Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH 2018: Behringer、TR-808をアナログ回路で再現した「RD-808」をお披露目! TR-909クローンも現在開発中

3日にドイツ・ベルリンで開幕した世界最大のシンセサイザーの祭典、『SUPERBOOTH』。会場は昨年と同じベルリンの南側にある『Fez-Berlin』という施設ですが、出展者の大幅増加に伴い展示スペースが拡張され、ものすごい規模になっています。昨年までは9割方モジュラー・メーカーが占めていたのですが、今年はGenelecが大きなブースを構え、SpectrasonicsやSoundToys、Softubeといったソフトウェア・メーカーも多数出展。すべてのブースをくまなくチェックしていたら、3日間ではまったく足りないという印象です。

Behringer - Rhythm Designer RD-808

そんな『SUPERBOOTH』で、Behringerがまたまた凄い新製品をお披露目していました。最近、電子楽器の名機のクローン化に積極的に取り組んでいる同社ですが、今回初披露したのは「Rhythm Designer RD-808」というドラム・マシン。言うまでもなく、名機TR-808のクローンです。

Behringer - Rhythm Designer RD-808

音源部は完全にアナログ回路で、音色数やパラメーター数などは実機と同一。左下にはプログラム管理用のLEDディスプレイが備わり、またその上にはアナログ回路のローパス・フィルターと、“Wave Designer”と呼ばれるトランジェント・シェイパーが搭載されています。

入出力はメイン出力(モノ)のほか、各音色のパラ・アウト、ヘッドフォン出力、トリガー出力が3系統、MIDI入出力/スルー、USB端子、クロック入出力を装備。電源はACアダプターのようです。

Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808

ここまでのクローンが本当に生産/販売できるのか疑問ですが、他のメディアから聞いた話によると、BehringerはTR-808に続いてTR-909の開発にも着手しており、その他の名機のクローンの開発も並行して行っているとのこと。そのメディア関係者は、「Behringerは最近新しい工場も造り、かなり本気でクローン・シリーズを展開しようとしている」と言っていました。

そしてこの「Rhythm Designer RD-808」、驚きなのがその価格。何と500ユーロ以下を予定しているとのことです。

Behringerは他にも、アメリカで大ヒットを記録しているというMinimoogクローンのModel D、Pro-OneクローンのPro-One、VP-330クローンのVocoder VC340、そしてEurorackフォーマットのセミ・モジュラー・シンセサイザーNeutronを展示。『SUPERBOOTH』開幕前に話題になったSYSTEM-100クローンの展示はありませんでしたが、スタッフによると「開発は引き続き行っている」とのことでした。

Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808
Behringer - Rhythm Designer RD-808

Teenage Engineering、レコード・レーベルをローンチ…… 最初の作品ではPocket Operator Modularをフィーチャー

Teenage Engineeingがデザイン面で協力したかわいいゲーム機、「Playdate」が来年発売

PreSonus、マルチコアに最適化された「Studio One 4.5」をリリース…… 同一CPUでも、より多くのプラグインが使用可能に

SUPERBOOTH19: コルグ開発陣が語る、DAWとの組み合わせに最適なデスクトップ・シンセ、「minilogue xd module」

ハイ・リゾリューション、EastWest製品を最大50%OFFで販売する『EastWest Memorial Day セール』を開始

Spectrasonicsの超定番音源、「Omnisphere 2」が約30%OFFの42,300円で販売中(数量限定)

メディア・インテグレーション、2019年6月13日から、ROLIの国内代理店業務を開始

PreSonus、日本時間5月22日午前0時に、YouTubeで“何か”をアナウンス

モジュラー・シンセの新しいイベント『Meeting of Modular』が明日、三軒茶屋で開催…… Hatakenさんが実演/解説、初心者の質問に回答

メディア・インテグレーション、Waves Horizonを約94%OFF、過去最安値の32,800円で販売するプロモを開始

SUPERBOOTH19: Behringer、薄型・コンパクト・199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」をお披露目

SUPERBOOTH19: 1960年代に製造されたBuchla初の本格モジュラー、100 SeriesをEurorackで復刻した「Red Panel」

IK Multimedia、Moog Taurusを元に開発されたソフト・シンセ、「Syntronik Bully」(49.99ユーロ相当)の無償配布を開始

SUPERBOOTH19: Novation、Peakを2台分搭載した新しいフラッグシップ・シンセサイザー、「Summit」を発表

SUPERBOOTH19: モーターを高速回転させて音を生成する“電気機械方式”のシンセ、Gamechanger Audio「Motor Synth」が登場

SUPERBOOTH19: コルグ、手のひらサイズのDSPシンセ「Nu:Tekt NTS-1」をお披露目…… 自作オシレーターのロードに対応

SUPERBOOTH19: SH-101を超薄型筐体で再現、バッテリー駆動にも対応した新型シンセサイザー「SB-1/Space Bee」

SUPERBOOTH19: コルグ開発チームが語る、『Nutube』を搭載した“真空管シンセサイザー”、「volca nubass」のすべて

ICON