Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH 2018: Behringer、TR-808をアナログ回路で再現した「RD-808」をお披露目! TR-909クローンも現在開発中

3日にドイツ・ベルリンで開幕した世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH』。会場は昨年と同じベルリンの南側にある『Fez-Berlin』という施設ですが、出展者の大幅増加に伴い展示スペースが拡張され、ものすごい規模になっています。昨年までは9割方モジュラー・メーカーが占めていたのですが、今年はGenelecが大きなブースを構え、SpectrasonicsやSoundToys、Softubeといったソフトウェア・メーカーも多数出展。すべてのブースをくまなくチェックしていたら、3日間ではまったく足りないという印象です。

Behringer - Rhythm Designer RD-808

そんな『SUPERBOOTH』で、Behringerがまたまた凄い新製品をお披露目していました。最近、電子楽器の名機のクローン化に積極的に取り組んでいる同社ですが、今回初披露したのは「Rhythm Designer RD-808」というドラム・マシン。言うまでもなく、名機TR-808のクローンです。

Behringer - Rhythm Designer RD-808

音源部は完全にアナログ回路で、音色数やパラメーター数などは実機と同一。左下にはプログラム管理用のLEDディスプレイが備わり、またその上にはアナログ回路のローパス・フィルターと、“Wave Designer”と呼ばれるトランジェント・シェイパーが搭載されています。

入出力はメイン出力(モノ)のほか、各音色のパラ・アウト、ヘッドフォン出力、トリガー出力が3系統、MIDI入出力/スルー、USB端子、クロック入出力を装備。電源はACアダプターのようです。

Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808

ここまでのクローンが本当に生産/販売できるのか疑問ですが、他のメディアから聞いた話によると、BehringerはTR-808に続いてTR-909の開発にも着手しており、その他の名機のクローンの開発も並行して行っているとのこと。そのメディア関係者は、「Behringerは最近新しい工場も造り、かなり本気でクローン・シリーズを展開しようとしている」と言っていました。

そしてこの「Rhythm Designer RD-808」、驚きなのがその価格。何と500ユーロ以下を予定しているとのことです。

Behringerは他にも、アメリカで大ヒットを記録しているというMinimoogクローンのModel D、Pro-OneクローンのPro-One、VP-330クローンのVocoder VC340、そしてEurorackフォーマットのセミ・モジュラー・シンセサイザーNeutronを展示。『SUPERBOOTH』開幕前に話題になったSYSTEM-100クローンの展示はありませんでしたが、スタッフによると「開発は引き続き行っている」とのことでした。

Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808

NAMM 2019: Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

NAMM 2019: Teenage Engineering、低価格/組み立て式のモジュラー・シンセ、「Pocket Operator Modular」を発表

コルグ、MIDIコン/シンセの購入者に、iZotope Ozone Elementsを無償進呈 〜 volca modularやminilogue xdも対象

NAMM 2019: Dubreq、完全なアナログ・シンセとして進化を遂げた“究極のStylophone”、「Stylophone Gen R-8」を発表

NAMM 2019: コルグ、Gadget PluginsがWindowsにも対応、さらに進化を遂げた「KORG Gadget 2」を発表

NAMM 2019: Akai Pro、PC無しで制作/ライブが行える、“スタンドアローンAbleton”的マシン「Force」を発表

NAMM 2019: コルグ、鮮やかなネオン・カラーの特別版KROSS、「KROSS Special Edition」を発表

NAMM 2019: IK Multimedia、ギター・レコーディングに最適化された革新的なオーディオIF、「AXE I/O」を発表

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、モジュラーの魅力が凝縮された新型volca、「volca modular」のすべて

NAMM 2019: コルグ、2種類の新型volca、「volca modular」と「volca drum」を発表

NAMM 2019: コルグ、アナログ音源にデジタル音源を融合した新世代ハイブリッド・シンセ、「minilogue xd」を発表

IK Multimedia、タブレットをマイク・スタンドや三脚にマウントするためのホルダーの最新モデル、「iKlip 3」を発表

ローランド、Amazon Alexaに対応した“声で操作できる”電子キーボード、「GO:PIANO with Alexa Built-in」を発表

ICON