Feature Image

NEWS

Behringer、モジュラー・シンセ市場に本格参入? 49〜99ドルの安価なEurorackモジュールの開発/販売を検討しているもよう

最近はシンセサイザーの開発に熱心なBehringer。ポリフォニック・シンセ Deepmind 12を皮切りに、その派生モデルのDeepmind 6Deepmind 12D、MinimoogクローンのModel Dと続々と製品をリリースし、さらにはNeutronと名付けられたセミ・モジュラー・シンセも準備中と伝えられています。

Behringer - Eurorack Modular

Behringer Model D

そんなBehringerですが、今度はEurorackモジュラー市場にも本格参入してくるかもしれません。同社の総帥であるウリ・ベリンガー(Uli Behringer)は昨日、楽器/機材系掲示板 Gearslutzに『Behringer Eurorack Modular』というスレッドを立て、参加者にEurorackモジュラーについての意見を求めました。

Behringer - Eurorack Modular

スレッドによれば、BehringerにはEurorackモジュールやEurorackケースの開発を求める声が多く寄せられているとのこと。このリクエストを受け、BehringerはEurorackモジュールの開発を前向きに検討しているようで、ウリ・ベリンガーは以下のように記しています。

我々のゴールは、幅広いレンジのモジュールを(これまでどおり)かなり手頃な価格(目標価格は、49〜99ドル)で製造することで、Eurorackモジュラー市場を切り拓き、可能な限り多くの人たちがシンセサイザーで音楽制作できるようにすることです。

興味深いのは、書き込みとともにアップされた4点の画像。モックではなくレンダー・イメージのようですが、いずれもSYSTEM-100Mを元にしたモジュールのようで、これらが実際に49〜99ドルで発売されたらかなりインパクトがありそうです。そして最後に、『Eurorackモジュラーに興味はありますか?』『我々にどんなモジュールを作ってほしいですか?』『我々に復刻してほしいヴィンテージ・モジュラーはありますか?』『どんなアクセサリーが必要ですか?』と、4つの質問を投げかけています。

Behringer - Eurorack Modular

Image via Graslutz

書き込みの内容から、Eurorackモジュラー市場への本格参入にかなり前向きな印象を受けるBehringer。今や同社製品のクオリティはかなり高く、昔のような“安かろう、悪かろう”というイメージはありません。また同社の総帥:ウリ・ベリンガーは、かなりのシンセサイザー・マニアでもあります。そんな同社がどのようなモジュールを引っさげてEurorackモジュラー市場に参入してくるのか、今後の動向にぜひ注目したいところです。

Steinberg、新世代ポストプロダクションDAW、「Nuendo 10」のティーザー動画を公開

エムアイセブン、Studio Oneを30%OFFで販売する6日間限定プロモを開始…… バージョン・アップ/アップグレードも対象

ドラム・サンプラーの名機 SP-1200が復活? Isla Instruments、「SP-2400」を開発していることをアナウンス

Spektro AudioのM4Lデバイスをハード化した“フレーズ製造マシン”、「ACDGEN – Hardware Edition」が登場

開発が進むRaspberry Piベースのマイクロ・シンセサイザー「OTTO」、その最新情報と新デザインの写真が公開

3月8日、Pro Tools | MTRX、Dante、イマーシブ・オーディオをフィーチャーした特別セミナーが開催 〜 入場無料(先着50名)

コルグ、「KORG Gadget 2」を販売開始 〜 ガジェット・プラグインがWindowsにも対応、最大50%OFFセールも

Teenage Engineering、OP-ZとMIDI機器/モジュラー・シンセの接続を実現する拡張ユニット、「oplab module」を発表

Red Moduleが制作、ローランド TR-606をアナログMTRで収録したサンプルパックが無償配布開始

Mellotron風のローファイなストリングス/フルート音源、Flintpope 「TAPESTRINGFLUTE」の無償配布が開始

Multiton Bits、新作サンプルパック、「Welcome Pack 2019」の無償配布を開始 〜 ヤマハ RY30やカワイ R-50eのサンプルも収録

NAMM 2019: コルグ開発チームが語る、ディープな“DSPリズム・マシン”、「volca drum」のすべて

Native Instruments、15種類のソフト音源/プラグインや、2,000種類以上のサウンドが含まれるバンドル、「KOMPLETE START」の無償配布を開始

Memorymoogを再現したIK Multimediaのソフト音源、「Memory-V」(49.99ユーロ相当)が期間限定で無償配布中

IK Multimedia、新世代マルチ音源「SampleTank 4」の販売を開始…… 新開発のエンジンを搭載、UIはリサイズ対応に

IK Multimedia、人気のSyntronikを約75%OFFの8,310円で販売するプロモを開始…… 3月4日まで

『The NAMM Show』で注目を集めた、MOTU DP10(アップグレード/ダウンロード版)の国内販売が開始

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

ICON