Feature Image

NEWS

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

来週25日10時(日本時間:26日3時)に開幕する、世界最大規模の楽器の展示会『The NAMM Show』。今年は会場が大幅に拡張され、業務用音響機器の展示会、『AES』も同時に開催される予定になっています。おそらくは出展者数/来場者数ともに、これまでで一番の『The NAMM Show』になることでしょう(今年もICONは、WebFacebookTwitterでレポートします!)。

そしてコルグは本日、『The NAMM Show』開幕に先行して、複数の新製品を発表しました。その中でも目玉となるのが、新型シンセサイザー「prologue(プロローグ)」。“究極のマルチ・ボイス、マルチ・エンジン”を謳う、新しいフラッグシップ・アナログ・シンセサイザーです。

KORG - prologue

16ボイス/61鍵仕様の「prologue-16」と、8ボイス/49鍵仕様の「prologue-8」の2モデルがラインナップされる「prologue」は、コルグ渾身の新世代アナログ・シンセサイザー。その名称から、miniloguemonologueの“発音数・鍵盤数を増やしたバージョン”を想像してしまいますが、内部の設計はかなり異なっているようで、サウンド的には“まったく異質のシンセサイザー”と捉えた方がよさそうです。

KORG - prologue

prologue-16

音源部は、2VCO+『マルチ・エンジン』(後述)、1VCF、2EG、1VCA、1LFOという構成で、オシレーターの倍音を変化させられるウェーブ・シェイパーやシンク/リング・スイッチといった機能は、miniloguemonologueから継承されているもよう。フィルターは、2ポールのローパス・タイプで、回路はかなりブラッシュ・アップされているとのことです。

minilogue/monologueと大きな違いと言えるのが、第3のオシレーターとして搭載された『マルチ・エンジン』。『マルチ・エンジン』は、1)4タイプのノイズ・ジェネレーター、2)FM合成のVPM(Variable Phase Modulation)オシレーター、3)ユーザー・オシレーターという3種類の音源を切り替えることができるデジタル・オシレーターで、このオシレーターと2基のアナログ・オシレーターの組み合わせによって、アナログ・シンセの枠を超えた音作りが可能になっています。

KORG - prologue

prologue-8

注目は、『マルチ・エンジン』で選択できるユーザー・オシレーター。“ユーザー・オシレーターって何?”と思った人も多いと思いますが、なんとこの「prologue」、SDK(開発ツール)が無償で公開(!)される予定で、ユーザーが作成したオシレーター・プログラムをロードすることが可能になっているのです。もちろん、オシレーター・プログラムを作成するにはプログラムの知識が必要になりますが、腕に覚えのある方であれば、かなり魅力的な仕様なのではないでしょうか。単純な波形ではなく、音を生成する“プログラム”をロードできるというのがポイントです。また、デジタル・エフェクトに関しても、ユーザー・エフェクト・スロットが用意されており、オリジナルのエフェクト・プログラムをロードすることが可能。無限の可能性を秘めた“オープン環境のシンセサイザー”、それが「prologue」なのです。

KORG - prologue

prologue」の主な特徴は、以下のとおりです。

prologue」は来週開幕の『The NAMM Show』でお披露目され、2018年2月中旬に販売が開始されるとのこと。価格はオープン・プライスで、市場予想価格は「prologue-16」が220,000円(税別)、「prologue-8」が170,000円(税別)となっています。ICONでは近日、「prologue」の開発者インタビューを掲載する予定ですので、ぜひご期待ください!

KORG - prologue

Teenage Engineering、ポータブル・シンセサイザー OP-1の販売を再開

エムアイセブン、創立15周年を記念した特別セールを開始…… Studio Oneが半額、最大77%OFFのアウトレット・セールも

Avid、トップ・エンジニア Gregory Germain氏を講師に迎えたミックス・セミナーを2月22日に開催…… 受講料無料

NAMM 2019: Behringer、歴史的名機の長所を組み合わせた199ドルのセミ・モジュラー・シンセ、「Crave」を発表

NAMM 2019: Moog、サイケでキュートなデザインの新型シンセサイザー、「Sirin」を2,500台限定で販売開始

NAMM 2019: Arturia、タッチ・キーボードを搭載した“実験的”ハイブリッド・シンセ、「MicroFreak」を発表

NAMM 2019: Steinberg、Thunderboltを採用した32bit/384kHz対応のプレミアム・オーディオIF、「AXR4T」を発表

NAMM 2019: PreSonus、USB-C端子を採用したブラック筐体の新型オーディオIF、「Studio USB-C」シリーズを発表

NAMM 2019: IK Multimedia、iLoud MMの上位機種となるフラッグシップ・スピーカー、「iLoud MTM」を発表

メディア・インテグレーション、Wavesのプラグイン・バンドルを最大93%OFFで販売するプロモーションを開始

NAMM 2019: Antares、99ドルの低価格なAuto-Tune、「Auto-Tune Access」を発売

NAMM 2019: Elektron、小型/軽量の6トラック・グルーヴ・サンプラー、「Model:Samples」を発表

Rock oN ショーレポート NAMM2019、現地時間1月24日より、怒涛のショーレポート開催!

NAMM 2019: Elektron、新型マシンを準備中? 新製品のティーザーらしき動画を公開

NAMM 2019: IK Multimedia、オーディオIF機能も搭載した超小型ギター・アンプ、「iRig Micro Amp」を発表

NAMM 2019: コルグ、monologueやノートPCなどを収納できる多目的2ウェイ・バッグ、「MP-MONOLOGUE」を発表

NAMM 2019: Eventide、デジタル・ディレイにアナログ・フィルターを融合した新型ストンプ、「Rose」を発表

NAMM 2019: 光学式ディスクをMIDIで音階演奏できる、“現代版Optigan”「Panoptigon」が販売開始

ICON