NEWS

コルグ、アナログ・モノ・シンセ「monologue」を発表! ステップ・シーケンサーも搭載、5色カラーが選べるデスクトップ・シンセサイザー

コルグが新製品、「monologue(モノローグ)」を発表! 2016年12月下旬より国内販売を開始するとアナウンスしています。

KORG - monologue

monologue」は、minilogueの回路を元に開発されたモノフォニック・アナログ・シンセサイザー(minologueの開発者インタビュー記事はこちら)。ベロシティ対応のスリム鍵盤は25鍵仕様で、筐体サイズは横幅350mm×奥行き276mm×高さ76mmと非常にコンパクト。シルバー、ブラック、レッド、ダーク・ブルー、ゴールドの5色展開というのも注目ポイントです。

音源回路は、2VCO、1VCF、1EG、1VCA、1LFOという構成で、minilogueを単純に1ボイス化したものではなく、「monologue」用に再設計されているとのこと。フィルターは2ポール・タイプで、オシレーターの倍音構成を変化させられるウェーブ・シェイプやシンク/リング・スイッチなど、minilogueで好評だった機能はそのまま受け継がれています。

KORG - monologue

パラメーターはフル・プログラマブルで、作成した音色は最大100種類保存することが可能。出荷時は80種類のファクトリー・プリセットが収録されており、音色作成にはなんとAphex Twinも参加(!)しているとのこと。コルグによれば、コンピューター上で音色を管理できるライブラリアン・ソフトウェアのダウンロード提供も予定しているとのことです。

monologue」の主な特徴は以下のとおりです。

● minilogueの回路を元に開発されたモノフォニック・アナログ・シンセサイザー

● フル・プログラマブル、最大100種類のプログラムをメモリー可能

● モーション・シーケンス対応の16ステップ・シーケンサー

● 独自の音律を作り出すことができるマイクロ・チューニング機能

● 波形を視覚的に確認できるオシロスコープを搭載

● アナログ・シンセサイザーながら、単3電池6本で駆動

● MIDI入出力/USB端子のほか、volcaSQ-1などと同期できるSYNC入出力端子を装備

● ベロシティ対応/スリム鍵盤の25鍵仕様キーボード

● シルバー、ブラック、レッド、ダーク・ブルー、ゴールドの5色展開

● 横幅350mm×奥行き276mm×高さ76mm/重量1.7kg

monologue」は、2016年12月下旬発売予定で、価格は34,000円(税別)となっています。詳しくはコルグのWebサイトをご覧ください。minilogueの開発者インタビュー記事もぜひどうぞ。

KORG - monologue

シルバー

KORG - monologue

ブラック

KORG - monologue

レッド

KORG - monologue

ダーク・ブルー

KORG - monologue

ゴールド