NEWS

日本にいながら海外の歌い手を探すことができる! ボーカリストとトラックメイカーのマッチング・サイト「Vocalizr」がローンチ!

ボーカリストとプロデューサー(トラックメイカー)のマッチング・サイト、「Vocalizr(ボーカライザー)」がローンチ。プロデューサーは、自分の楽曲に歌をのせてくれる海外のボーカリストを、日本にいながら探すことができます。

Vocalizr

Vocalizr」は、無料でユーザー登録することが可能。ユーザー登録はトップ・ページの“Sign up”ボタンから行い、最初にメール・アドレスを認証。メール・アドレスの認証が済んだら、ユーザー・ネーム、パスワード、居住国、性別、自分のポジション(プロデューサーかボーカリスト)を設定します。

Vocalizr

プロフィールに関しては、プロフィール画像や音楽ジャンル、スタジオを利用できる環境にあるかどうか(I HAVE STUDIO ACCESS)など、後でより細かく設定することができます。

Vocalizr

ログイン後は、一番上の“Vocalists”タブでボーカリスト登録のメンバー、“Producers”でプロデューサー登録のメンバーのプロフィールを見ることができ、またデモ音源がアップされている場合は試聴することができます。

Vocalizr

Vocalizr」は、ボーカリストとプロデューサーのマッチング・サイトですが、お気に入りのメンバーを見つけたからと言って、直接コンタクトを取ることはできません。ボーカリスト/プロデューサーに依頼する場合は、「Vocalizr」内で“Gig”あるいは“Contest”と呼ばれるプロジェクトを作成する必要があります。

“Gig”と“Contest”は、「ボーカリスト/プロデューサーを募るためのプロジェクト」とでも言えば分かりやすいでしょうか。例えばプロデューサーなら、歌をのせたい楽曲(あるいはサンプル音源)をアップし、「Deep Houseのトラックで英語で歌える女性ボーカリストを探しています」という“Gig”あるいは“Contest”を作成します。

“Gig”と“Contest”の違いは、“Gig”は「100〜300ドルの予算で歌ってくれるボーカリストを探しています」というメンバー募集のようなプロジェクト。一方の“Contest”は、ある程度完成した楽曲をダウンロードできるようにして、応募者に歌/トラックを付けてもらい、その中から最も気に入った人を採用できるオーディションのようなプロジェクトです。既に楽曲が完成していて、あとは歌/トラックを付けるだけという場合は“Contest”、とりあえず良いボーカリスト/プロデューサーと出会いたいという場合は“Gig”という選択肢になるでしょう。“Gig”は100〜300ドルといった感じで、おおよその予算を提示すればOKですが、“Contest”は明確なギャラ(例えば1,000ドルなど)を提示する必要があります。

他のメンバーが作成した“Gig”あるいは“Contest”を見るには、一番上の“Gig Hunter / Contests”タブをクリック。ここでは現在募集中の“Gig”あるいは“Contest”がリスト表示され、“Contest”プロジェクトの左下にはオレンジ色のマークが付いています。作成者は報酬の他にロイヤリティーを設定することもでき、“M”マークは楽曲を販売した際のロイヤリティー、“P”マークは楽曲が演奏された際のロイヤリティーを表します。ロイヤリティーの設定は必須ではありませんが、ある程度のパーセンテージで設定しておいた方が、クオリティの高いボーカリスト/プロデューサーからの応募が見込めるのではないでしょうか。

Vocalizr

無料でユーザー登録できる「Vocalizr」ですが、“Gig”あるいは“Contest”で出会ったメンバーと金銭の授受が発生する場合は、手数料がかかります。“Gig”の手数料は、1回の金銭授受ごとに3.6%+0.3ドルとなっており、さらに募集をかけた人は3%のプロジェクト・フィー、雇われる側は10%のプロジェクト・フィーがかかります。一方、“Contest”の手数料は“Gig”とほとんど同一ですが、募集をかけた人のプロジェクト・フィーはかかりません。

なかなか良さそうなマッチング・サービスである「Vocalizr」。海外のボーカリスト/トラックメイカーを探していた人は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。