NEWS

コルグ、Arturiaの新製品「DrumBrute」を12月下旬より国内販売開始! “Steiner-Parker”フィルターも搭載した100%アナログ音源のドラム・マシン

コルグ KID(KORG Import Division)が、Arturiaの新製品「DrumBrute」の国内販売を開始すると発表しています。

Arturia - DrumBrute

去る10月にお披露目された「DrumBrute」は、100%アナログ音源のドラム・マシン。2種類のキックやスネア、ハイハットなど、計17種類のドラム・サウンドを搭載、アナログ・ドラム・マシンとしては珍しいリバース・シンバル・サウンドも含まれています。計17種類のドラム・サウンドは独立した回路構成になっているため、すべて同時に発音させることが可能。ディケイやトーン、ピッチといったパラメーターを使って音色をエディットすることもでき、出力段にはシンセサイザーBruteシリーズでおなじみの“Steiner-Parker”フィルターも搭載されています(もちろん、バイパスさせることも可能)。

Arturia - DrumBrute
Arturia - DrumBrute

ステップ・シーケンサーは、最大64ステップのパターンを最大64種類メモリーすることが可能。パートごとにアクセントを付けることもでき、複数のパターンを繋いでソングを作ることも可能になっています。また、全体あるいはパート単位でかけられるスウィングやランダムネスといったシーケンス・エフェクト機能も装備し、ライブ・パフォーマンス時に活躍するパターン・ルーパー機能も搭載しています。

外部機器との同期は、USB MIDI、MIDI、DIN SYNC(DIN24/DIN48)、1PPS/2PPQに対応。出力はミックス・アウトの他、12系統の独立出力、ヘッドフォン出力(標準TRSフォーンとステレオ・ミニ端子)を装備しています。

DrumBrute」は、2016年12月下旬から国内販売が開始され、価格は70,000円(税別)となっています。