Feature Image

NEWS

NAMM 2017: Behringer初のシンセサイザー、「DeepMind 12」が遂に販売開始! 12ボイス仕様の新世代アナログ・シンセサイザー

昨年アナウンスされたBehringer初のシンセサイザー、「DeepMind 12」。世界中のシンセ・マニアから注目を集めていますが、ヨーロッパでは昨年末、遂に販売が開始されました。ヨーロッパ最大の楽器店、Thomannの販売価格は1,198ユーロ(現在の為替レートで、約147,000円)で、予想されていた価格よりも最終的に2〜3割高い値付けになったもよう。しかしThomannをはじめ、販売を開始した楽器店ではほぼソールド・アウトとなっており、その人気の高さが伺えます。Thomannの次回入荷は2月24日のようで、アメリカのSweetwaterでは1月下旬に販売が開始されるとのこと。Behringerの総帥、ユーリ・ベリンガー(Uli Behringer)のGearslutzへの投稿によると、Sweetwaterの初回販売台数は500台とのことで、欧米での盛り上がりを見る限り、こちらも即ソールド・アウトになりそうな気配です。

Behringer - DeepMind 12

DeepMind 12」は、以前からシンセサイザーの開発に興味を持っていたというユーリ・ベリンガーが、自ら開発指揮を執って完成させた12音ポリフォニック仕様のアナログ・シンセサイザー。ドイツのWebメディア、Amazona.deに掲載されたユーリ・ベリンガーのインタビューによると、約7年前の2010年にはローランド JUNO-106のクローンを作れないか研究開発を行っていたとのこと。このシンセサイザーは8ボイス仕様で、「Phat 108」という名前まで付けられていたようですが、間もなくその研究開発は頓挫。それからしばらくシンセサイザーの開発は中断していたようですが、市場にアナログ・シンセサイザー・ブームが到来し、加えて同時期に親会社のMusic GroupMidas(イギリスの大手ライブ・コンソール・メーカー)を買収したことから、ユーリ・ベリンガーのシンセサイザー開発への情熱が再燃したとのこと。そして長い研究開発期間の末に完成したのが、今回リリースされた「DeepMind 12」というわけです。数年前にも、“BehringerがARP Odysseyのクローンを開発している”との噂が流れましたが、スタート・ポイントはARP Odysseyではなくローランド JUNO-106だったようです。

Behringer - DeepMind 12
Behringer - DeepMind 12

日本でBehringerというと、“他社製品を模倣した安価な製品のメーカー”というあまり良くないイメージを持っている人も少なくないと思いますが、Music Groupという持ち株会社を設立し、Midas/Klark TeknikTC Electronicといった歴史と技術力のある会社を買収してからは、オリジナリティー溢れる魅力的な製品を数多く市場に送り出しています。例えばデジタル・ミキサーのX32は世界中で大ヒットを記録しており、そのラック・バージョンであるX32 Rackは、一定のニーズがありながらあまり選択肢が無かった“ラックマウントできるデジタル・ミキサー”を高いコスト・パフォーマンスで具現化した製品として高く評価されています。欧米(特にヨーロッパ)で「DeepMind 12」への期待値が高いのも、ここ数年のBehringer(とその製品)を高く評価している人が多いからこそでしょう。また、総帥ユーリ・ベリンガー自ら頻繁にGearslutzに投稿し、要望に耳を傾けるなど、世界中のシンセ・マニアとコミュニケーションを図ったのも良かったのかもしれません。Behringerにあまり良いイメージがない人も、シンセ好きの方であれば大注目の新製品と言えそうです。

Behringerいわく「DeepMind 12」は、“想像力溢れるキーボード・プレーヤー、アーティスト、サウンド・デザイナー、エンジニア、プロデューサーのために開発したシンセサイザー”とのこと。12音ポリフォニック仕様のアナログ・シンセサイザーですが、決して過去の名機のリバイバル/クローンではなく、TC Electronic/Klark Teknikが開発したワールドクラスのエフェクトを搭載し、iPadからのリモート・コントロールにも対応するなど、先進的な機能が数多く盛り込まれた“現代のアナログ・シンセサイザー”に仕上げられています。

Behringer - DeepMind 12

iPad用のリモート・コントロール・アプリ

DeepMind 12」の特徴は以下のとおりです。

DeepMind 12」の日本での販売については未定。なお、デスクトップ・バージョンも用意されています。

Behringer - DeepMind 12

NAMM 2017: 大注目のTeenage Engineering OP-Z、詳細レポート…… 音だけでなく映像までも生成できる未来型クリエイティブ・ツール

NAMM 2017: Image-Line、FL Studio for Macを大々的にデモンストレーション! 正式リリースは近い?

Avid、来たる2月17日に、Goh Hotoda氏をゲストに迎えた『Pro Toolsミュージック・クリエーション・セミナー in 沖縄』を開催!

NAMM 2017: IK Multimedia、USBキーボードとオーディオIFを統合した新製品、「iRig Keys I/O」をお披露目! タッチ・センシティブ仕様のコントローラーを搭載

NAMM 2017: コルグ、注目の「KORG Gadget for Mac」の詳細を明らかに…… 標準で30種類以上のガジェットを搭載、それらはすべてプラグインとして使用可能!

NAMM 2017: Percussa、未来型デジタル・シンセサイザー「SYNTHOR SYSTEM 8」を初披露! 大きな可能性を秘めた“シンセシス・コンピューター”

NAMM 2017: DAWソフトTracktionが「Waveform」と名を変え大幅に進化! なんとシングルボード・コンピュータのRaspberry Piにも対応!

NAMM 2017: その日の気分や演奏内容によって、ボディやピックアップを簡単に交換できる“モジュラー・ギター”、「Somnium Guitars」が登場!

NAMM 2017: Universal Audio、大ヒット・オーディオIFの次世代モデル「Apollo Twin MKII」を発表! 音質がさらに向上、Quadモデルもラインナップ

NAMM 2017: IK Multimedia、超小型オーディオIF「iRig Pro I/O」を発表! シンプルかつ高音質設計、約6万円分のプラグイン/アプリが付属

今年のNAMM Showを振り返るトーク・イベントが1月27日に渋谷のRock oNで開催! コルグの坂巻氏をゲストに迎え、今年のトレンドや新製品を語りつくします!

NAMM 2017: Eventide、革命的なプラグイン・テクノロジー「Structural Effects」をNAMM Showでお披露目

コルグ KID、Moog Music MOTHER-32の専用キャリング・ケース、「MOTHER-32 GIG BAG」を発売

NAMM 2017: RME、新型オーディオIF「Fireface UFX II」を発表! 人気のプレミアム・オーディオIFに後継機が登場

NAMM 2017: コルグ、MS-20 miniのホワイト・カラー・モデルを発表! 完全数量限定で、今月下旬発売予定

NAMM 2017: コルグ、「KORG Gadget for Mac」を発表! アイディアを素早く形にできる“コルグ製DAW”、満を持してデビュー!

NAMM 2017: Antelope Audio、新型オーディオIF「Orion32 HD」を発表! USB 3とMADIに対応、Pro Tools|HDXともダイレクトに接続可能

連載『アイドルソングの作り方 〜 HOW TO MAKE “IDOLSONG”』by CHEEBOW 〜 第4回:アイドルソングを作る(作曲編)

ICON