NEWS

NAMM 2016: アコギでもピッチ・ベンドができる! あらゆるギターに簡単に装着できる“デジタル・トレモロ・ユニット”、FOMOfx「Virtual Jeff」がデビュー!

by ICON / 2016.01.10 14:00

オーストラリアの新興メーカー、FOMOfx社が「Virtual Jeff」というギター用アタッチメントを発表して注目を集めています。

FOMOfx - Virtual Jeff

Virtual Jeff」は、エレクトリック/アコースティック問わず、ピックアップ付きのギターすべてに対応するデジタル・トレモロ・ユニット。一見、普通のトレモロ・ユニットのようですが、よく見ると弦は繋がっておらず、ピックアップから出力される音をピッチ・シフトすることによってトレモロ・ユニットと同等の効果を得ているのです。この方式により、ピッチ・ベンドによって生じるチューニングの変化や弦切れを回避し、また普通だったらトレモロ・ユニットなど取り付けられないアコースティック・ギターなどに装着することも可能になっています。FOMOfx社によれば、“(メカニカルな機構によってではなく)電気的にピッチ・ベンドを行う「Virtual Jeff」は、新しい奏法、新しいサウンド、新しい音楽に完璧“とのことです。

FOMOfx - Virtual Jeff

Virtual Jeff」はAとB、2種類のモードを持ち、モードAはピッチ・ダウン2半音/ピッチ・アップ半音の可変幅(ビグスビー・スタイル)、モードBはピッチ・ダウン2オクターブ/ピッチ・アップ1オクターブの可変幅(フロイド・ローズ)になっているとのこと。モードA/Bはフット・スイッチによって切り替えることも可能で、またユーザー・サイドで可変幅を最大8種類プログラムすることもできるそうです。

気になるのが取り付け方法ですが、現時点では詳細は不明。FOMOfx社によれば、あらゆるエレクトリック/アコースティック・ギターに、ネジ穴を開けたりなどの特別な改造を施すことなく、わずか30秒(!)で取り付けることが可能とのこと(電源は9Vバッテリー)。また、デジタル・ピッチ・ベンドということで、AD/DAコンバーターを通ることによるサウンドへの影響が気になるところですが、トゥルー・バイパス機能も備わっているとのことです。

かなり興味深い製品である「Virtual Jeff」。来週21日からアメリカ・アナハイムで開催される世界最大の楽器の展示会、NAMM Showでお披露目されるとのことです。

FOMOfx - Virtual Jeff