Feature Image

NEWS

NAMM 2017: Behringer初のシンセサイザー、「DeepMind 12」が遂に販売開始! 12ボイス仕様の新世代アナログ・シンセサイザー

昨年アナウンスされたBehringer初のシンセサイザー、「DeepMind 12」。世界中のシンセ・マニアから注目を集めていますが、ヨーロッパでは昨年末、遂に販売が開始されました。ヨーロッパ最大の楽器店、Thomannの販売価格は1,198ユーロ(現在の為替レートで、約147,000円)で、予想されていた価格よりも最終的に2〜3割高い値付けになったもよう。しかしThomannをはじめ、販売を開始した楽器店ではほぼソールド・アウトとなっており、その人気の高さが伺えます。Thomannの次回入荷は2月24日のようで、アメリカのSweetwaterでは1月下旬に販売が開始されるとのこと。Behringerの総帥、ユーリ・ベリンガー(Uli Behringer)のGearslutzへの投稿によると、Sweetwaterの初回販売台数は500台とのことで、欧米での盛り上がりを見る限り、こちらも即ソールド・アウトになりそうな気配です。

Behringer - DeepMind 12

DeepMind 12」は、以前からシンセサイザーの開発に興味を持っていたというユーリ・ベリンガーが、自ら開発指揮を執って完成させた12音ポリフォニック仕様のアナログ・シンセサイザー。ドイツのWebメディア、Amazona.deに掲載されたユーリ・ベリンガーのインタビューによると、約7年前の2010年にはローランド JUNO-106のクローンを作れないか研究開発を行っていたとのこと。このシンセサイザーは8ボイス仕様で、「Phat 108」という名前まで付けられていたようですが、間もなくその研究開発は頓挫。それからしばらくシンセサイザーの開発は中断していたようですが、市場にアナログ・シンセサイザー・ブームが到来し、加えて同時期に親会社のMusic GroupMidas(イギリスの大手ライブ・コンソール・メーカー)を買収したことから、ユーリ・ベリンガーのシンセサイザー開発への情熱が再燃したとのこと。そして長い研究開発期間の末に完成したのが、今回リリースされた「DeepMind 12」というわけです。数年前にも、“BehringerがARP Odysseyのクローンを開発している”との噂が流れましたが、スタート・ポイントはARP Odysseyではなくローランド JUNO-106だったようです。

Behringer - DeepMind 12
Behringer - DeepMind 12

日本でBehringerというと、“他社製品を模倣した安価な製品のメーカー”というあまり良くないイメージを持っている人も少なくないと思いますが、Music Groupという持ち株会社を設立し、Midas/Klark TeknikTC Electronicといった歴史と技術力のある会社を買収してからは、オリジナリティー溢れる魅力的な製品を数多く市場に送り出しています。例えばデジタル・ミキサーのX32は世界中で大ヒットを記録しており、そのラック・バージョンであるX32 Rackは、一定のニーズがありながらあまり選択肢が無かった“ラックマウントできるデジタル・ミキサー”を高いコスト・パフォーマンスで具現化した製品として高く評価されています。欧米(特にヨーロッパ)で「DeepMind 12」への期待値が高いのも、ここ数年のBehringer(とその製品)を高く評価している人が多いからこそでしょう。また、総帥ユーリ・ベリンガー自ら頻繁にGearslutzに投稿し、要望に耳を傾けるなど、世界中のシンセ・マニアとコミュニケーションを図ったのも良かったのかもしれません。Behringerにあまり良いイメージがない人も、シンセ好きの方であれば大注目の新製品と言えそうです。

Behringerいわく「DeepMind 12」は、“想像力溢れるキーボード・プレーヤー、アーティスト、サウンド・デザイナー、エンジニア、プロデューサーのために開発したシンセサイザー”とのこと。12音ポリフォニック仕様のアナログ・シンセサイザーですが、決して過去の名機のリバイバル/クローンではなく、TC Electronic/Klark Teknikが開発したワールドクラスのエフェクトを搭載し、iPadからのリモート・コントロールにも対応するなど、先進的な機能が数多く盛り込まれた“現代のアナログ・シンセサイザー”に仕上げられています。

Behringer - DeepMind 12

iPad用のリモート・コントロール・アプリ

DeepMind 12」の特徴は以下のとおりです。

DeepMind 12」の日本での販売については未定。なお、デスクトップ・バージョンも用意されています。

Behringer - DeepMind 12

NAMM 2018: パソコン不要のReaktor!? ストンプ型の未来型モジュラー・シンセ、Empress Effects Zoiaがデビュー!

NAMM 2018: グッド・デザインのDSPストンプ「kryo」 〜 高性能DSP SHARCを搭載、スマホで自由にプログラム

NAMM 2018: ディストーションの名機、RATを内蔵した“歪むシールド”、ProCo「RAT Tail」がデビュー!

NAMM 2018: おもちゃのような外観ながら、中身は本格的! 子ども用シンセサイザー「BLIPBLOX」が登場

NAMM 2018: Avid、Pro Toolsの新バージョン「Pro Tools 2018」を発表! 『さかのぼりレコード』や『トラック・プリセット』など、多くの新機能を搭載

NAMM 2018: IK Multimedia、究極のレスリー・スピーカー・シミュレーター、Leslieシリーズを発表! ハモンドUSA/鈴木楽器製作所と共同開発

NAMM 2018: フランスのスタートアップ企業、Enhanciaが指輪型のワイヤレス・コントローラーをお披露目

NAMM 2018: Antares、新世代Auto-Tune「Auto-Tune Pro」を発表! 楽曲のキーの自動判定機能を搭載、昔のAuto-Tuneのサウンドも再現

NAMM 2018: Arturia、同社初のEurorack製品「RackBrute」を発表! MiniBrute 2とも連結できる変幻自在のモジュラー・ケース

NAMM 2018: コルグ、「ARP ODYSSEY FSQ」を限定販売…… フル鍵のODYSSEYにARPカラーのスペシャルSQ-1をバンドル

Apple Music Lab『ファレル・ウィリアムスに学ぶ創造力の源泉』〜 ファレル・ウィリアムス × ローランド・ラム(ROLI)トーク・ライブ・レポート

NAMM 2018: コルグ、volca用ミキサー「volca mix」を発表! 3台のvolcaの出力をミックス、電源/シンク・マスターとしても機能

NAMM 2018: コルグ、新世代フラッグシップ・シンセ「prologue」を発表! ユーザーが作成したオシレーター/エフェクトをロードできる“オープン環境のシンセ”

製品開発ストーリー #36:Universal Audio Arrow 〜 他に先駆けてThunderbolt 3に対応、低価格ながらUAD機能も備えた新世代オーディオIF 〜

テレキャスを愛し、GarageBandで作曲するギター女子:のん セカンド・シングル・リリース記念! スペシャル・インタビュー

NAMM 2018: Universal Audio、新型オーディオIF「Arrow」を発表! TB3対応、UAD機能を備えたコスパ抜群のキラーIF

作曲家:瀬川英史氏の劇伴作曲セミナーが、来月12日に開催! 入場無料、瀬川氏自らPro Toolsの使いこなしテクニックを披露

コルグ、ソフト音源の新バンドル「KORG Collection」の販売を開始! 新たにARP ODYSSEYを追加、AAXも対応予定

ICON