Feature Image

NEWS

SUPERBOOTH 2018: 噂の「Behringer SYSTEM 100」シリーズの情報がModularGridにアップされる

先日、Eurorackモジュラー市場への本格参入を検討していることが話題になったBehringer。まだ計画の段階かと思われましたが、本日、ModularGridに同社の新モジュールとおぼしき情報がアップされました。いずれもレンダー画像ではない実機の写真のように見えます。

Behringer - SYSTEM 100

Image via ModularGrid

本日、ModularGridに情報がアップされたモジュールは、以下の13種類です。

同社のCEO、ウリ・ベリンガー(Uli Behringer)がGearslutzにアップしていたレンダー画像のとおり、名機 SYSTEM-100をモチーフにしたモジュール群のもよう。横幅はすべて16HPで、販売価格は100ドル。これが本当なら、かなり戦略的な価格設定と言っていいでしょう。

ただ、現時点ではBehringerからは何の発表もなく、すべてがフェイクである可能性も考えられます。ModularGridに情報をアップしたのはBiopharmerというユーザーで、Behringerの公式アカウントではありません。しかし気になるのはこのBiopharmer、プロフィールを見てみると、Model Dの情報を最初にアップしたユーザーなのです。もしかしたら、Behringerの関係者なのかもしれません。

いずれにしても要注目と言えそうなBehringerの100ドルEurorackモジュラー。Behringerも出展する世界最大のシンセサイザー・イベント、『SUPERBOOTH 2018』は3日からドイツ・ベルリンで開催されます。

NAMM 2019: Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

NAMM 2019: Teenage Engineering、低価格/組み立て式のモジュラー・シンセ、「Pocket Operator Modular」を発表

コルグ、MIDIコン/シンセの購入者に、iZotope Ozone Elementsを無償進呈 〜 volca modularやminilogue xdも対象

NAMM 2019: Dubreq、完全なアナログ・シンセとして進化を遂げた“究極のStylophone”、「Stylophone Gen R-8」を発表

NAMM 2019: コルグ、Gadget PluginsがWindowsにも対応、さらに進化を遂げた「KORG Gadget 2」を発表

NAMM 2019: Akai Pro、PC無しで制作/ライブが行える、“スタンドアローンAbleton”的マシン「Force」を発表

NAMM 2019: コルグ、鮮やかなネオン・カラーの特別版KROSS、「KROSS Special Edition」を発表

NAMM 2019: IK Multimedia、ギター・レコーディングに最適化された革新的なオーディオIF、「AXE I/O」を発表

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、モジュラーの魅力が凝縮された新型volca、「volca modular」のすべて

NAMM 2019: コルグ、2種類の新型volca、「volca modular」と「volca drum」を発表

NAMM 2019: コルグ、アナログ音源にデジタル音源を融合した新世代ハイブリッド・シンセ、「minilogue xd」を発表

IK Multimedia、タブレットをマイク・スタンドや三脚にマウントするためのホルダーの最新モデル、「iKlip 3」を発表

ローランド、Amazon Alexaに対応した“声で操作できる”電子キーボード、「GO:PIANO with Alexa Built-in」を発表

ICON