者兼CEOでもあります。また、最近は“Mikai Music”というボカロ・レーベルを立ち上げ、音楽作品のリリースも開始しています。“Mikai Music”の最初の作品『初夢』は、全曲中国語版初音ミクを使って制作されたコンピレーション・アルバムで、日本でもiTunes/Apple Musicなどで聴くことが可能。興味のある方はぜひチェックしてみてください

Midifan - Behringer

『初夢』V.A.(Mikai Music)

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON