Feature Image

NEWS

NAMM 2017: Behringer初のシンセサイザー、「DeepMind 12」が遂に販売開始! 12ボイス仕様の新世代アナログ・シンセサイザー

昨年アナウンスされたBehringer初のシンセサイザー、「DeepMind 12」。世界中のシンセ・マニアから注目を集めていますが、ヨーロッパでは昨年末、遂に販売が開始されました。ヨーロッパ最大の楽器店、Thomannの販売価格は1,198ユーロ(現在の為替レートで、約147,000円)で、予想されていた価格よりも最終的に2〜3割高い値付けになったもよう。しかしThomannをはじめ、販売を開始した楽器店ではほぼソールド・アウトとなっており、その人気の高さが伺えます。Thomannの次回入荷は2月24日のようで、アメリカのSweetwaterでは1月下旬に販売が開始されるとのこと。Behringerの総帥、ユーリ・ベリンガー(Uli Behringer)のGearslutzへの投稿によると、Sweetwaterの初回販売台数は500台とのことで、欧米での盛り上がりを見る限り、こちらも即ソールド・アウトになりそうな気配です。

Behringer - DeepMind 12

DeepMind 12」は、以前からシンセサイザーの開発に興味を持っていたというユーリ・ベリンガーが、自ら開発指揮を執って完成させた12音ポリフォニック仕様のアナログ・シンセサイザー。ドイツのWebメディア、Amazona.deに掲載されたユーリ・ベリンガーのインタビューによると、約7年前の2010年にはローランド JUNO-106のクローンを作れないか研究開発を行っていたとのこと。このシンセサイザーは8ボイス仕様で、「Phat 108」という名前まで付けられていたようですが、間もなくその研究開発は頓挫。それからしばらくシンセサイザーの開発は中断していたようですが、市場にアナログ・シンセサイザー・ブームが到来し、加えて同時期に親会社のMusic GroupMidas(イギリスの大手ライブ・コンソール・メーカー)を買収したことから、ユーリ・ベリンガーのシンセサイザー開発への情熱が再燃したとのこと。そして長い研究開発期間の末に完成したのが、今回リリースされた「DeepMind 12」というわけです。数年前にも、“BehringerがARP Odysseyのクローンを開発している”との噂が流れましたが、スタート・ポイントはARP Odysseyではなくローランド JUNO-106だったようです。

Behringer - DeepMind 12
Behringer - DeepMind 12

日本でBehringerというと、“他社製品を模倣した安価な製品のメーカー”というあまり良くないイメージを持っている人も少なくないと思いますが、Music Groupという持ち株会社を設立し、Midas/Klark TeknikTC Electronicといった歴史と技術力のある会社を買収してからは、オリジナリティー溢れる魅力的な製品を数多く市場に送り出しています。例えばデジタル・ミキサーのX32は世界中で大ヒットを記録しており、そのラック・バージョンであるX32 Rackは、一定のニーズがありながらあまり選択肢が無かった“ラックマウントできるデジタル・ミキサー”を高いコスト・パフォーマンスで具現化した製品として高く評価されています。欧米(特にヨーロッパ)で「DeepMind 12」への期待値が高いのも、ここ数年のBehringer(とその製品)を高く評価している人が多いからこそでしょう。また、総帥ユーリ・ベリンガー自ら頻繁にGearslutzに投稿し、要望に耳を傾けるなど、世界中のシンセ・マニアとコミュニケーションを図ったのも良かったのかもしれません。Behringerにあまり良いイメージがない人も、シンセ好きの方であれば大注目の新製品と言えそうです。

Behringerいわく「DeepMind 12」は、“想像力溢れるキーボード・プレーヤー、アーティスト、サウンド・デザイナー、エンジニア、プロデューサーのために開発したシンセサイザー”とのこと。12音ポリフォニック仕様のアナログ・シンセサイザーですが、決して過去の名機のリバイバル/クローンではなく、TC Electronic/Klark Teknikが開発したワールドクラスのエフェクトを搭載し、iPadからのリモート・コントロールにも対応するなど、先進的な機能が数多く盛り込まれた“現代のアナログ・シンセサイザー”に仕上げられています。

Behringer - DeepMind 12

iPad用のリモート・コントロール・アプリ

DeepMind 12」の特徴は以下のとおりです。

DeepMind 12」の日本での販売については未定。なお、デスクトップ・バージョンも用意されています。

Behringer - DeepMind 12

IK Multimedia、音場補正システムの新バージョン「ARC System 2.5」を発表! 新たにMEMSマイクを同梱、価格も30%以上値下げ

16個の“スポンジ・センサー”を搭載した3次元USB MIDIコントローラー、「CMG -Cell Music Gear-」が販売開始…… 16ステップ・シーケンサーも搭載

ヤマハ、手のひらサイズの楽器用ヘッドフォン・アンプ「SessionCake」を発表! 複数台併用すればモニター・ミキサーとしても機能、iOSデバイスとも連携

Steinberg、業務用DAWの最新版「Nuendo 8」を発表! ゲーム・オーディオ/3Dオーディオ制作機能がさらに強化、6月下旬販売開始

Arturia、17種類のソフト音源をバンドルした「V Collection 5」を50%OFFの249.99ユーロで販売中…… 7月10日まで

メディア・インテグレーション ROCK ON PRO、6月20日からFocusrite Pro製品の国内総輸入代理店業務を開始

ROLI、2オクターブの小型Seaboard、「Seaboard Block」を発表! ついに3万円台で買えるSeaboardが登場!

IK Multimedia、Lurssen Mastering Consoleを1.1にアップデート…… 新スタイル“ジャズ”と“クラシカル”が追加され、音質も向上

エムアイセブン、Softubeの新製品、「Tape」「4ms SMR」の販売を開始! 6月30日までイントロ・プライスで販売中

Studio Oneのユーザー・グループが2回目となるオフ会を開催! 第一線で活躍するプロがStudio Oneの使いこなしを解説

ハイ・リゾリューション、6月13日(火)までの1週間限定でAbleton Liveの25%OFFセールを開催中…… アップグレード版も対象

Ableton、MaxのCycling ’74を買収…… しかし今後も両社は独立した組織として存続

99sounds、人気のドラム・サンプル集を音源化したVST/AUプラグイン、その名も「Drum Machine」の無償配布を開始!

IK Multimedia、シンセサイザーの名機 38機種を再現した新音源「Syntronik」を発表! MinimoogからJUPITER-8、さらにはSY99に至るまで忠実に再現

製品開発ストーリー #34:Tracktion Waveform 〜 強力な作曲支援ツールを搭載、Raspberry Piでも動作する新世代DAW、遂に販売開始! 〜

PreSonus、Studio Oneの新バージョン「Studio One 3.5」を発表! より本格的なマスタリング作業に対応、ミキサー・セクションでのUNDOも可能に

Positive Grid、マッチング機能を備えたEQプラグイン・バンドル「Pro Series Studio EQ」(通常価格:99ドル)を無償配付中! 24時間限定

エムアイセブン、Zynaptiqの新しいプラグイン・バンドル「ソリューション・スイート」を4製品発売! 6月30日まで約20%OFFで販売中

ICON